20mシャトルランの年齢別平均値まとめ!自分の歳の平均ってどれくらい?

20mシャトルランの年齢別平均値その他

皆さん学校や会社の体力テストで一度は20mシャトルランを測ったことがあるかと思います。自分の数値が平均と比べてどのレベルなのか、少し気になりますよね。

そこで今回は、20mシャトルランの年齢別平均値を男性・女性別にまとめてみました。

スポンサーリンク

【6歳〜64歳】の20mシャトルランの平均値

分類すると青少年とされる「6歳から19歳」から成年「20~64歳」までの平均値をみてみましょう。

このデータは、政府による2021年度の体力・運動能力調査の統計データを参考にしています。

年齢男子女子
平均値(折り返し数)平均値(折り返し数)
618.9215.75
728.4023.14
836.4529.13
944.2735.60
1052.4542.33
1161.1647.52
1270.5850.85
1386.8860.46
1494.4460.91
1582.4148.57
1688.5052.60
1790.2149.64
1875.0941.70
1978.6840.45
20-2473.0438.64
25-2964.2534.78
30-3458.9129.89
35-3952.4227.13
40-4451.7625.40
45-4945.6023.15
50-5439.1722.66
55-5934.1220.20
60-6429.4517.27

主に全身持久力を測ることができる20mシャトルランですが、幼少期から男の子の方が高い数値になっていることが分かります。また、中学生になる13歳頃に男の子の回数に伸びがあります。

20mシャトルランのピークは男性が14歳で約94回、女性も14歳で約61回。意外に早く中高生でピークを迎えるのが平均的なようです。20歳になる前にはすでに数値が落ち始め、それ以降は男性・女性ともに下降の一途をたどります。

スポンサーリンク

20mシャトルランで鍛えるメリット

シャトルラン

持久力を鍛えるトレーニング方法は、ひたすら長く走り続けるだけではありません。20mシャトルランのようなインターバル走も持久力向上には非常に効果的です。

特に全身持久力に関わる「最大酸素摂取量」を鍛えるのに効果的です。インターバル走は、ずっと一定のペースで走り続けるのではなく、ダッシュ時に心拍数を上げ、緩める時に心拍数を落ち着かせ、再びあまり間をおかずに疾走するのを繰り返します。それによって、心肺に負荷をかけ、最大酸素摂取量を向上させることができます。また、全身持久力を鍛えることで以下のようなメリットがあります。

  • 肥満予防
  • 健康の維持
  • 持久力強化によるスポーツパフォーマンスの向上

上記のようにスポーツ面だけでなく、美容・健康面でも嬉しい効果が期待できます。

まとめ

今回は、気になる20mシャトルランの平均値をまとめてみました。ご自身の数値が平均より上なのか、下なのかを知る良い機会になったのではないでしょうか。

また、20mシャトルランのようなインターバル走をトレーニングに取り入れることで期待できる効果も多くあります。ご自身のレベルを把握した上で、普段のトレーニングに取り入れてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました