自転車用スマホホルダーのおすすめ人気10選|防水タイプも!

おすすめの自転車スマホホルダーアイテム

自転車にスマホを固定することができるスマホホルダーは、走行時にナビやアプリなどの画面が確認できるので、ロードバイクに本格的に乗る方や、ちょっとした移動に自転車に乗る方にもおすすめなアイテムの1つです。

そこで今回は、自転車用スマホホルダーの選び方やおすすめの人気商品をご紹介します!

スポンサーリンク

自転車用スマホホルダーの選び方

自転車スマホホルダー出典:Amazon

自転車用のスマホホルダーを選ぶ際に、おさえておきたいポイントをご紹介します。

スマホの固定方法で選ぶ

スマホの固定方法には、それぞれ種類や特徴があります。耐久性や伸縮性に優れたシリコンなどの素材を使用したバンドタイプのものは、軽量性に優れているものが多く着脱も簡単に行うことができます。

四隅を爪のような形状のフックで挟んで固定するフックタイプのものは、丈夫なフレームでしっかりとスマホを固定できるので安定感があります。スマホそのものをケースに収納してしまうケースタイプのものは、防水性能が高く雨などからスマホ本体を保護してくれます。

自転車フレームへの取り付け方法で選ぶ

自転車フレームへの取り付け方法にも種類があります。シリコンなどの素材を使用したバンドを巻き付けて固定するタイプのものは、ハンドルへの着脱を簡単に行うことができるので、必要なときにサッと着脱が可能です。

ネジを使用してフレームに取り付けるタイプのものには、台座を手動で着脱できるものと、工具を使用して本体に台座を設置するものがあります。それぞれに特徴が異なるので、自分自身の使用頻度や好みに合わせて選ぶようにしましょう。

画面の角度調整ができるものを選ぶ

走行時のスマホ画面は、時間帯や場所によって日差しの角度や位置が変わるため、見やすさや見え方が変化します。

そこで、360°回転可能なタイプなど画面の角度調整に幅広く対応が可能なスマホホルダーを選ぶことで、常に自分にとって見やすい角度にスマホの画面を調整することができます。

防水性能に優れたもので雨にも対応

走行時に天候の変化による雨などからスマホを保護するには、防水性能の高いスマホホルダーがおすすめです。

具体的には、防水性に優れた止水ファスナーや防水加工が施されているケースタイプのスマホホルダーなどであれば、急な天候の変化による雨などから、雨水の侵入を防いでスマホを保護してくれるのでおすすめです。

充電ケーブルなどに対応可能なものを選ぶ

長時間の走行時に、マップによるナビや、速度や走行距離が確認できるフィットネスアプリなどを継続して起動させていると、スマホのバッテリーが切れてしまう場合があります。

そこで、充電器やモバイルバッテリーのケーブルが接続可能な設計になっているスマホホルダーを選ぶことで、長時間の走行時でも充電しながら走行ができるので、バッテリー切れの心配なくサイクリングに集中することができます。

スポンサーリンク

自転車用スマホホルダーのおすすめ人気10選

ここからは、ロードバイク、自転車でのサイクリングシーンにおすすめのスマホホルダーをご紹介します。

Bone|Bike Tie 4 自転車 スマホ ホルダー

独自の表面加工で滑りにくい

4.7〜7.2インチのスマートフォンにフィットするユニバーサルデザインを採用したスマホホルダーです。軽量性や柔軟性に優れたシリコン素材で四隅を固定するバンドタイプの本体は、簡単に設置ができるベルト着脱式になっています。また、独自の表面加工によって装着部分がズレにくく、走行中の振動や衝撃に対応してくれます。

Andobil|自転車スマホホルダー

二重固定でどんな道にも安定

アームとゴムバンドによって二重に固定することで安定性を高め、落下の心配なく使用できるスマホホルダーです。本体は簡単に取り付け可能なネジ式になっているので、必要なときにサッと装着して使用することができます。また、画面の角度調節もできるので常に見やすい状態をキープできます。

Tiakia|自転車 スマホホルダー

抜群の安定感を発揮する四隅固定タイプ

特殊なナイロン素材を使用し耐久性に優れ、激しい振動にも対応可能なスマホホルダーです。3.5〜6.4インチのスマートフォンにフィットする本体は、四隅の爪部分だけでなくワンウェイギアも使用してスマホを固定する仕様になっているので、走行中のあらゆる振動や衝撃を抑える抜群の安定感があります。

AMZ|自転車 スマホホルダー

平面360°回転で最適な角度にできる

ベルトを巻きつけることで簡単に取り付け可能なスマホホルダーです。本体には平面360°回転が可能な設計を採用。走行時に画面の角度を調整ができるので、常に見やすい状態をキープしてくれます。また、耐久性に優れたシリコン素材のバンドが四方をしっかりと固定してくれるので、安定性を高めて落下を防ぎます。

ICHI|自転車用スマホホルダー

1秒ロックアップで簡単に着脱

ワンタッチボタンによってアームが開き、取り付けや取り外しが驚くほど簡単なスマホホルダーです。ホルダーの内側に使用しているシリコン素材によってスマホ本体を傷つけにくく、がっちりとした丈夫なアームがしっかりと固定してくれるので、落下の心配をすることなく使用することができます。

NEXMEE|自転車 スマホホルダー

耐久性や安定性に優れたホルダー

大型スマートフォンにも対応可能なスマホホルダーです。優れたグリップ性能と設計によって簡単に取り付けることができる本体は、2メートルの高さから落下にも対応可能な耐久性と、走行中の振動や衝撃でもズレることがない安定感を兼ね備えているので、市街地から険しい山道まで多くのシーンで活躍してくれます。

Oziral|自転車 スマホホルダー 防水

小物も入るポケット付きホルダー

スマートフォンと一緒にカードや小物などを収納することができるポケット付きのスマホホルダーです。カバー部分は高感度の透明タッチスクリーン仕様になっているので、入れたままでも画面の確認が可能です。また、ポケット部分の止水ファスナーなど防水性能も高いので雨にも対応が可能です。

LIOOBO|自転車 スマホホルダー

防水機能を搭載したケースタイプのホルダー

7インチまでのスマートフォンに対応が可能なケースタイプのスマホホルダーです。防水性能に優れた素材を使用しているので、急な天候の変化や雨などにも対応が可能です。また、耐久性や安定性も高いので、走行中の振動や衝撃でも収納したスマホがズレることなく抜群の安定感を発揮してくれます。

Sincetop|自転車 スマホホルダー

シンプルなデザインでカッコいい

シンプルなデザインで必要なときにはサッと着脱可能なスマホホルダーです。見た目も美しく実用性も高い、乗車時の視線に対して水平または垂直に画面を調整することができるエルゴノミックアングルデザインを採用しているので、走行中も地図やフィットネスアプリなどの画面表示が確認しやすくなっています。

Kaedear|バイク用 クイックホールド 携帯ホルダー

片手ですばやくスマホを着脱ができる

クイックホールド&リリース機能を搭載し、片手ですばやく着脱が可能なスマホホルダーです。四隅を固定する設計になっているので、スマホを置くだけで瞬時にホールドでき、脇のリリースハンドルを握るだけでサッと取り外すことができます。また、画面も360°回転が可能なデザインなので、自分の見やすい角度に画面を調整できます。

まとめ

今回は、おすすめの自転車用スマホホルダーをご紹介しました。スマホホルダーは、走行時にナビやアプリの確認や操作がしやすくなり、サイクリングの時間をより便利で快適なものにしてくれるグッズの1つです。

スマホの固定方法やフレームへの取り付け方法など、複数のタイプに分かれるスマホホルダーは、商品によって使い心地が変わってきます。それぞれの取り付け方や機能を把握した上で、ご自身の用途や好みに合うものをぜひ見つけてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました