エニタイムフィットネスの料金を徹底解説!入会金・年会費やプランごとの料金の違い

エニタイムフィットネス 鹿児島卸本町店エニタイムフィットネス

エニタイムフィットネスは、日本全国だけでなく全世界に店舗を展開し、そのすべてで相互利用が可能な24時間スポーツジムです。

そんなエニタイムフィットネスへ通いたいけど、
・毎月の料金はいくらぐらいなの?
・入会金や年会費などは必要?
・プランごとの料金の違いが知りたい
・オプションやレンタル料金も知りたい
と気になることも絶えませんね。

そこで今回は、エニタイムフィットネスのプラン料金形態や入会金・登録金・年会費など初期費用、レンタル料金からオプション料金まで徹底解説します。

スポンサーリンク

エニタイムフィットネスの入会金や年会費などの料金

エニタイムフィットネスは会員制のスポーツジムになるので、入会金として、セキュリティーキー発行手数料5,000円+税がかかります。しかし、入会金もキャンペーンを適用させれば安く抑えることができます。

入会金0円
登録料0円
セキュリティカード発行料5,000円+税
事務手数料0円
年会費0円
スポンサーリンク

エニタイムフィットネスの料金プラン

エニタイムフィットネスの料金プランは、基本的に月額定額で全店舗を相互利用できるプランの1種類のみになります。ただし、店舗ごとに料金プランが異なり、登録店舗の月会費を払う形になります。

※下記はいくつかの店舗の料金例になります。

店舗名料金
仙台中野店6,900円+税
赤坂店9,500円+税
巣鴨店7,600円+税
大阪福島店7,400円+税
博多千代店6,800円+税

紹介割引あり

店舗により実施状況が異なりますが、紹介割引を設けている店舗もあり、1人紹介するごとに紹介した方と紹介された方の両方ともが月会費の1ヶ月分が3,000円オフなどになります。

高校生はHIGH SCHOOL PASS(ハイスクールパス)で無料に

親権者がエニタイムフィットネス会員であり、その子どもの高校生の場合、高校在学期間中月会費がかからない「HIGH SCHOOL PASS(ハイスクールパス)」があります。

もしジムでトレーニングをしたい高校生のお子様がいる方は、HIGH SCHOOL PASSに登録することで実質半額で利用できることになります。

エニタイムフィットネスのHIGH SCHOOL PASS(ハイスクールパス)とは?
月額定額料金で、24時間365日、全世界の店舗で相互利用が可能なエニタイムフィットネス。そんなエニタフィットネスがお得に利用できる「HIGH SCHOOL PASS(ハイスクールパス)」があります。 そこで今回は、 ・HIGH SC...

エニタイムフィットネスは都度利用はできない?

エニタイムフィットネスは基本的に都度利用できませんが、無料見学は可能です。

エニタイムフィットネスのオプション料金

エニタイムフィットネスには共通したオプションメニューは設けられていません。

店舗ごとにパーソナルトレーナーの指導が受けられたり、専用ロッカーやタンニングマシンの設置があったりします。

エニタイムフィットネスの入会時にかかる初期費用

エニタイムフィットネスの初期費用は、登録料と入会月&翌月までor翌々月までの月会費となります。

月会費が翌月までか、翌々月まで必要かは、入会日により決まり、毎月1日入会の場合は翌月まで、毎月2日以降に入会する場合は翌々月までの入会日が必要になります。

また入会月の月会費は日割計算となります。

入会時に必要なもの

  • 本人確認書類(運転免許証、パスポート、保険証、個人番号カード(マイナンバーカード)など)
  • ご本人様名義口座の金融機関キャッシュカード(+お届け印)

入会資格

エニタイムフィットネスには以下のような入会資格が設けられています。

18歳以上(高校生の単独入会不可)
18歳以上の未成年は親権者の同意があればご入会可能。
親権者がエニタイムメンバーであり、15歳以上18歳以下(高校在学期間)の方については、高校生無料利用(HIGH SCHOOL PASS)が利用可能。

コメント

タイトルとURLをコピーしました