ビンディングペダルのおすすめ人気10選|初心者向けSPDモデルも!

おすすめのビンディングペダルアイテム

レースや長距離ライディングなど、本格的にロードバイクを楽しみたいと思ったときには、ペダルとシューズを固定することでペダリングの効率を最大限に高めてくれるビンディングペダルの使用がおすすめです。

そこで今回は、ビンディングペダルの特徴や選び方、おすすめの人気商品を紹介していきます!

スポンサーリンク

ビンディングペダルとは?

ビンディングペダル出典:Amazon

ビンディングペダルとは、専用のシューズを着用し、足の力を最大限ペダルに伝えることができるロードバイク用のペダルです。

足を自由に地面につけることができ、どのようなシューズでも楽しむことができるフラットペダルとは異なり、ペダルとシューズが固定されてしまうので、慣れないうちは自由に足を地面につけることができず転倒の危険性もある半面、ペダルから足がズレることがないため、効率の良いペダリングが実現できるという特徴があります。

ビンディングペダルのメリット

滑って足を踏み外してしまう心配もなく、強く踏み込むことができ、さらには引き上げる力も推進力にすることで、効率良いペダリングをサポートしてくれる部分は、ビンディングペダルの大きなメリットになります。

ビンディングペダルのデメリット

効率の良いペダリングが実現しやすい半面、ペダルとシューズが固定されていることで慣れるまでは足をすぐに外すことができず、ケガや転倒の不安や可能性がある部分はビンディングペダルのデメリット。

また、ビンディングシューズは通常のシューズに比べると歩きにくいという点もデメリットになります。

こんな方にはビンディングペダルがおすすめ

レースや長距離ライディングなど、本格的にロードバイクを楽しみたい方や、ロードバイクに慣れてきた次の段階として、より効率の良いペダリングを実現するために、SPDシステムに興味が出てきた方には、ビンディングペダルの使用やチャレンジがおすすめです。

スポンサーリンク

ビンディングペダルの選び方

ビンディングペダルを選ぶ際に、おさえておきたいポイントをご紹介します。

タイプで選ぶ

ビンディングペダルは主に2つの種類に分かれ、それぞれ特徴が異なります。

ロードバイク向けビンディングペダル

軽量性に優れたものが多く、3箇所で固定することでシューズの固定力を高めているロードバイク向けのものは、固定力の高さからスピード重視の方や乗降回数が少なめな方におすすめです。

マウンテンバイク向けビンディングペダル

高強度なものが多く、2箇所で固定する仕様になっているマウンテンバイク用のものは、ビンディングペダルとしての特徴は持ちつつ、ロードバイク用のタイプよりは固定力が低く外しやすいため、慣れていない方や乗降回数の多い方におすすめです。

メーカーで選ぶ

ビンディングペダルのメーカーとしては、日本の自転車パーツメーカーであり多くのサイクリストから根強い人気のあるシマノが有名です。ロードバイク専用のSPD-SLシリーズや、MTBやクロスバイクにも対応可能なSPDシリーズは、その代表作となっており、他のメーカーからも同規格の商品が販売されているので、互換性が高いのも特徴です。

また、その他にもペダルのラインナップが豊富なTIMEや、程良い固定力が人気なLOOKなど、多くのサイクルメーカーからビンディングペダルが展開されています。

片面フラットタイプなら楽しみ方もたくさん

片面はSPD、片面はフラットペダル仕様になっているビンディングペダルであれば、状況によって使い分けることができるため楽しさの幅が広がります。

まだSPDシステムに慣れていない方や、フラットペダル仕様のものも一緒に楽しみたい方は、ぜひ検討してみて下さい。

ビンディングペダルのおすすめ人気10選

ここからは、おすすめのビンディングペダルをご紹介します。

SHIMANO(シマノ)|SPDペダル PD-EH500 片面SPD/片面フラット

反面はフラット仕様を採用

片面は着脱が簡単なライトアクション仕様に、もう片面はスニーカーでも使用可能なフラット面になっているビンディングペダルです。フラット側の面は、グリップ性を向上させているのでコントロール性能が高くなっています。また、カートリッジ軸ユニットには、ローメンテナンスシーリング構造を採用しています。

SHIMANO(シマノ)|SPD-SLペダル PD-RS500

初心者でも着脱しやすいモデル

耐久性の高いステンレス製のボディープレートを使用し、ワイドな踏み面がペダリング力を効率的に伝達してくれるビンディングペダルです。ステップイン・アウトがしやすく、初心者でも着脱しやすい軽めのテンション設定が可能なデザインが採用されているので、初心者の方から慣れている方まで多くの方におすすめです。

SHIMANO(シマノ)|SPDペダル PD-M324 片面SPD/片面フラット

シンプルなデザインのパーパスペダル

片面はSPD対応、反対側の面はスニーカーでの対応が可能なフラット仕様になっているマルチパーパスペダルです。SPDの効率性にプラットフォームペダルの利便性がプラスされているので、これからSPDシステムを始める方におすすめなモデルです。また、好みに合わせたステップイン・アウトのテンション調整も可能です。

SHIMANO(シマノ)|DURA-ACE デュラエース R9100シリーズ ペダル PD-R9100-L

重量と剛性のバランスが良いペダル

軽量で高効率なペダリング性能を実現する、重量と剛性のバランスが良いビンディングペダルです。幅広いペダルの踏み面と負荷を均一に分散するワイドベアリングによって、パワー伝達と負荷分散による滑らかな回転を生み出します。また、ステップイン・アウトのテンション設定も個人に合わせてカスタマイズ可能です。

SHIMANO(シマノ)|SPDペダル PD-M9120

幅広いプラットフォームでコントロールしやすい

エクストラロング&ワイド化されたペダルとシューズの接触面や、幅の広いプラットフォームを採用しているビンディングペダルです。ペダルとアウトソールを一体化したパワー伝達システムを採用し、ペダルに伝わるパワーが増大しただけでなく、ライダーのバイクコントロールもサポートしてくれます。

TIME(タイム)|ビンディングペダル Xpresso 7

軽量性の高いカーボンボディーのペダル

エクスプレッソシリーズでカーボンボディーを採用している唯一のペダルであり、優れた軽量性や耐久性と、IClicシステムにより快適なサイクリングをサポートしてくれるビンディングペダルです。簡単にステップインができるだけでなく、無駄な力をかけずに簡単に外せる仕様になっています。

Look(ルック)|ビンディングペダル KEO 2 MAX

レースからツーリングまで対応できるモデル

クリート設置面が拡大されたことで、パワー伝達力が大幅にアップしたビンディングペダルです。中心部にニードルベアリング、内側に大型のシールドベアリングを配置したオーバーサイズクロモリアクスルの搭載によって耐久性とねじれ剛性を高めているので、レースからツーリングまで幅広く対応が可能です。

GORIX(ゴリックス)|ビンディングペダル GX-PM811

ツーリングから通勤、街乗りなどマルチに活躍

ロードバイクやクロスバイク、MTBに最適なマルチペダルです。片面はフラット仕様になっているので、スニーカーで気軽に乗ることができ、ツーリングから通勤、街乗りなど多くのシーンで活躍してくれます。また、ペダル本体の調整ネジを使用することで、自分に合ったクリート固定の強度に設定することができます。

CXWXC|ビンディングペダル

動力を効率的に伝達してくれるペダル

動力を効率的に伝達し、自転車のコントロールをサポートしてくれるビンディングペダルです。高回転性能に加えて、負荷を均一に分散するトリプルベアリングを配置することで、効率良いペダリングを実現しています。また、カートリッジ軸部分には、耐久性に優れたローメンテナンスシーリング構造が採用されています。

ROCKBROS|自転車 ビンディングペダル

高強度かつ軽量なペダル

アルミ合金製のボディーと、クロモリシャフトの採用によって実現した軽量かつ高強度な性能に加え、美しいオーロラカラーがおしゃれでカッコいい、デザイン性と機能性を両立させたビンディングペダルです。クリート部分は大きく踏み込みやすい設計になっているので、より効率的に力を伝えることができます。

まとめ

今回は、ビンディングペダルの特徴や選び方、おすすめ商品をご紹介しました。ペダリングの効率を最大限に高めてくれるビンディングペダルは、レースや長距離ライディングなど、本格的にロードバイクを楽しみたいと思う方におすすめのアイテムです。

ビンディングペダルの人気メーカーといえばシマノ。SPDシリーズ、SPD-SLシリーズと品揃えが豊富で他のメーカーとの互換性も高いので、初心者の方は人気メーカーから選ぶと安心です。ぜひお気に入りのペダルで、快適なライドを楽しんでくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました