アームバーのおすすめ人気10選|自宅で大胸筋を鍛えよう!効果的な使い方もご紹介

おすすめのアームバーアイテム

大胸筋(胸筋)を鍛えるのに使えるのがアームバー。自宅で隙間時間に簡単に筋トレができて、納得のいく胸筋を手に入れることができます。

そこで今回は、厳選したおすすめのアームバー をご紹介します。選び方のポイントや鍛えられる筋肉の部位、効果的な使い方も合わせて解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

アームバーとは?

アームバーとはスポーツ用品店などで売っている自宅で使える筋力トレーニングツール。ばねの反発力を利用してアームバーを曲げ伸ばしすることで上半身を鍛えることができます。

トレーニングのやり方によって上半身の鍛える部位を変えることができます。場所を取らずにコンパクトなうえ、リーズナブルな安い価格で手に入れることができるので、使いやすいアイテムです。

アームバーで鍛えられる筋肉の部位と効果的な使い方

アームバーを使えば、大胸筋を中心に上半身を鍛えることができます。ここでは「大胸筋」「背筋」「腕(上腕二頭筋、上腕三頭筋)」を鍛える時のアームバーの効果的な使い方をご紹介します。

大胸筋(胸筋)

まずは大胸筋の鍛え方をご紹介します。

アームバーのグリップ部分をしっかりと両手で持ち、腕を伸ばした状態で肩の高さまで地面と平行にもちあげます。その状態で大胸筋を内側に絞り込むようなイメージで、アームバーを折り曲げると大胸筋を鍛えることができます。

肘を曲げないままアームバーの折り曲げをできるとさらに効果的です。

背筋

アームバーを使って背筋を鍛えることもできます。

やり方はアームバーを頭の後ろ地面と平行になるように持ち、グリップ部分を握ります。胸をしっかりと張り、頭を囲うような感じでアームバーを曲げていくことで背中の筋肉を鍛えることができます。

アームバーの負荷が強すぎるとなかなか曲がらないので、ちょうどよい負荷のものを選びましょう。

腕(上腕二頭筋、上腕三頭筋)

アームバーを使って腕をメインに鍛えたい場合は、腕を軽く曲げた状態でお腹の前にアームバーを構えます。その状態で順手でグリップを握り、アームバーを折り曲げすれば上腕三頭筋のトレーニングに、逆手でそれを行えば上腕二頭筋のトレーニングになります。

やり方を変えることで使われている筋肉が違っていることを意識しながら行いましょう。

アームバーの選び方

アームバーを選ぶ際におさえておきたいポイントをご紹介します。

負荷の大小で選ぶ

アームバーには負荷が設定されており低いものだと20kgくらいから、負荷の大きいものになると80kgくらいのものがあります。

これからトレーニングをしたい方や、女性の方は最初は軽いものでないと得られる効果も減ってしまいます。逆に筋力のある人が軽すぎるものでやっても得られるものは少ないです。自分に合った負荷のものを選びましょう。

グリップの感覚で選ぶ

アームバーを選ぶ際に気を付けたいのがグリップです。アームバー自体リーズナブルに手に入りますがその中でも、グリップがゴム製のものや、スポンジ、プラスチックのもの等種類があります。

自分にとって太すぎたり細すぎたりする場合も力がうまく入りません。滑りにくく、手が痛くなりにくい、自分にあったものを選びトレーニング効果を上げましょう。

アームバーのおすすめ人気10選!

ここからは厳選したおすすめのアームバーをご紹介します。選び方のポイントをおさえて自分に最適なアームバーを見つけましょう。

アルインコ アームバー WB232SR



これからトレーニングをやりだしたい方や、女性の方向けのアルインコのスタンダードなアームバーです。

軽めの負荷なので初心者でも簡単に扱うことができます。これ一本で背中や腕、肩なども鍛えることができる優れたアイテムがこの価格で手に入るのはお買い得ですね。自宅での隙間時間にピッタリのアイテムです。

ORA エクササイズ アームバー



ORAのエクササイズ、アームバーは光沢のあるなブラックが印象的なアームバーです。

ハンドル部分は滑りにくいプラスチックの上にさらに、滑りにくいゴム製のグリップを使用し滑り止めを強化しました。ゴム製グリップもアームバーから簡単に外れることはありません。

負荷は20kgから60kgまで幅広く用意してあるため自分の筋力に合ったものを見つけることができます。

アルインコ アームバーWB233LH



筋力トレーニングやエクササイズ用ツールを豊富に取り扱うアルインコの負荷35kgのアームバーです。

折り曲げ部分のばねがゴムで覆ってあるので、万が一ばねが切れてしまったという場合にも安心の設計です。また体の一部や髪の毛をばねに挟む心配もなくトレーニングできます。

握りやすいグリップはゴム製で、細かい突起を施すことで滑りにくくなっています。

エクリア スポーツ アームバー



エクリアスポーツのアームバーの特徴は何といってもそのデザイン。ごつごつとした、ブラックのイメージのあるアームバーですが、ホワイトとオレンジのカラーリングはおしゃれで柔らかい印象になっています。

ばねを覆うことで安全に配慮した設計に仕上げました。部屋のインテリアにも馴染む女性におすすめのアイテムです。

トレーニングダンパー



特徴的な見た目のアームバー。たいていののアームバーが真っ直ぐ形状ですが、このアームバーは中央部分から降り曲がった角度の付いた形状になっています。角度がついているので折り曲げやすくトレーニングしやすくなっています。

また、グリップ部分が左右で2つずつ、ついているのでアームバーを長く持つ、短く持つことで簡単に負荷を調節することができます。

アルインコ パワーアップバー



ぐにゃっと曲がった形が特徴的なアルインコのアームバー。カラーリングもアームバーではなかなか見かけないカラーなので目を引きます。持ち手を短くすること、長くすることで簡単に負荷の調節が可能です。

また、組み立て式になっており、使わないときはワンプッシュで分解してしまうことも可能な便利なアームバーです。

Suprosper  アームバー



Suprosper のアームバーの特徴はこれ一つで自由に負荷を調節することが可能ということです。自分の筋力に合わせて30kg-120kgまで負荷の調節が可能です。

通常のアームバーに比べて複雑な造りに見えるかもしれませんが初心者の方でも、説明書がついているため安心して、安全に使用することが可能です。

LITEC アームバー



シンプルなLITECのアームバーです。アームバー中心部分にあるスプリングを覆うことで安全、安心設計になっています。

負荷は25kgで初心者や、女性にはやりやすい負荷かもしれません。グリップ部分もゴム製になっていてすべりにくくなています。シンプルに余計な機能をそぎ落としたアームバー、ぜひお試しください。

stan Arm exercise bar



stanのアームバーは初心者から上級者まで対応するハイスペックのアームバーです。

負荷を4段階で調節可能で、これ一本でアームバー4本分の働きをしてくれます。一見大きく場所をとるように見えますが。厚さ3.5cmなので隙間などに簡単に収納することもできます。

上半身を全体的に鍛えることができるのでこれがあればジムに行かなくても済んでしまうかもしれません。

フェリモア 女性用アームバー



フェリモアのアームバーは少し変わったみかけのアームバーです。

通常のアームバーはばねを使用したものですが、この商品はゴムの負荷によってトレーニングすることができます。ゴムの負荷は4段階で調節可能で最大20kgまでとなっています。

腕を太くはしたくないけど、筋肉質な形が欲しいといった方にはおすすめのアイテムです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました