ネックゲイターのおすすめ16選|使い方や夏冬別の人気商品をご紹介!

おすすめのネックゲイターその他

防寒対策や紫外線対策など首元を保護してくれるネックゲイター。タウンユースはもちろん、スポーツや登山などのアウトドアシーンでもマルチに活躍するアイテムです。

そこで今回は、そもそもネックゲイターとは何か、その特徴や効果、使い方を解説し、おすすめの人気商品を夏向け・冬向けの季節別にご紹介します。ノースフェイスやコロンビア、ナイキなど各人気ブランドからも厳選しているので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ネックゲイターとは?

ネックゲイター出典:Amazon

ゲイターとは、元々登山用のスパッツのことを指し、靴とボトムスの隙間を埋めるように装着するギアのことを言います。それをネック(首)部分に応用したものがネックゲイター(ネックゲーター)で、主に防寒対策や紫外線対策など首元を守るためのギアとして使われています。

ベーシックな筒状のものから耳に掛けられる仕様で鼻や口元までカバーできるフェイスカバー、マスクタイプなど、今ではさまざまなデザインのものが販売されています。

ネックウォーマーとの違いは?

ネックウォーマーとの違いは何?と疑問に思う方もいるかと思います。一般的にネックウォーマーは、防寒を目的にした冬用のネックギアです。

一方、ネックゲイターは同様に寒さ対策にも使われますが、夏のシーズンの紫外線対策や乾燥対策、ウイルス対策などさまざまな用途に用いることができるアイテムです。また、その多機能な側面からスポーツやアウトドアシーンに浸透しています。

大きな違いはありませんが、ネックウォーマーはネックゲイターの一部とも言えます。

マスクとどっちがおすすめ?

ネックゲイターには、鼻や口元までしっかりカバーすることができ、スポーツ時においてマスクの代用として使える商品も多く展開されています。

通常のマスクタイプだと息苦しい、耳にかけるゴムで痛みを感じるといった場合には、ネックゲイターで代用するのもおすすめです。通気性に優れ、呼吸がしやすい商品も多く、同時に首元の日焼け対策も講じることができるので、屋外でのランニングやサイクリング、登山などで重宝することができます。

スポンサーリンク

ネックゲイターの効果

ネックゲイターを身につけることで、実に多彩な効果が期待できます。

寒さ対策

寒い冬のシーズンのスポーツやランニングシーンでは、主に防寒対策としてネックゲイターが活用されています。

首元を温めることで効果的に寒さを和らげることができます。冬用として保温性に優れたフリース素材や特殊繊維を生地に採用しているものが多く展開されています。

冷感素材が暑さ対策にも

環境の変化が激しい登山やトレッキングなどの際にはネックゲイターの必要性が高くなります。夏用のネックゲイターは、太陽光の熱を生地に吸収されないような施しがされていたり、肌に触れると涼しさを感じる接触冷感素材、汗や水に濡れることで生地温度を下げる冷感素材を使っているなど、暑さ対策にもなるアイテムがあります。

さらに、UVカット加工や吸水速乾性などにも優れていたりと、夏にも欠かせないアイテムとなっています。

花粉対策

花粉症がひどい方は、花粉が気になる季節になるとランニングなど屋外での活動を控えるという方もいるかもしれません。ネックゲイターはそんな花粉症の症状を軽減するのにも効果的です。

運動中は息が上がり空気を吸う量が多くなるので、ネックゲイターをすることで空気中の花粉の摂取を抑えることができます。

紫外線・日焼け対策

日焼け対策としても効果的なネックゲイター。商品によってはUVカットの効果があり、目から下を広範囲に覆ってくれるものもあります

夏にネックゲイターを着用するのは暑そうにも思えますが、吸汗速乾性や冷感機能を備えたものであれば、夏でも涼しく着用することができますよ。

乾燥対策

冬の空気が冷たく乾燥した季節には、乾燥対策としても効果を発揮します。

伸縮性のあるネックゲイターの多くは口元までカバーすることができ、のどや唇の乾燥から守ってくれます。

ネックゲイターの使い方

筒状のシンプルな作りのネックゲイター。使い方も至ってシンプルで、頭から被り、首周りに装着することで首を保護することができます。あとは状況によって、口元まで覆って暖かさを調整したり、マスクとして活用したりすることができます。

また、ネックゲイターとしての使い方以外にも、ヘアバンドやキャップ、リストバンドとしてなど付け方によってさまざまな使い方ができるのも特徴。主に首や顔を守る必要がある以下のようなシーンで着用されます。

登山

温度変化が激しい山では、夏でも冬でも防寒ギアとしてネックゲイターが一役買います。また、山道を歩く登山では、砂埃などが口から侵入することもネックゲイターが防いでくれますし、紫外線対策としても効果的です。

ネックゲイターは登山ではマストアイテムと言えるでしょう。

ランニング

冬は防寒ギアとして、暑い夏のランニングでは紫外線対策や暑さ対策にネックゲイターを利用することができます。

また、街中を走る日々のランニングにおいては、飛沫対策、エチケットとしてもネックゲイターが最近では重宝されています。

ジムトレーニング

コロナウイルスの影響でジムでのマスク着用も必要となっていますが、マスクの代用としてネックゲイターを活用することができます。

通常のマスクの場合、息苦しさやゴムで耳が痛くなるなどの悩みがある方は、口元まで塞ぐことができるネックゲイターであれば飛沫対策として使うことができ、快適な付け心地でトレーニングにも集中することができます。

ネックゲイターの選び方

ここでは、ネックゲイターを選ぶ際に押さえておきたいポイントをご紹介します。

季節に合わせて選ぶ

ネックゲイターは夏向け、冬向けなど季節に合わせた商品展開がされているので、使用するシーズンに合わせて選ぶのがポイントです。

夏用には吸汗速乾性や冷感機能、UVカットなど

夏の暑いシーズンにネックゲイターを着用する場合は、涼しく快適に着れる機能性がポイントです。特にチェックしておきたい機能性は吸汗速乾性や冷感機能、UVカット機能など

吸汗速乾性が高ければ汗をすぐに乾かすことでドライな着心地が持続。UVカット機能でより効果的に日焼け対策をすることができます。加えて、冷感機能があれば肌あたりが涼しく、夏でもより涼しくネックゲイターを着用することができます。

冬用には保温性に優れたものを

冬用にはしっかり防寒対策ができる保温性に優れたものがおすすめです。主流は保温性の高いフリース素材を使用したものが多いですが、中には体が発する遠赤外線を利用して温める特殊繊維を採用したものなども展開されています。

機能性素材を採用しているものであれば、薄手の生地でもごわつきを抑えてしっかりと防寒対策をすることができます。

タイプで選ぶ

ネックゲイターはベーシックな筒状のものから耳に掛けられるフェイスカバータイプなどいくつかの形状に分かれます。

多用途で使えるベーシックタイプ

ネックゲイター出典:Amazon

ベーシックな筒状のタイプは、伸縮性の高い素材が使われているものが多く、フィット感に優れ、シームレスな編み方で付け心地も快適です。

その伸縮性の高さから、ネックゲイターとして以外にも、ビーニーやヘアバンド、リストバンドなどとしてマルチな使い方できるのも特徴。比較的生地が薄手のものが多いので、防寒から日焼け対策までオールシーズン使いやすいタイプです。

マスク代わりに使いやすいフェイスカバータイプ

ネックゲイター出典:Amazon

目元から下の鼻や口、首元まで広範囲にカバーできるのがフェイスカバータイプ。さらに耳に掛けられる仕様のものであれば、ズレ落ちる心配もなく、スポーツシーンのマスク代わりとして使いやすいタイプです。

口元には比較的ゆとりがあるので呼吸がしやすく、顔までしっかり日焼け対策をしたい方にもおすすめのタイプです。

素材で選ぶ

ネックゲイターに使われている素材には、主にポリエステルやナイロンなどの合成繊維、フリース、ウールなどがあります。

ポリエステルは速乾性に優れ、乾きやすいのが特徴。汗を大量にかく夏用におすすめの素材で、お手入れも簡単です。また、ナイロンは防風性を高める素材として使われる場合があります。

フリースはポリエステル製の起毛素材ですが、軽量ながらも保温性や速乾性、肌触りにも優れ、防寒ギアには最適な素材です。その他、ネックゲイターには天然素材のウールも使用されており、吸湿性や保温性に優れているのが特徴。汗をかいてもムレにくく、こちらも冬用におすすめの素材です。

素材からも自分の用途に合った最適なタイプかをチェックしてみましょう。

夏用|ネックゲイターのおすすめ人気7選

ここからは、おすすめのネックゲイターを夏・冬別にご紹介!まずは、暑い夏の日でも涼しく着用することができ、紫外線から肌を守ってくれる夏向けのネックゲイターをご紹介します。

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)|ネックゲイター ジプシーカバーイット

多用途で使えるシンプルな形状

タウンユースからスポーツシーンまで高い人気を誇るアウトドアブランド「THE NORTH FACE」のマルチに使えるネックゲイター。シンプルな筒状の形で汎用性が高く、ネックゲイターとしてのみならず、ヘッドパンドやビーニー、リストバンドとしても活用できます。

ポリエステル混で吸汗速乾性が高く、UVカット機能を備えているので夏の使用にも最適。カラーやデザインのバリエーションも豊富でお気に入りの1枚に出会える人気商品です。

Columbia(コロンビア)|フリーザーゼロII ネックゲイター

汗を利用して体温を下げる冷却テクノロジーを搭載

人気アウトドアブランド「コロンビア」の夏向けネックゲイター。最先端の冷却テクノロジーである「オムニフリーズゼロテクノロジー」を採用し、暑くてかいた汗を利用して瞬時に生地の温度を下げるので冷却効果を発揮します。

吸水速乾の「オムニウィック」がサラッとした肌触りを実現し、もちろんUVカットも機能も施されています。

Columbia(コロンビア)|ディフレクターネックゲイター

冷却・サンプロテクション機能で夏でも快適

コロンビアの夏向けの機能が充実したディフレクターネックゲイター。サンプロテクション機能によりUVカット効果、さらに生地表面に施されたドットプリントが効果的に太陽光をそらし、強い日差しを軽減します。

ドライな着心地が続く吸汗速乾性に加え、冷却機能を搭載した独自テクノロジーが汗を利用して、生地の温度を下げて持続的なクーリングを提供。暑い夏でも涼しく快適に着れるネックゲイターです。

Karrimor(カリマー)|ネックゲイター

UVカットや防虫加工で登山やアウトドアシーンに最適

バックパックなどで人気の高いイギリスのアウトドアブランド「カリマー」が手掛けるネックゲイター。伸縮性を改善した素材でフィット感を高め、UVカット加工で夏の強い紫外線からも肌を守ってくれます。

さらに、虫除け効果のある防虫加工を施しているのもポイント。特に登山、アウトドアなどのシーンで重宝できるアイテムです。

EVERGREEN(エバーグリーン)|EG クールネックゲイター

吸汗速乾性や通気性抜群のクールタイプ

EVERGREENのクールタイプのネックゲイター。吸汗速乾性や通気性に優れたクールマックスを採用し、生地も薄めなので涼しく着用可能。夏の紫外線対策含めオールシーズン使えるネックゲイターです。

シームレス仕様の筒編み生地で装着感も快適。おしゃれなカモフラ柄のラインナップで、デザインにもこだわりたい方におすすめです。

Golovejoy|フェイスカバー

接触冷感やUVカットで夏に最適

コスパに優れたGolovejoyのフェイスカバー。接触冷感素材で肌に触れた瞬間に3~5度の温度の低下、UPF50+でUVカット率は98%と夏用のネックゲイターとしてパフォーマンスに優れたアイテムです。

薄手の生地で伸縮性に優れており、耳掛けもついているので、激しい運動下でもストレスなく着用でき、マスクの代用としてもおすすめです。

EXIO(エクシオ)|UVカット フェイスマスク

夏でも涼しい接触冷感!口元には通気性を高めたエアホールを搭載

コスパに優れたEXIOのネックゲイター。夏用ネックゲイターを使ったことがなく、必要性を試したいという方は、安いEXIOのフェイスマスクでエントリーするのもおすすめです。

安い価格ながらもUVカットや吸水速乾、接触冷感を備えた素材になっており、呼吸がしやすいようにエアーホールも実装されているので、スポーツシーンでも快適に着用することができます。

冬用|ネックゲイターのおすすめ人気9選

続いて、冬におすすめのネックゲイターをご紹介します。防寒対策として使えて、優れた機能性で快適に着用できるネックゲイターを厳選しています。

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)|マイクロストレッチネックゲイター

サーモライト素材で優れた保温性を発揮

ノースフェイスのサーモライト素材を使用した秋・冬向けネックゲイター。身体が発する遠赤外線エネルギーを利用して温めるハイテク繊維、光電子をミックスした素材で保温性に優れます。

立体的な形状を保つようデザインされ、ストレッチ性も高いので使い勝手、着用感も抜群。シーンを選ばないシンプルなデザインで、スポーツからアウトドア、普段使いにも重宝できるアイテムです。

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)|スーパーバーサロフトネックゲイター

厚手フリース仕上げのネックゲイター

ノースフェイスの厚手のフリース素材を使用した冬用ネックゲイターです。素材には長い毛足が特徴的で、軽量ながらも優れた保温効果を発揮するバーサテックスーパーロフトを採用。

速乾性の高いポリエステル素材で適度な通気性も併せ持ち、暖かく快適な付け心地を体感することができます。シンプルかつおしゃれなカラーリングで、デイリーユースでも活用しやすい人気商品です。

Mammut(マムート)|ネックゲイター

快適な付け心地を提供する優れた機能性

高品質なプロダクトを提供するスイス発の人気アウトドアブランド「マムート」のネックゲイターです。シームレス仕様に加え、フルストレッチ素材で快適な付け心地を実現。

速乾性も備えているので乾きやすく、お手入れも簡単です。プリント柄のデザインも豊富で、好みに合わせて選択可能。クオリティの高い仕上がりで、着用感に優れた1枚です。

Karrimor(カリマー)|フェイスカバー

抗菌・抗ウイルス加工を施した耳掛けタイプ

カリマーの抗菌・抗ウイルス加工を施したネックゲイター。ポリジン社のバイラルオフ加工が施された生地を使用し、繊維に付着した特定のウイルスを減少させる機能を備えているのが最大の特徴です。

吸水速乾性にも優れ、耳にかけられる仕様なので鼻や口元もしっかりカバーすることができます。スポーツシーンから普段使いまで、抗菌対策をしっかりしたい方、マスクの代用として使いたい方にもおすすめのフェイスカバーです。

MILLET(ミレー)|ポーラ エルゴ ネックゲイター

ドライで暖かく、高いフィット感を誇る高機能ネックゲイター

登山用バックパックなどアウトドアを牽引する人気ブランド「ミレー」のネックゲイター。軽量性、保温性、速乾性に優れたフリース素材を使用し、低温下や運動時でも常に温かくてドライな着心地を保ってくれます。

動きを考慮した立体裁断と鼻上部の形状記憶樹脂によって高いフィット性があり、さらに口元には消臭素材を使用しているので、嫌なニオイがこもる心配もありません。冬でも快適に身に付けられる機能性が満載の高機能ネックゲイターです。

NIKE(ナイキ)|ネックウォーマー サーマルフィットラップ

フリース素材で高い保温性!首元にしっかりフィットするデザイン

カジュアルからスポーツシーンまで高い人気を誇るスポーツブランド「ナイキ」のネックゲイター。サーマルフリース素材を使用しており、熱を逃さない優れた保温性能で冬のシーズンに最適です。

生地はごわつき感なく、輪郭にしっかりとフィットしカバーするデザイン。長さもあるので顔までしっかり防寒対策することができます。さらにロゴ部分は視認性を高めるリフレクター仕様で夜間のランニングなどにもおすすめです。

NIKE(ナイキ)|サーマスフィア ネックウォーマー 3.0

両面反射材使用でランニングにも最適な冬用ギア

ナイキの軽くて温かい冬用ネックウォーマー。サーマル素材を採用しているので、非常に断熱性に優れており、暖かさをしっかり持続してくれます。

ランニングなどのスポーツシーンでナイキのウエアやアクセサリーを着用することが多い方は、ナイキで統一させることでコーデの邪魔にならずおしゃれに着こなせます。

Reebok(リーボック)|サーマル ネックウォーマー

多彩なデザインで展開する多機能ネックウォーマー

フィットネスシーンで高品質なプロダクトを提供する人気ブランド「リーボック」の多機能ネックウォーマー。高い耐久性と快適さを兼ね備えるライクラ素材でできており、ネックゲイターとして、帽子やバンダナとしてなどマルチな使い方ができる商品設計です。

ロゴ部分はリフレクター付きで夜間の視認性を向上。シンプルなものからグラフィカルなものまで多彩なデザインで、スポーツシーンでもおしゃれに身につけることができます。

UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)|リバーシブルネックウォーマー

リバーシブルで使えるおしゃれなコールドギア

人気スポーツブランド「アンダーアーマー」のリバーシブルで使えるネックウォーマー。内側には無地のフリース素材で保温性能を高め、表にはおしゃれなプリント柄を施したリバーシブルデザインです。

また、ヘムも長めに設計されているので首元に風が入りにくく、しっかり防寒対策をすることが可能。ロゴ部分はリフレクター仕様で、夜間トレーニングの安全性も高めてくれます。

まとめ

ネックゲイターは、夏の日焼け対策から冬の防寒対策までオールシーズン使い勝手の良いアイテムで、アウトドアブランドやスポーツブランドを中心に機能性に優れたネックゲイターが展開されています。

オールシーズン使いやすいものから夏用・冬用として特化した機能性を備えるものまで幅広くラインナップしているので、ご自身の用途や使用する季節などに合わせて最適なものを見つけてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました