ランニング用アームバンドおすすめランキング!スマホ収納と防水機能

ランニングアームバンドアイテム

ランニング中に距離やスピードを計測するためにスマホアプリを使っている方も多いかと思います。

でもスマホは重さもあるため、ランニング中に邪魔と感じることも少なくないでしょう。

そこで、ランニングを快適にしてくれるアームバンドをご紹介します。

スポンサーリンク

ランニング用のアームバンドとは?

一般的にアームバンドはシャツの裄丈を合わせるために、腕部分にはめるものを指します。

一方でランニング用アームバンドは、ランニング中に必要な物を持ち運ぶために腕にはめます

スマホを腕に固定

ランニング用アームバンドの利用用途で多いのが、スマホを腕に固定する目的です。

ランニング中は距離やスピード、消費カロリーなどをスマホアプリで計測する方が増えてきました。しかし、重さが出てしまうスマホは邪魔になることも多く、腕なら気になりづらいという方がアームバンドで固定します。

アームバンドの代用品

ランニング中にスマホなどを持ち運ぶためのアームバンドの代用品としては、ランニング用ウエストポーチランニング用斜めがけポーチを検討される方が多いです。

どのアイテムがいいかは好みが分かれるので、ランニング中にもっとも揺れが気にならない部位がどこかを考えてみましょう。

スポンサーリンク

ランニング用のアームバンドの選び方

ランニング用にアームバンドを選ぶ場合は以下のポイントに注意して選びましょう。

防水機能

ランニング中に雨が降ってきた場合、アームバンドの中身を守るためにも防水機能はマストと言えます。

また夏だとアームバンドを肌に直接巻きつけるため、汗からも荷物を守らなければいけないため、肌と接する面にも防水性が必要になります。

邪魔にならない・走りにくくない

アームバンドをつけてランニングがしづらくなってしまっては本末転倒です。

まずは腕に揺れを感じることが自分にとって気になるのかならないのかをイメージしましょう。気になる方は、他にスマホを持ち運ぶ手段を考えなければいけません。

少しの揺れは問題ないのであれば、揺れを軽減できるフィット感が高く、スマホを固定できるサイズ感のアームバンドを選びましょう。

フィット感はバンドの素材や締め付け具合、スマホの固定はスマホのサイズとアームバンドの容積をみて隙間が極力少なくなるように選びましょう。もし、スマホ以外にカードなども収納する場合にはその分の余裕も考えなければいけません。

洗濯ができるか

アームバンドは肌に直接巻きつけることもあり、汗で汚れてしまいます。そのため、洗濯ができるのかは以外に重要なポイントになります。

洗濯表示を確認し、家庭で洗濯できるアームバンドを選ぶようにしましょう。洗濯表示がない場合にも基本的にはポリエステル、ナイロン、綿などであれば家庭での選択が可能です。特殊な素材の場合は注意してください。

ランニング用アームバンドおすすめランキング

ランニングで使えるおすすめアームバンドをランキング形式でご紹介していきます。

第1位:VUP ランニングアームバンド



VUPのランニングアームバンドは、二の腕から手首までどこにでも巻けるので、好みに合う部位に装着できます。

スマホは専用ゴムで固定するため、ランニング中に簡単に操作も可能。またスマホを360度回転させることができるため、ランニング途中に向きを変えたあらゆる操作を可能にしてくれます。

4-6.5インチのiPhone/Androidスマホなら全てに対応しているのでサイズも問題ありません。

難点としては、カバーがないため防水帯でないスマホの場合、雨などに濡れないように使わないといけません。

第2位:MPOW ランニングアームバンド



MPOWのランニングアームバンドは潜水服と同じ素材し、使用した非常に防水機能が高いため、雨や汗から中身を守ってくれます。内側の素材は滑りにくく、擦れによる肌へのストレスも少ない素材になっています。

鍵とイヤホンケーブル専用の収納スペースを完備しており、イヤホンや充電ケーブルを差し込めるスペースもあるなど、細かい部分にも気の利く設計です。

第3位:アディダスパフォーマンス スマホ用アームバンド



スポーツの中でも特にランニングに力を入れているアディダスは、ランニング専用ギアも豊富に揃います。

カモフラ柄のアームバンドは、マットな素材を使用し、さまざまなコーデやシーンフィットするデザインです。

軽量性を高めたヒートプレス構造、防水加工を施したタッチスクリーン対応のウィンドウ、カード収納など、機能性も申し分ありません。

第4位:VUP ランニングアームバンド180度回転



1位で紹介したVUPランニングアームバンドの旧モデルです。

新モデルはは360度回転が可能なのに対して、旧モデルは180度回転しかできません。他の機能性はそこまで大きな違いはありませんが、古いモデルなのでやや安価で購入できるメリットがあります。

第5位:Bone ランニング スマホ アームバンド



Boneのランニングアームバンドは無駄を削ぎ落とした軽量性に特化したデザインになっています。

バンド部分には伸縮性の優れたウェットスーツ生地をしようし、通気性も高いため、装着時の不快感を軽減しています。

バンドとパッドは分離ができ、それぞれが水洗い可能で、いつでも清潔に保てます。またバンド部分の別売もしているので、消耗してきたら取り替えが可能で長く使用できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました