着圧タイツの効果とおすすめ人気9選!医療用・寝るとき用などタイプ別にご紹介!

着圧ソックスの効果とおすすめアイテム

脚のむくみや冷えの改善、美しい体のラインを手に入れるために着圧タイツを検討している方も多いでしょう。特に着圧タイツは寒い冬も含め一年を通して重宝できるアイテム。

そこで今回は、着圧タイツの効果や種類、医療用と市販の違いを解説し、着用するシーン別におすすめの着圧タイツをご紹介します。

スポンサーリンク

着圧タイツとは?

着圧タイツ
出典:Amazon

着圧タイツは、足首からウエストにかけて適度に着圧することにより、履くだけでレッグラインをスリムに見せ、ぽっこりお腹もおさえてヒップアップ効果も得られるタイツです。

また、ほとんどの着圧タイツは段階着圧設計で、部位ごとに段階的に圧力をかけることで血行を改善し、足のむくみの予防や疲労感の軽減といった効果も得ることができます。

タイツになるので一般的に足の指先まで生地で覆われており、ビジネスやフォーマルなシーン、通学・通勤などさまざまなシーンで使用することができます。

医療用との違いは?

着圧タイツの中でも医療用(弾性ストッキング)と呼ばれるものは、一般医療機器に分類され、下肢静脈瘤(うっ血)などの疾病の予防や治療に用いられます。

一般の着圧タイツとは違い、圧迫圧が高く設計されているので、むくみの改善や血行促進により高い効果を発揮します。

医療用の弾性ストッキングは市販で購入することもできるので、ひどいむくみに悩まされているといった方は、弾性ストッキングも検討してみると良いでしょう。

スポンサーリンク

着圧タイツの効果

着圧タイツの効果
着圧タイツは、脚全体及びウエスト、骨盤周りに着圧することでさまざまな効果を得ることができます。

脚やせ効果

着圧タイツは段階圧力設計が特徴で、足首からふくらはぎ、太ももへとそれぞれ段階的に着圧値が下がるよう設計されています。この段階圧力設計により脚全体を引き締め、脚やせ、美脚効果、きれいなレッグラインが形成されます。

着圧タイツは程よい圧迫圧で快適な履き心地なものが多く、履くだけで脚全体をすっきりスリムに見せることができます。

お腹痩せ・ヒップアップ効果

着圧タイツは、お尻、ウエストまでカバーしているので、履くだけでぽっこりしたお腹を抑えることができ、お尻も引き締めあげることでヒップアップ効果が期待できます。

独自のテーピング加工などをお尻周りに採用することで、ヒップアップをサポートし、女性らしい美しいシルエットに見せることができます。

骨盤ケア

着圧タイツは、骨盤のケアや矯正の機能も兼ね備えているタイプがあります。テーピング加工などで骨盤周りを引き締めながらサポートする設計で、骨盤を正しく整えます。

脚を組む癖や長時間同じ姿勢でいることは骨盤の歪みにつながります。骨盤は上半身と下半身を繋ぐ重要な役割を担っており、骨盤に負荷がかかることで姿勢やシルエットの悪化の原因になることも。

また、産後の歪んだ骨盤の補正にも骨盤サポート用の着圧タイツはおすすめです。

血行改善

着圧タイツによって段階的に筋肉を加圧することにより、ふくらはぎのポンプ作用をサポートし、血行を改善する効果が期待できます。

血液が重力に逆らい静脈を通って心臓方向に流れる際、ふくらはぎが筋ポンプの役割を果たし血流をサポートします。立ち仕事やデスクワークなどで長時間ふくらはぎを動かさないでいると、この筋ポンプの作用が弱まり、血流が悪化し、足のむくみやだるさにつながってしまいます。

むくみ解消

むくみとは、細胞間に余分な水分(体液)が溜まっている状態のことをいいます。ふくらはぎの筋ポンプの働きが悪くなると、静脈やリンパ液の循環が悪くなり、むくみへとつながります。

着圧タイツで血行を改善することで、むくみの解消にもつながります。着圧タイツは比較的圧力が低いものが多いので、軽度のむくみ解消におすすめです。

むくみなどの症状がひどいという方は、強圧でふくらはぎをメインにサポートできるソックスタイプの着圧ソックスもおすすめです。

冷えの改善

血流が滞り、血液が満足に届けられない状態になると冷えを感じるようになります。そのため、血流の改善は冷えの改善にもつながります。

また着圧タイツは、足のつま先までカバーできるため、特に冷え症の方にはおすすめのタイプ。さらに保温性の高い生地や厚手の生地を採用したものも多く展開されており、冬用として使いやすいのも特徴です。

ダイエットにも効果あり?

着圧タイツの中には、圧力をかけることで筋肉の活動量をUPさせ、はいて歩くだけで消費カロリーがアップ、脂肪燃焼をサポートするタイツもあります。

各メーカーとも、非着圧タイツとの比較検証において、消費カロリーの増加を独自に確認しています。筋肉の動きが活発になるということは、筋力の低下を防ぎ、基礎代謝の維持・向上にも繋がりますので、痩せやすい体質作りにも貢献します。

お風呂で履くと効果的?

「レギンス入浴ダイエット」といった言葉が流行しているように、ダイエットを目的にお風呂で着圧タイツなどを履く方も増えており、注目のダイエット法です。

お風呂ではタイツの着圧に加えてさらに水圧がかかるため、ダブルの加圧効果で足の血液やリンパの流れをさらに良くし、老廃物を排出しながら脂肪燃焼効果が期待できます。お風呂専用ではなくても通常の着圧タイツで代用することもできます。

着圧タイツのタイプによる違い

着圧タイツの種類
着圧タイツはさまざまなタイプのものが展開されており、着用するシーンによって特徴や機能が変わってきます。

日中に履くおそと用

日中に履くおそと用の着圧タイツは、圧力をかけることによって引き締め、脚全体・お腹周り・お尻をスッキリとスリムに見せることができます。

また、段階着圧設計によりむくみの改善も期待できますが、長時間、快適に着用できるよう市販の着圧タイツは比較的低めの着圧設計になっています。

冬の寒い日でも耐えられるよう温感や発熱素材を採用している温感タイツが多く展開されているのも特徴です。

自宅で履く寝るとき用

自宅で寝る時に使う着圧タイツは、むくみの改善、翌朝スッキリとした美脚になるよう寝るときに最適な着圧値で設計されています。寝るときの姿勢に合わせて骨盤ケアができるよう、就寝時専用のサポート加工が施された商品もあります。

寝るときは体を横にするため、低めの着圧設計でも十分むくみ改善などの効果が期待できます。圧迫圧が強すぎるとかえって血流が悪くなったりと悪影響を与える可能性もあるので注意が必要です。

自宅用であるため、履き心地や肌触りが良い素材、通気性に優れた素材が採用されているのが特徴。また、通気性を保つためつま先には生地がないタイプが主流です。

医療用

一般的な市販の着圧タイツよりも足首から太ももにかけての圧迫圧が高く設計されているのが医療用の着圧タイツ、弾性ストッキングともいいます。

むくみの改善や血行促進により高い効果が期待できるので、ひどい足のむくみや疲労に悩みを抱えているという方は、一般医療機器として認定されている医療用の着圧タイツを検討してみましょう。

ダイエット・スポーツ用

着圧タイツには、履いて歩くだけで消費カロリーがアップ、脂肪燃焼をサポートするタイプのタイツもあります。

足の筋肉の動きに抵抗し負荷がかかるようテーピング加工を施し、筋肉の活動量をアップさせることで、通常より消費カロリーをアップさせることができます。

スポーツ時はもちろん、運動する時間を中々作れないという方は、普段着用するだけでも日常生活にフィットネスの要素を取り入れることができますね。

着圧タイツの選び方

ここでは、失敗しない着圧タイツ選びをする上で確認しておきたいポイントを解説します。

シーン・タイプ別に選ぶ

すでに解説した通り着圧タイツは、おそと用や寝るとき用、医療用、ダイエット・スポーツ用などさまざまなタイプがあり、着用するシーンや目的に応じて使い分ける必要があります。

日中着用する方はおそと用タイプ、寝る時のケアには寝るとき用タイプ、むくみがひどい方は医療用タイプなど。着用するシーン、症状、目的に合わせて適切なタイプの着圧タイツをを選ぶことをおすすめします。

圧迫圧をチェック

目的に合わせて最適な圧迫圧のものを選ぶことが重要になります。圧迫圧が弱すぎると期待する効果が得られず、逆に強すぎると脚への負担が大きくなってしまいます。

着圧タイツは段階着圧設計で、足首から太ももにかけて段階的に弱圧になっていきますが、市販されている着圧タイツでは、足首の着圧値が15~20hPa程度が主流となります。美脚やヒップアップ、骨盤ケアに着圧タイツを検討している方は、まずは通常の着圧レベルから始めてみることをおすすめします。

むくみの程度がひどく、むくみや血流の改善に着圧タイツを検討しているという方は、医療用の弾性ストッキングなど25hPa~30hPa程度の着圧のものも視野に入れると良いでしょう。

適切なサイズで選ぶ

着圧の強さだけではなく、サイズによっても圧迫感が変わってくるため、適切なサイズのものを選ぶことも重要なポイントになってきます。

各メーカーとも、足の各部位の周囲の長さから適切なサイズを導けるようガイダンスが添付文書やパッケージに記載されていることが多いです。したがって、まずは自分の足の周囲のサイズを計測し、適切なサイズを選択できるようにしましょう。

デニール数で選ぶ

デニールとは、タイツに使われている糸の太さを表す単位です。デニールが低いほどタイツは薄手にになり、高いほど生地は厚手になり保温性や締め付け感も高くなります。

  • 30デニール未満:ストッキングに近いタイツで非常に薄く、夏場の使用などにおすすめ
  • 40~60デニール:程よい透け感が特徴で、最も美脚に見える濃さとも言われています。美脚に見せたい方におすすめ
  • 110デニール以上:透け感はなく、厚みがあるので保温性も高くなります。暖かさ重視の方におすすめ

着用するシーンや、デニール数の違いによって生まれる特徴も抑えながら最適なものを選ぶようにしましょう。

機能性で選ぶ

着圧タイツは、冬の寒い時期でも使えるよう温感や発熱素材を採用しているモデル消臭・抗菌機能のあるもの、骨盤を重点的にケアできるタイプ履くだけで消費カロリーをアップさせることができるスポーツタイプなど機能性が付加された機能性タイツが各ブランドから展開されています。

素材やテーピング加工などタイツの構造などに違いがあります。着圧タイツを着用する上で、プラスアルファ欲しい機能をもとに商品を選択するのも一つの手段です。

昼用|着圧タイツおすすめ5選

ここからは着用するシーン別におすすめの着圧タイツをご紹介します。まずは日中に履く昼用タイプでおすすめの人気商品をご紹介します。

ベルミス スリムタイツ

ベルミス
  • 特許出願中の6Dスパイラル構造で美脚
  • 履いた瞬間太もも-5.5cm
  • 30日間のサイズ交換保証付き

ベルミスはスリムタイツやスリムトップなどを多数展開している美容ブランド。

独自の6方向への編み込み技術で太ももからお尻を引き上げ、細く長く見える理想の脚へと導いてくれます。強めの着圧が好評でしっかり引き締めたい方におすすめのタイツ。部位ごとの加圧調整でむくみの解消にも効果的。寝るときにも着用可能で、履くだけで翌朝のスッキリ美脚を実現します。

通気性に優れた素材でシーズンを問わず使え、足先まで温め冷え性対策にも最適です。

圧迫圧
素材
機能6Dスパイラル構造

グンゼ×ライザップ|着圧タイツ はくだけでヒップアップ&シェイプ 60デニール



大手下着メーカーのグンゼとライザップが共同で企画開発した大人気着圧タイツです。

「はくだけでヒップアップ&シェイプ 」とあるように、ヒップに沿った補正ラインがお尻を引き上げてくれてくれるので美しく見せてくれます。

また太ももの内側もサポートすることで太もものラインもきれいにすることができます。

メディキュット|骨盤まわり&ヒップテーピング タイツ



骨盤は上半身と下半身をつなぐ部位でもあるので、きれいなシルエットを保つために重要になります。その骨盤をケアしてくれるのが、メディキュットの「 骨盤&ヒップテーピングタイツ」です。

ウエスト周りとヒップ周りを支える形に巻かれているテーピングサポートが骨盤周りとお尻周りをキュッと引き締めてくれます。

また足首から、ふくらはぎ、ふとももにかけて段階的な着圧設計で脚全体をスリムに見せてくれます。

スリムウォーク|プレケアタイツ



人気ブランド「スリムウォーク」の最高クラスの高着圧設計の着圧タイツです。

足首が23hPa、ふくらはぎが17hPa、太ももが12hPaと通常より高い段階着圧設計かつお腹周りは苦しくならないようゆったりめに設計。予防発想で朝のスッキリ感が夜まで持続します。

むくみがひどい方、重ダル感が続く方におすすめの高着圧タイプです。

アツギ(ATSUGI)|引き締め発熱タイツ



特別なナイロン糸でなめらかな肌触りと履きやすさを実現した「ATSUGI」の発熱機能付きの着圧タイツです。

着圧レベルは足首12hPa、ふくらはぎ9hPa、太もも7hPaと程よく引き締め、自然なマット感の80デニールが美脚ラインを演出。「光発熱」加工で太陽の光を吸収して素早く脚全体を暖かくします。

通学や通学、普段使いに使いやすいおすすめの着圧タイツです。

【寝るとき用】着圧タイツおすすめ2選

スリムウォーク|美脚美尻クールスパッツ



寝るとき用におすすめのピップの人気着圧タイツシリーズ「スリムウォーク」の夏用になります。

暑い夏でも着圧タイツを履いてケアをしたい方向けに、接触冷感素材を使用し、通気性も最大限高めています。タイツを履くことで皮膚の温度が最大で-4℃になったという実験結果もあります。

着圧タイツの中でも珍しい4段階着圧設計になっており、足首からふくらはぎ、太ももまでしっかりサポート。さらには足裏アーチサポートヒップサポート機能まで兼ね備えています。

メディキュット|ボディシェイプ 寝ながらスパッツ 骨盤サポート付き


寝ながら履くことで骨盤ケアができるメディキュットの寝るとき用着圧スパッツです。家用なので、通気性を保つために指先には生地はありませんが、効果を最大限上げられるように生地を指手前まで伸ばしています。

足首から太ももにかけた段階着圧設計で血流サポートをし、骨盤部分にも加圧することで寝ながら骨盤ケアも行ってくれます。

姿勢の崩れが気になる方や膝や腰などの関節に負担がかかっている方におすすめの自宅用着圧タイツです。

【医療用】着圧タイツおすすめ2選

アルケア|アンシルク2 弾性パンティーストッキング



日本のメディカルケア用品メーカーのアルケアが製造しているアンシンクシリーズは、日本人の体型に基づいて設計されている弾性ストッキングです。

一般医療機器になるので、通常の着圧タイツよりも圧迫圧が高く設計されています。他の着圧タイツではむくみや血行改善効果がみられない方におすすめ。

足首は27hpaで中程度の圧迫となっており、太ももにかけて圧迫圧が弱くなっていくことで、血行サポートをしてくれます。

スリムウォーク|メディカルリンパストッキング



スリムウォーク「メディカルリンパシリーズ」の医療用ストッキング。

一般医療機器として認定されており、脚のむくみやリンパの流れの改善、血行促進効果が期待できます。圧迫圧は、足首が最大34hPa、ふくらはぎが最大19hPa、太もも最大13hPaの高着圧設計。さらにヒップアップとお腹おさえ設計で、体のラインも美しく見せることができます。

むくみや脚の疲れがひどい方におすすめの医療タイプのタイツです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました