筋トレシューズのおすすめ人気13選|ジムでのウエイトトレーニングに!

おすすめのスクワットパッドアイテム

ジムで筋トレやフィットネスをする時にどんな靴を履けばいいか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?ジムでのトレーニング内容によって選ぶべきシューズは変わってきます。

そこで今回は、ジムでは筋トレやウエイトトレーニングがメインという方向けに、筋トレ用トレーニングシューズの効果や選び方、おすすめの人気商品をご紹介します!

スポンサーリンク

筋トレシューズを履く効果やメリットは?

筋トレシューズ

ジムで筋トレやウエイトトレーニングをする際に、専用のトレーニングシューズを用意すべきか気になるところですよね。まずは、筋トレ用シューズを履くことの効果やメリットについてみてみましょう。

トレーニング効率の向上

筋トレ向けのシューズは、主にソールが薄めでグリップ力の高い素材を採用しており、安定性が高く、地面を捉えやすいという特徴があります。それにより高重量のウエイトを使用する時でもしっかりと踏ん張ることができ、効率よくトレーニングをすることができます。

また、より正しいフォームで筋トレができるので、鍛えたい筋肉の部位を効果的に刺激することができます。

怪我のリスクを低減できる

筋トレ用シューズの足元の優れた安定性やグリップ力により、体の軸を安定させてトレーニングができるので、バランスを崩すことによる怪我の防止につながります。

また筋トレで体を動かす際は、足裏や関節に負荷がかかりますが、ある程度の衝撃吸収性能は備わっているので、体への負担を和らげることができます。

筋トレへのモチベーションアップ

筋力アップや筋肥大を目指す筋トレは、単発のトレーニングではなく、継続することが非常に大切です。

体へ負荷をかける筋トレにおいて、モチベーションを維持することはなかなか難しいですが、自分のお気に入りの筋トレ専用シューズを用意することによって、トレーニングへのモチベーションにつながります。モチベーションの観点からも筋トレシューズを用意することはおすすめです。

スポンサーリンク

筋トレシューズの選び方

筋トレ用のトレーニングシューズを選ぶ時は、靴底の形状や機能が重要なポイントになります。

靴底が薄く硬いか

ジムでの筋トレ、ウエイトトレーニングに適した条件としては、ソールがフラットで薄くて硬めのシューズがおすすめです。ソールがフラットであれば安定感が増し、力を均等に地面に伝えることができます。また、高負荷のウエイトトレーニングの場合、ソールにクッション性があると変形してしまい安定性を損なう可能性があります。

したがって、クッション性のあるランニングシューズなどは、ウエイトトレーニングには不向き。ただ、素足感覚で履けるベアフットシューズはソールが薄く地面を捉えやすいので、ジムトレーニングにもおすすめで、その他フットサルシューズやレスリングシューズもトレーニング向きのシューズといえます。

ソールのグリップ力

ソールのグリップ力もトレーニングをする上で重要なポイントになります。グリップ力が弱く滑ってしまうと、体の軸がブレたり、踏ん張れなかったりと正しい姿勢でトレーニングができないだけではなく、怪我のリスクも高まります。

アウトソールが滑りにくいゴム素材のものや、滑り止め加工が施されたものなどを選ぶようにしましょう。

シューズのホールド力もチェック

地面に対して垂直に力をかけるスタンスであればそれほど気になりませんが、ワイドスタンススクワットなど斜め方向に踏ん張るスタンスのトレーニングの場合、シューズのホールド力、フィット感に欠けると安定性に影響を及ぼす可能性があります。

しっかり踏ん張れずにトレーニング効果に影響する場合もあるので、フィット感を調整しやすいシューレースタイプや、ホールド力を高められる足の甲のストラップの有無など、フィット感やホールド力に関わる機能もチェックしておきたいポイントです。

筋トレシューズのおすすめ人気13選

ここからは、ジムでの筋トレやウエイトトレーニングにおすすめのシューズをご紹介!ナイキやアンダーアーマー、アシックス、アディダスといった人気ブランドからコスパに優れた安いものまで、汎用性のあるシューズやウエイトリフティングシューズ、レスリングシューズなど幅広く厳選しているので、ぜひ参考にしてみてください。

SAGUARO|ベアフット フィットネスシューズ

つま先広め設計でグリップしやすい素足感覚

コンパクトで1つの靴の重さはわずか136gと超軽量なSAGUAROのフィットネスシューズ。つま先部分は広めの設計でグリップ力に優れ、ジムでのウエイトトレーニングなどマルチに重宝できます。

優れた機能性にもかかわらず価格は安い高コスパアイテム。ベアフットシューズを試したい筋トレメインのジム利用の方におすすめ。アマゾンベストセラー獲得の人気商品です。

UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)|UAトライベースレイン 3

高い安定感とフィット感に加え、デザインもおしゃれな1足

低重心な構造かつ外部ヒールカウンターが安定性を提供し、ジムでの筋トレやウエイトトレーニングにも最適なアンダーアーマーのトレーニングシューズ。

耐久性と耐摩耗性を備えたメッシュアッパーが快適なフィット感を提供し、MicroGフォームミッドソールにより最適な反応性を実現。アウトソールは3つの接触点で安定した基盤を作り、地面を押す力を最大化してくれます。フリーウェイトでの安定感が好評で、デザインもおしゃれな1足です。

UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)|トライベース スライブ

グリップ、耐久性に優れたアウトソール。履き心地も快適

アンダーアーマー、トライベースシリーズのトレーニングシューズ。高機能なアウトソールが優れた接地能力を発揮し、リフト中の床面のグリップ力をサポートする柔軟性を実現しています。

他にも軽量のメッシュアッパーは通気性に優れ、反発力に優れたミッドスソールが適度なクッショニングを提供。低重心構造なので力を伝えやすく、パッド入りの履き口で履き心地も快適です。

MIZUNO(ミズノ)|トレーニングシューズ TF-01

足裏の感度を高める独自ソールを採用した高グリップシューズ

ミズノが展開するジムトレーニング向けのTFシリーズのトレーニング専用シューズ。ソール部分に足裏の感度を高める「MIZUNO COB」を搭載することで、バランス能力の向上を追求し、アウトソールも高いグリップ力を誇ります。

かかとにはTPUアウトカウンターを採用することで安定感を高め、伸縮度合いを調整したウーブン素材のアッパーが、柔らかさと動作時の安定性を両立しています。ジムでのトレーニングに必要な機能が備わったおすすめのシューズです。

NIKE(ナイキ)|メトコン 8

【メンズ】


【レディース】

優れた安定性と耐久性、履き心地を提供するメトコンシリーズ

ワークアウト用のトレーニングシューズとして代表的なナイキのメトコンシリーズ。メトコン8は、定評のある耐久性と快適な履き心地は保ちつつ、従来よりアッパーを軽量化することで通気性を強化。幅広のフラットなヒールが安定感をもたらし、快適な履き心地を提供するReactフォームが、高負荷の有酸素運動にも対応します。

靴紐を固定するタブ付きでほどける心配がなく、グリップの効いたラバーが足元をしっかりサポート。ジムでのトレーニングシーンに最適な汎用性の高い人気モデルです。

adidas(アディダス)|トレーニングシューズ ドロップセット トレーナー

2種類のミッドソールで安定性と快適さを両立

アディダスのジムでの筋トレ、ワークアウト向けのトレーニングシューズ。耐久性に優れ、安定感のある履き心地が特徴で、独自のミッドソールが床への密着感を伝え、正しいフォーム作りと動きをサポートします。

2種類のEVA素材を組み合わせることでかかとを安定させ、前足部には適度なクッショニングを確保。汎用性が高く、幅広いトレーニングに活用できるシューズです。

TESLA(テスラ)|ベアフットシューズ

裸足感覚に近い履き心地を提供するテスラのベアフットシューズ

安くて機能性、デザイン性を兼ね備えたテスラのベアフットシューズは、そのコスパの高さからジムトレーニング界隈でも重宝されているアイテム。

ソールが薄く素足感覚で履くことができるので、地面を捉え、足本来の感覚でトレーニングをすることが可能。コンパクトで折りたたむこともできるので収納、持ち運びにも便利なアイテムです。

MARUGO(マルゴ)|トレーニングシューズ スポーツジョグII

地下足袋技術を生かした足袋型トレーニングシューズ

老舗の地下足袋メーカー、マルゴが開発した足袋型トレーニングシューズ。地面を感じながらも衝撃を吸収するクッション構造を採用し、足裏の動きに添うゴム素材のアウトソールがバランス能力を高めます。

長時間の着用でもムレにくく、足にしっかりフィットするポリエステルニット素材のアッパーに加え、弾力性に優れたEVA素材のインソールで履き心地も快適。ミドルカットの靴紐タイプで、ジムでの筋トレにも重宝できる1足です。

asics(アシックス)|ウエイトリフティングシューズ

本格派におすすめのウエイトリフティング用シューズ

アシックスのウエイトリフティング用シューズ。かかとを高く設計することで力を入れた時に踏ん張りやすく、しゃがみやすいのでウエイトリフティングには最適。身体への負担も軽減することができます。

アッパーにはしなやかなスエードレザーを使用し、補強部分にも天然皮革を採用、アウトソールはラバー素材でグリップ力を高めています。サイドにはホワイトのストライプでアシックスらしさはそのまま。割高でも満足度は高く、高重量を扱う本格派におすすめの人気商品です。

adidas(アディダス)|パワーリフト 5

安定感のある履き心地にグリップ力を発揮するラバーソールを搭載

アディダスのオールラウンドに使えるウェイトリフティングシューズ。ミッドソールウェッジが土踏まず部分の安定性を高め、グリップ力のある薄型のラバーアウトソールが足をマットにしっかり密着させます。

メッシュインサートで軽量かつ耐久性に優れるキャンバスアッパーが快適な履き心地を保ち、シューレース部分はストラップ付きなので、中足部をしっかりホールドしてくれます。

Reebok(リーボック)|リフター PR

Reebokのウエイトリフティングに特化した「リフター」シリーズ

通気性と耐久性に優れた素材を採用しており、特徴であるPowerbax TPUプレートとデュアルラバーアウトソールで高い安定性と快適な履き心地を提供します。

さらにミドル部分に装着されたフック&ループで足にしっかり固定しつつ、フィット感を調整することができます。本格的なウエイトトレーニングをする方におすすめのモデルです。

asics(アシックス)|レスリングシューズ MATFLEX 6

ジムでの筋トレにも使えるレスリングシューズ

足首の安定感、グリップ性に優れたアシックスのレスリングシューズ。グリップ性を追求したアウターソールは足裏全体に貼り付けられ、踏ん張りが効く設計に。レスリング用モデルですが、ジムでの筋トレシーンにも最適です。

通気性に優れたメッシュ素材のアッパーは、摩耗しやすい部分を人口皮革で補強し、耐久性を高めています。サポート力、耐久性、通気性などバランスの取れた1足で、エントリーにおすすめの人気アイテムです。

INOV8(イノヴェイト)|スニーカーブーツ F-LITE 235 V3

ジムトレーニングシーンで愛用される「F-LITE」シリーズ

「inov-8」は、2003年にイギリスで誕生したシューズブランド。トレイルランをオリジンとしていますが、クロスフィットなどのトレーニングシーンに対応するモデルも多数展開しています。

235 V3モデルは、強度と屈曲性を両立した素材「グラフェン」を搭載し、アウトソールの耐久性を高め、トレーニングシーンをマルチにサポートしてくれます。欧米で人気の汎用性のあるトレーニングシューズです。

ジムシューズが気になる方はこちらもチェック!

スタジオ向けのフィットネスシューズやランニングシューズ、マルチに使える万能タイプのシューズなど、タイプ別におすすめのジム用シューズをまとめたこちらの記事もあわせてチェックしてみてください。

まとめ

今回は、ジムでの筋トレにおすすめのシューズをご紹介しました。人気ブランドのトレーニングシューズから高コスパのベアフットシューズなど、さまざまなタイプのシューズをジムトレーニングに活用することができます。

トレーニング効率を高めることができる筋トレシューズ。自分のお気に入りの一足で、理想の体へボディメイクしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました