バーンマシンのおすすめ人気8選!効果や使い方も徹底解説!

おすすめのバーンマシンアイテム

短時間で爆発的に体を鍛え上げることができる画期的な筋トレ器具「バーンマシン」をご存知でしょうか?多くの格闘家やアスリートに使われたことで注目され、人気を集めているトレーニンググッズです。

そこで今回は、バーンマシンの効果や使い方を詳しく解説し、おすすめの商品をご紹介します。

スポンサーリンク

バーンマシンとは?

バーンマシンとは、アメリカで開発され流行している筋トレ器具で、日本でも格闘家などのアスリートがトレーニングに取り入れたことで注目を集めています。2つの輪が連結している構造で、輪の中のグリップを握り、ボクシングのスピードバッグを打つようにグルグルと回すことで簡単にトレーニングができます。

短時間で効率よく鍛え上げる

本体重量も3~5kg程度あり、持ち上げてフォームを維持しながらグルグルと回すだけで両腕や大胸筋、背筋、腹筋などを同時に、しかも短時間で効率よく鍛えることができます。

自宅トレーニングに最適

本体もそれほど大きくなく、少しのスペースがあればトレーニングができるので、自宅でのトレーニンググッズとして最適です。

女性も使える筋トレ器具

バーンマシンは、スチール製のハードな見た目からも男性の筋力UPのためのアイテムという印象をお持ちかもしれませんが、本体重量を抑えた軽量タイプも展開されており、筋トレ初心者や女性の方でも使いやすい筋トレグッズです。

エクササイズや自重トレーニングなどと組み合わせることでトレーニングのバリエーションも豊富。効果的にシェイプアップを目指すことができます。

スポンサーリンク

バーンマシンの効果

それでは、バーンマシンでトレーニングすることによって得られる効果について見ていきましょう。

上半身を中心に鍛えられる

バーンマシンは本体重量の負荷があるので、持ち上げるだけでもダンベルのような役割を果たします。さらにバーンマシンをグルグルと回すことで、上腕二頭筋や上腕三頭筋といった上腕筋群、三角筋など肩周りの筋肉、大胸筋、背筋、腹筋などを一度に刺激することができます。バーンマシンを持ち上げる位置を調整することで、鍛えられる筋肉の幅が広がります。

本体重量と回す動きを掛け合わせることでかなりの負荷をかけることができ、短時間で効率的に筋力アップができるのもバーンマシンの特徴です。大学協力のもと効果を検証した結果、なんと最大で腕立て伏せの7倍の効果があると実証されています。

持久力のアップ

バーンマシンは、筋力アップと共に持久力も鍛えることができます。

トレーニング開始後、ほんの数十秒で心拍数が跳ね上がります。バーンマシンを回す動作はきつく、なかなか長時間続けることができませんが、次第にスタミナがつき、筋持久力を鍛えることができます

有酸素運動によるダイエット効果

バーンマシンは、他のトレーニングとの相性もよく、使い方のアレンジがきくのでサーキットトレーニングや有酸素運動に取り入れることで、上半身のみならず下半身の筋力強化や脂肪燃焼によるダイエット効果が期待できます。

エアロビクスやステップ台などリズミカルな動きを取り入れたトレーニングで、楽しくエクササイズ、シェイプアップすることができます。

バーンマシンの使い方

バーンマシンの基本的な使い方は、バーンマシンを体の前方に持ち上げグルグルと前方向または後ろ方向に回す動作になります。25~30秒程度を1セットとし、1日3セットするだけでもかなりの負荷を与えることができます。

その他、スクワットやロシアンツイスト、ベントオーバーロウなどさまざまなトレーニングに組み合わせることで、上半身の筋肉のみならず、全身を効果的、効率的に鍛え上げることができます。

バーンマシンの選び方

ここでは、バーンマシンを選ぶ際におさえておきたいポイントを解説します。

重さで選ぶ

バーンマシン本体の重量は、2kg、4kg、5.5kg前後といった重量感のものが多く展開されています。基本的な使い方としては、本体を持ち上げてフォームを維持しながら使用するので、本体重量に応じて体への負荷も大きく変わってきます。

自分のレベルに合った重量を選ぶことがポイントになります。筋トレ経験者でトレーニング効果をあげたいという方は、5.5kg以上のタイプがおすすめ。女性や筋トレ経験が少ない方は、2kgや4kg前後といった負荷の少ない重量から始めることをおすすめします。

負荷調整機能で選ぶ

バーンマシンは、本体中央部分にダイヤルがついており、ダイヤルを回すことで回転の負荷の強弱を調整することができる商品もあります。

負荷の調整機能があれば、自分のレベルの変化やコンディションに応じて強度を調整できるので、最適な負荷でトレーニングができておすすめです。

種類で選ぶ

バーンマシンは定番モデルの他にも、リストと前腕のトレーニングに特化したタイプもあります。クルクルと回転させることはできず、グリップを内側と外側に交互にひねるだけのシンプルな動作で部分的に強化することができます。

軽量で価格も安いので、リスト、前腕のトレーニングに特化したいという方はこちらのタイプも検討してみましょう。

バーンマシンのおすすめ人気8選

ここからは、厳選したおすすめの人気商品をご紹介します。定番モデルから、女性や初心者でも使いやすいモデル、コスパ重視の方におすすめの安いモデルなど幅広く厳選しています。

The Burn Machine バーンマシン


全身の筋トレ&有酸素運動ができる定番モデル

胸や肩、背中、脚といった全身の筋トレと有酸素運動が可能。自宅でのサーキットトレーニングに最適のアイテムです。

重量は5.5kgと適度な重量感、筋トレ経験者におすすめのアイテムです。

重量5.5kg
材質鉄鋼(スチール)
サイズ38cm×19cm×3cm

The Burn Machine バーンマシン2


重量調整を可能とした「バーンマシン2」

バーンマシンの進化バージョンであり、1本422gの荷重バー2本を着脱することで重量調整を可能としました。さらに抵抗ダイヤルで回転の負荷も調整することができます。

円形のグリップはラバー製で汗をかいても滑りにくく回しやすい設計に。調整機能付きで初心者や女性のトレーニングにもおすすめの商品です。

重量約3.7kg(重量調整可)
材質プラスチック/鉄鋼
サイズ38cm×21cm×3cm

The Burn Machine スマートバーンマシン


本体重量1.8kgで女性でも使える軽量タイプ

「スマートバーンマシン」は、本体重量を抑えた軽量タイプで、筋トレ初心者や女性でも使いやすい仕様になっています。レッドを基調としたカラーリングで、定番モデルと比べても女性が手に取りたくなるデザインになっています。

重量約1.8kg
材質鉄鋼(スチール)
サイズ38cm×19cm×3cm

グリットマシーン レギュラー


著名アスリートも愛用の本格派バーンマシン

矢地祐介選手など数々の著名な格闘家、アスリートが使用しているのが「グリットマシーン」。5.5kgの重量で上半身を中心に自宅での時短筋トレに最適です。

また、サーキットメニューなどと組み合わせることで、代謝やスタミナも効果的に向上させることができます。

重量5.5kg
材質アクリル
サイズ37 x 3 x 17 cm

レッドリアル バーンリズム


価格重視の方におすすめの高コスパアイテム

「レッドリアル」のバーンマシンは価格が安くてリーズナブルなので、価格重視の方におすすめしたい商品です。重量は3.7kgまたは5.5kgから選択できるので、男性・女性問わず使用することができます。

重量3.7kg、5.5kg
材質鉄鋼(スチール/亜鉛メッキ)
サイズ38cm×19cm×3cm

IPS Club スピニングバーン


2種類の重量パターンで男性・女性問わず使える

「スピニングバーン」は、女性でも使用できる重さ3.7kgと男性の筋トレにおすすめの5.5kgの2種類の重量パターンから選べます。

グリップ部分にはラバー素材を採用し、汗で滑る心配はありません。また、付属品としてリストラップ2つが付属しており、手首を痛めないための補助サポーターとして使うことができます。

重量3.7kg、5.5kg
材質鉄鋼(スチール)
サイズ36cm × 17.5cm × 2.5cm

バランスボディ研究所 アームマッチョ


リストと前腕のトレーニングに特化した筋トレグッズ

「アームマッチョ」は、基本的にハンドルを両手で握って、内側と外側へ交互に回すだけのシンプルなトレーニング。リストと前腕、上腕三頭筋の強化に特化した筋トレ器具です。

目的に応じて10kg、15kg、20kgの3つの強度から選択できるので、トレーニングのみならず怪我の予防やリハビリにも最適です。

重量840g
材質ポリウレタン、プラスチック、特殊スプリング
サイズ22cm × 41cm × 3cm

ボディメーカー(BODYMAKER) アームストロンガー


ひねりの動きで上腕・前腕を集中的に鍛えるトレーニングギア

多くのトレーニングギアを手掛ける人気メーカー「BODYMAKER」から販売されているバーンマシン。スプリングが内蔵されており、こちらもひねりの動きで上腕・前腕のトレーニング用に特化した商品です。

使用方法も簡単で、自宅の小スペースで気軽にトレーニングが可能。上腕・前腕を集中的に鍛えたい方におすすめです。

重量
材質ABS樹脂、スプリング
サイズW39cm×H20cm

コメント

タイトルとURLをコピーしました