サイクルグローブのおすすめ10選|人気ブランドや安い商品を厳選!

おすすめのサイクルグローブアイテム

ロードバイクや自転車に乗ってサイクリングをするときは、サイクルグローブがあるととても快適。夏・冬問わずシーズンを通して活躍してくれるアイテムです。

そこで今回は、そのサイクルグローブの効果や選び方を解説し、おすすめの人気商品をご紹介します!人気のサイクルブランドや安い商品もまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

サイクルグローブのメリットとは?

サイクルグローブ

ロードバイクやクロスバイクに乗る時にサイクルグローブを着用することは、実はすべてのシーズンにおいてたくさんのメリットがあります。

路面からの振動・衝撃を和らげる

自転車に乗ると、手は路面から振動をダイレクトに受け続けます。サイクルグローブにはその振動を吸収し、疲労を軽減させる効果が期待できます。長時間ライドする方、段差や舗装の悪い道をよく通る方は特に恩恵を感じるでしょう。

日差し・寒さから手を守る

夏場は強い日差しから手を守り、日焼け対策をすることができ、冬場は冷たい風をさえぎってくれるので、防寒対策として最適です。

一度落ちた末端の体温は回復するのに時間がかかるので、防寒・防風対策は寒い冬場のサイクリングにおいては重要なポイントです。

ハンドルをしっかりグリップできる

サイクルグローブには滑り止めがついているので、汗をかいたり、雨で濡れていてもしっかりとハンドルをグリップすることができます。また、長時間のライドでグリップ力が落ちてきた時にもグリップをカバーしてくれ、安定した走りやブレーキングにつながります。

スポンサーリンク

サイクルグローブの選び方

サイクルグローブを選ぶ際に、おさえておきたいポイントをご紹介します。

季節によって選ぶ

サイクルグローブには、指先の出ているハーフフィンガーと、指を全て覆っているフルフィンガーの主に2タイプがあります。さらに、通気性に優れた薄手の生地や、防風性、クッション性に優れた厚手の生地など、特徴はさまざま。

指先の出ているハーフフィンガータイプは、春夏の暖かい季節におすすめ。さらにメッシュなどの通気性に優れたものであれば、蒸れなどを防ぐことができます。

一方、秋冬の寒い季節にはフルフィンガータイプがおすすめ。裏起毛素材や厚手のものを選ぶことで、しっかりと防寒対策をすることができます。使用する季節や用途にあわせて、最適なタイプのグローブを選びましょう。

クッション性で選ぶ

手のひら部分のクッション部分に使われている素材によって、衝撃の吸収性能が変わります。

ロングライドやグラベルライドをメインにする人は、高いクッション性のグローブを重要視するのがおすすめ。ウレタンパッドやGELパッドなどの衝撃吸収素材が使われているかどうかをチェックしてみましょう。

手のサイズにあわせて選ぶ

サイクルグローブのサイズは手のひらの周囲の長さを参考に選んでみてください。メーカーによって大きさが異なるので、サイズ表がある場合は必ずチェックしましょう。

大きすぎるとグローブと手に隙間ができ、滑りやすくなったりします。反対に小さすぎると締め付けられたり、クッションの位置がずれてしまったりするので、自分の手に合ったものを選ぶようにしましょう。

フルフィンガー|サイクルグローブのおすすめ人気6選

ここからは、おすすめのサイクルグローブを「フルフィンガー・ハーフフィンガー」のタイプ別にご紹介します!人気のサイクルブランドから安い価格でも機能性を備えた高コスパモデルまで、幅広く厳選しています。

F-TUBAME|サイクルグローブ 冬用

優れたコスパで冬用のエントリーモデルに最適

コスパに優れたF-TUBAMEの防寒用サイクルグローブ。裏地は防風裏起毛加工が施され、寒い風を最小限に抑えます。負担のかかる手のひらには5mm厚手の耐震シリコンパッドを採用し、パッドの表面には滑り止め加工を施してあるので、滑りにくく細かい衝撃も吸収し疲れを軽減していただけます。

また、タッチパネル操作可能なので手袋をつけたまま、スマホやタブレットの操作ができるのが嬉しいポイントです。

ROCKBROS(ロックブロス)|サイクルグローブ

操作性に優れた高コスパグローブ

ロックブロスは様々なロードバイク用品を取り扱う中国メーカーで、高機能低価格な商品が多く人気のブランドです。こちらの商品は高密度ナイロン、SBRコーティングされた表面生地で、冷気の侵入を防ぎ、防寒防風性が優れています。

また指先にはタッチスクリーン対応機能が付いているのもうれしいポイント。グリップや指の動かしやすさで高いパフォーマンスを発揮する万能型、高コスパ商品です。

SHIMANO(シマノ)|サイクリンググローブ INFINIUM

ゴアテックス素材採用の高機能グローブ

日本の大手サイクルブランドシマノからは少し本格的なグローブを紹介します。真っ黒のシンプルなデザインで、シリコンプリントを施したパームグリップで自然にフィットするグローブです。

通気性に優れたゴアテックスINFINIUM防風ファブリックを採用し、暖かさと防御性をバランスよく両立。ロープロファイル設計のソフトな親指部分は汗の拭きとりに便利です。さらに手首部分が少し長めの造りなので、日焼けや防寒にもうれしいポイントです。

Santic(サンティック)|サイクルグローブ

春秋向け高コスパフルフィンガータイプ

中国のスポーツアパレルメーカーサンティックから春秋用のフルフィンガーグローブをご紹介。手の甲に伸縮性のあるスパンデックス生地により快適なストレッチ、防振パッドは手のひらにあり、乗り不快感を軽減し、滑り止めと衝撃吸収性を備えています。

また手のひらと指により多くの呼吸穴があり、速い換気と冷却が可能。真冬には厳しいですが、それ以外のシーズンには対応している万能なグローブです。

cinelli(チネリ)|GIRO DND GLOVES X CINELLI ZYDECO

独創的なデザイン性と機能性を両立

イタリアの老舗自転車メーカーのチネリ、そのグラベル部門のZYDECO(ジデコ)が生み出した明るく個性的な色の組み合わせとデザインのグローブです。手のひらはグリップ時のしなやかな感触、通気性を確保した4方向ストレッチアッパーで、最大限の快適さを実現、スマートフォンのタッチスクリーンに対応。

目につく独創的な配色とデザイン性とGIROに裏打ちされた高機能を兼ね備えたグローブはほかの人と違いを表現したい方におすすめです。

OGK KABUTO(オージーケーカブト)|サイクルグローブ PRG-7

操作性に優れた薄手タイプ

自転車のヘルメットでお馴染みのOGK KABUTOからは、操作性に優れた薄手タイプをご紹介します。弾性と復元性に優れ柔らかく肌触りの良い生地を採用し、手のひら部分の縫製を無くすことでハンドルとの一体感を感じることができます。

さらに手のひらにはシリコンパッドがついているので、滑ることなくしっかりハンドルをホールドできます。スタイリッシュなグローブをお探しの方におススメの商品です。

ハーフフィンガー|サイクルグローブのおすすめ人気4選

続いて、ハーフフィンガータイプでおすすめの商品をご紹介します。

PEARL IZUMI(パールイズミ)|レーシンググローブ 24

抜群の着け心地を誇るロングセラーモデル

日本のサイクルウェアブランドであるパールイズミからは定番のグローブをご紹介します。柔らかな手の平の素材でフィット感に優れ、ハンドルが握りやすく操作性も高い。使い勝手の良いロングセラーモデル。

適度なクッション性をもつ中厚パッドを採用し、街乗りからロングライドまでオールラウンドに活躍します。カラーのバリエーションもあるのでウェアと合わせて選ぶのもいいかもしれません。

FREESE|サイクルグローブ 春夏対応

春夏用グローブ入門用に最適な高コスパグローブ

FREESEは最近少しずつ人気が出てきているブランドです。サイクリング時の振動を和らげる約5mmほどの肉厚ゲルを手のひらに装備。走行時のハンドルからの衝撃を軽くし、腕や手への振動を和らげます。

また、伸縮性・柔軟性に優れた、特殊スパンデックスを採用。手の形に合わせて心地良くフィットします。ハーフフィンガーなので釣りやレジャースポーツなどの幅広いシーンでの活躍も期待できます。

Lion de KAPELMUUR(リオン ド カペルミュール)|サイクルグローブ エンデュランス

おしゃれな高品質ハーフフィンガー

カジュアル志向のカペルミュールとは一線を画す、ハイエンドのレーシングウェアブランド。 プロチームへのウエア提供で培ったノウハウとカペルミュールならではのシックなデザインと高いフィット感。

程よいクッション性を備えたパッドで、衝撃を吸収しつつ快適な操作感を実現しています。 競技志向でもシックなデザインを求める方にオススメです。

GIRO(ジロ)|エクスネティックロードグローブ

米国発、世界トップサイクルブランドのシームレスグローブ

アメリカの世界トップサイクルブランドのジロからシームレスハーフフィンガーグローブ。GIROニットシューズで採用されたXneticニットテクノロジーを活用することで、フィット感、通気性、快適さを極限まで高めた、シームレスワンピースグローブ。

トップブランドを身に着けサイクリングすると、いつもと違う風景に出会えるかも。

まとめ

いかがだったでしょうか。お気に入りの商品は見つかりましたか?サイクリンググローブは、ハーフフィンガーとフルフィンガーの大きく2つに分かれるので、使用する季節も考慮しながらまずはどちらのタイプにするかを決めるのがポイント。

その他、クッション性など機能面でも違いがあるので、ご自身の用途に合わせて検討してみましょう。ぜひ自分にあう商品を見つけて楽しいサイクルライフを!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました