ロードバイク用マスクおすすめ14選|夏のサイクリングに最適な人気商品も!

おすすめのサイクリング用マスクアイテム

最近人気を集めているロードバイクなどの自転車で遠乗りをするサイクリング。ただ、このコロナ禍で走行中もマスク着用が求められるようになりました。

そこで今回は、ロードバイクで使えるおすすめのマスクをご紹介します!パールイズミなどの人気ブランドや夏用に最適なマスクも特集しているので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ロードバイクでマスクを着用する効果は?

サイクリング用マスク
飛沫感染対策やエチケットとして求められる運動時のマスク着用ですが、サイクリング時にスポーツマスクを着用することで、それ以外にも得られるメリットがたくさんあります。

  • エアロ効果
  • 虫対策
  • 乾燥対策
  • 花粉・排気ガス対策
  • 日焼け対策

エアロ効果

最近では走行中の空気抵抗を抑えるため、エアロタイプのロードバイクやエアロヘルメットが人気を集めていまが、走行中にマスクを着用することでもエアロ効果が期待できます。

自転車における空気抵抗のうち、ざっくり80%は自分自身の体が、残りの20%はバイクが生み出すと言われています。顔にも空気抵抗を受ける面積があるので、マスクで覆うことで空気抵抗を減らし、走行を軽くすることが期待できます。

虫対策

自転車で走行中、口に虫が入るというのは誰しもが一度は経験したことがあるかもしれません。マスクをすることでこのリスクをなくすことができます。

ロードバイクはそれなりのスピードが出るので、誤飲してしまわないよう対策しておきたいところです。

乾燥対策

走行中の喉や唇を乾燥から守るための乾燥対策としてもマスクは効果的です。

サイクリングは風を大きく受けるので、他と比較しても喉などが乾燥しやすいスポーツ。コンディション維持のためにも乾燥対策は重要なポイントです。

花粉・排気ガス対策

サイクリング時における花粉対策、排気ガス対策としてもマスクは効果的。マスクを着用することで花粉や埃、排気ガスの吸引を軽減することができます。中には高性能のフィルターを搭載したマスクも販売されています。

走行中は息が上がって摂取量が多くなるので、花粉が飛散する季節などにはマスクでの対策がおすすめです。

日焼け対策

サイクリング用マスクは、顔まわりの日焼け対策としても有用です。商品によっては、首元までカバーできるフェイスマスクやフェイスカバー、さらには目元以外全てをカバーできるフルフェイスタイプもあります。

UVカット加工が施されたマスクであればさらに効果を高めることができます。

スポンサーリンク

ロードバイク用マスクの選び方

ロードバイク用マスクを選ぶにあたって、押さえておきたいポイントをチェックしておきましょう。

種類で選ぶ

ロードバイク向けのスポーツマスクとしては、主に通常のマスクタイプに加え、「フェイスマスク・フェイスカバー」やフルフェイスの「バラクラバ」などがあります。

ベーシックなマスクタイプ

ロードバイク用マスク出典:Amazon

馴染みのあるベーシックな形状のスポーツマスク。多くのメーカーから販売されており、サイクリングのみならずジムやフィットネス、普段使いなど幅広いシーンで使いやすいタイプです。他のタイプと比較するとカバー範囲は狭くなります。

目元から首元までカバーできる「フェイスマスク・フェイスカバー」

ロードバイク用マスク出典:Amazon

首元まで広範囲にカバーできるので、日焼け対策をしっかりしたい人におすすめで、屋外でライドするサイクリングに適したタイプといえます。

目元以外を覆い尽くせる「バラクラバ(フルフェイスマスク)」

ロードバイク用マスク出典:Amazon

最もカバー範囲の広いタイプ。日焼け対策としてはもちろん、冬場の防寒対策としても使えます。商品によっては被り方を変えることで、フェイスマスクやネックゲイターなどとしてマルチに使うことができます。

通気性で選ぶ

ロードバイク用として通気性が良いかどうかは重要なポイントです。特にサイクリングではサングラスを着用することが多いため、マスクを併用してレンズが曇らないことが重要です。

口元部分にメッシュ素材を採用し、通気性を良くしているモデルや、吐息が下に抜ける構造になっているマスクがあります。

また、着用したときの快適さや息苦しくないかという点からも通気性は重要な要素になってきます。

機能性で選ぶ

機能性に優れたマスクを選ぶことで、より快適なライドを実現することができます。特にチェックしておきたい機能は吸汗速乾性」や「接触冷感」「UVカットなど。

吸汗速乾性に高ければ、汗をかいてもドライな着け心地をキープすることができ、マスクが濡れることで口元にまとわり付き、呼吸しづらくなることを防ぐことができます。

また、特に暑い夏のシーズンには、接触冷感やUVカット機能があれば、しっかりと日焼け対策をしながら涼しく快適な肌触りを体感することができます。

夏におすすめのロードバイク用マスク5選

暑い夏、炎天下でマスクを着用すると、さらに暑くなり不快になると思われがちですが、接触冷感やUVカット素材を採用し、夏でも快適に着用できる夏用マスクが多く展開されています。

ここでは、夏のサイクリングを快適なものにするおすすめの夏用マスクをご紹介します。

EXIO(エクシオ)|UVカット フェイスマスク


安くてコスパが高い

高機能素材aqua-Xを採用することにより、熱を吸収する接触冷感やUVカット、速乾性さえも持ち合わせており、夏でも快適な着け心地を実現します。

口や耳元には通気性に優れたメッシュ素材エアホールを使用しているので、呼吸もしやすく、メガネやサングラスも曇りにくい設計になっています。この機能で価格は安く、コスパ抜群の商品です。

Golovejoy|フェイスカバー


接触冷感で夏でも涼しい

Golovejoyのフェイスカバーは、ソフトでさらっとした触り心地の良い冷感素材を採用したマスクです。水や汗に濡れると冷却効果により肌と接触している部分を3~5度下げる効果があります。

吸汗速乾、通気性にも優れ、またUVカット率も98%で日焼け対策も問題なし。暑い夏も含めてオールシーズン重宝できるスポーツマスクです。

NAROO MASK(ナルーマスク)|X1


夏用におすすめしたいX1タイプ

X1の数字は生地の厚さを示しており、NAROO MASKの中でも最も生地が薄いシリーズ。薄手の生地で夏でも快適に使用することができます。

UVカット96%で鼻筋から首元までを覆うロングタイプ、顔周りを紫外線から効果的に保護します。通気性も抜群で呼吸がしやすく、サングラスの曇りも防止します。

NAROO MASK(ナルーマスク)|N1s


接触冷感素材にUVカット99%の上位モデル

N1sはXシリーズの上位モデル。接触冷感素材(aqua X)を使用しているので、夏でも涼しく快適な着け心地。さらには、吸収速乾性も兼ね備えており、大量の汗をかく夏でも、 サラッとした肌触りを持続することができます。

マスクの長さは目元からあごまでをカバー。顔を中心に日焼け対策をしたい方におすすめです。

Peabownn|フェイスカバー


使い勝手の良いシンプルなデザインの夏用フェイスカバー

内面は接触冷感素材を採用しており、肌と接触した瞬間に温度を3-5度下げる冷感効果があります。

表面にはUVカットを施しており、首元まで日焼け対策が可能。柔らかめで伸縮性のある素材で、フィット感は抜群。夏でも快適に着用できるマスクです。

ロードバイク用マスクおすすめ人気9選

ここからは、ロードバイクや自転車に乗る際におすすめのサイクリング用マスクをご紹介します。

パールイズミ|UV フェイスカバー


サイクリングに最適な設計

パールイズミはサイクリングに適したウェアを販売しているサイクルウェアブランド。このアイテムもサイクリング向けに工夫を凝らした設計がされており、もちろんサイクリング以外のスポーツでも使用可能です。

目から下を覆うことで顔の日焼けを防止。ずり下がり防止の耳掛け付きです。また、口元は呼吸がしやすいよう開閉式になっており、普段通り呼吸をしたいという方にはおすすめのモデル。サングラスなども曇りにくい構造になっており、給水しやすいのもポイントです。素材もUVカットUPF50+、吸汗速乾仕様でスポーツ時でも快適に着用することができます。

TARO WORKS|サイクリング フェイスカバー

口元開口タイプでサイズ調整も可能

TARO WORKSのサイクリングに適したフェイスカバーです。口元開口タイプなので、息苦しい時や水分補給の時などマスクを外すことなく対応することが可能。ボタンでのサイズ調整機能付きで自在にフィッティングも可能です。

吸汗速乾性にも優れ、さらりとした着け心地で夏場から冬の入り口まで使いやすいフェイスマスクです。

パールイズミ|ベンチレーションマスク MSK-03

ベンチレーション機能で呼吸がしやすいスポーツ特化型

呼吸がしやすいパールイズミの洗えるベンチレーションマスク。口部分が大きく開く仕様で呼吸がしやすく、不快なムレなども生じにくい作りです。走行中もマスクを装着したまま水分補給が可能で、メガネも曇りにくいなど抜群の使い心地。

2サイズ展開で耳ヒモはアジャスター付きでフィット感を調整可能。サイクリングなどスポーツシーンに特化したマスクです。

SPORTS MESH スポーツ用メッシュマスク

メッシュ素材で息苦しくない

繰り返し洗えて使える通気性抜群のスポーツ用マスク。メッシュ素材を採用することで優れた通気性を確保。長時間の着用でも息苦しくなくてムレにくい、サイクリングシーンにも最適なマスクです。

通気性に加えて吸汗速乾性やUVカットなど充実の機能性。3枚セットにするとお得に買える高コスパアイテムです。

NAROO MASK(ナルーマスク)|X5


スポーツマスクの人気ブランド「NAROO MASK」のXシリーズ

花粉を100%カット、UVプロテクション99%の高機能マスクです。前後に2タイプのフィルターポイントがあり、外気の状況によって使い分けが可能です。

通気性が良く、息苦しさを感じないので、サイクリングのみならずランニングやテニスなどあらゆるスポーツにオールシーズン使用することができます。また、耳の部分に通してマスクを固定できるので、激しい動きでもずれることなく、快適に使用できます。

ロックブロス(ROCKBROS)|フェイスカバー


耳かけヒモ付きの夏でも涼しいフェイスカバー

耳かけ用のひもが付いているのでずれ落ちる心配がなく、サイクリングに集中することができます。冷感生地を採用しており、水や汗に濡れると気化熱の作用で冷却効果が生まれ、肌との接触で体感温度を3-5度下げる効果があります。夏でもクールに着用できます。

また、息苦しくない高い通気性のある生地で、サイクリングのみならずあらゆるシーンで使い勝手のいいスポーツマスクです。

DaLaCa|AIRフェイスカバー

わずか30gで付けていないかのような付け心地

国内アウトドアメーカーが販売する苦しくない軽量フェイスカバー。メッシュ生地と吸汗速乾生地の前後の組み合わせで、通気性、速乾性、接触冷感、UVカットと充実した機能性です。

伸縮性素材の耳掛け付きで落ちづらく、軽やかな付け心地はサイクリング含めさまざまなスポーツシーンで使えるフェイスマスクです。

パールイズミ|487 サイクル バラクラバ


利便性の高いサイクリング用バラクラバ

パールイズミからリリースされている目以外の顔全体を覆うことができるバラクラバ。秋冬ごろの使用がおすすめのアイテムです。

口元はメッシュ素材で通気性が高く、呼吸もしやすい仕様になっています。また、口元部分は下に容易にずらすことができるので、リフレッシュしたい時、給水したい時などに使い勝手がいい仕様です。あごまで下げるとネックウォーマとしても使用可能な利便性の高いサイクリング用マスクです。

NAROO MASK(ナルーマスク)|X3F

快適に使用できるフルフェイスタイプ

人気ブランドNAROO MASKからリリースされている口元から耳、頭頂部分までフルカバーできるフルフェイスバラクラバ(目出し帽)タイプのマスクです。目元以外の頭部をすっぽり覆い隠すことができ、UVカットも98%なので、日差しが厳しい時、サイクリングなどのアウトドアスポーツ時の日焼け防止に効果的です。

通気性に優れた速乾性素材を採用しており、サイクリング、ツーリングなどでヘルメットを着用する時でも快適に使用することができます。

まとめ

今回は、ロードバイクや自転車に乗るときに使えるおすすめのマスクをご紹介しました。サイクリング用としては、フェイスマスクやバラクラバなど、顔や首元をしっかりカバーできるタイプもおすすめです。

人気ブランドの「パールイズミ」や「ナルーマスク」、お求めやすい高コスパアイテムなど、自分に合った最適なマスクを見つけてサイクリングを快適に楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました