ランニングリュックのおすすめ12選|揺れない人気モデルに通勤ラン向けも!

おすすめのランニングベストアイテム

長時間のレースやトレイルラン、通勤ランなどランニング中に持ち運びたい物が多い!という方にはランニングリュックがおすすめです。

そこで今回は、ランニングリュックの選び方や押さえておきたい人気ブランドを解説し、おすすめの人気商品をご紹介します。ノースフェイスやサロモン、ナイキなどの人気ブランドの商品から口コミでも評判の高コスパ商品まで、幅広く厳選しているのでぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

ランニングリュックとは?

ランニングリュック出典:Amazon

ランニングリュックは、ランニングバックパックともいいますが、基本的には呼び方の違いで同じものを意味します。

ポーチやベスト、リュックサックタイプなど複数種類あるランニングバッグの中でも最も収納力に優れるのがランニングリュック。長時間のランニングやトレイルラン、通勤ランなどより多くの荷物を持ち運びたい場合に役立ちます。

背負いながらでも快適に走れるよう軽量でフィット感が高い設計のため、荷物の揺れも軽減することができます。また、取り出しやすい位置に収納ポケットを多く搭載しているモデルが多く、走りながらでも簡単に物の出し入れができるよう利便性を高めています。

スポンサーリンク

ランニングリュックの選び方

ランニング用リュックサックを選ぶ時に押さえておきたいポイントをみておきましょう。

容量で選ぶ|必要な物が収まる最低限の容量がおすすめ

ランニングリュックを選ぶ際にまず気を付けたいのが容量です。数Lから大きいものでは20Lのものもあります。大きければ良いというわけではなく、必要な荷物が収まるギリギリの容量で選ぶのがおすすめ。ランニング時に荷物がリュックサックの中で揺れる走りにくさを軽減することができます。

日々のランニング、トレーニングで、飲み物やスマホ、小物など最低限の物を持ち運ぶ場合は、5L前後の少ない容量で十分でしょう。

トレイルランや長時間のレースなど、レインウェアや防寒着といったウェア類など荷物が増える場合は、10~15L程度の大きめの容量が目安。通勤ランなどでさらに持ち運ぶ物が増える場合は、15~20L程度を目安にすると良いでしょう。

まずはご自身の利用シーンや荷物の量を整理して、適度な容量のリュックを選べるようにしましょう。

用途・シーンで選ぶ|通勤や普段も使うのか

トレーニングのランニングだけで使うのか、他の用途で使うのかも整理しておきましょう。

通勤で使うのであればリュックの色や収納の利便性についても非常に重要なポイントになります。普段使いも想定するのであれば、私服のコーデに合うデザイン性を求めることになるでしょう。

フィット性で選ぶ|ベルトで揺れを軽減

ランニングリュックを検討する上で気になるのがリュックサックが揺れないかという点。揺れてしまうとランニングに集中できないばかりか、フォームが安定せず疲れやすくもなりますよね。

ランニング用に作られたリュックであれば、身体にフィットするよう考慮して設計されていますが、加えて胸やウエスト部分の調節ベルトでリュックを身体にしっかり固定できるタイプがおすすめです。最低限ベルトの有無はチェックしておきましょう。

ポケットで選ぶ|取り出しやすい位置やボトルポケットの有無など

メインコンパートメントが背中に位置するリュックタイプにおいて、ポケットの数や収納力、位置などもランニングに影響を与えてきます。

ボトルホルダーやハイドレーション対応をチェック

ランニング中にスムーズな水分補給を実現するためには、ボトルポケットがあるタイプがおすすめ。さらに走りを邪魔せず取り出しやすい位置にあるかもポイントです。また、トレランなどでハイドレーションパックを使う方は、ハイドレーション対応モデルかも確認しておきましょう。

利便性を高めるフロント部分の収納性をチェック

その他、ショルダーベルト部分やウエストポケットなど、フロント部分に補給食やスマホなどを収納できるポケットがあれば利便性が向上します。取り出しやすいフロント部分の収納性もチェックしておきましょう。

通気性で選ぶ|背面やショルダーベルトの素材にも着目

優れた収納力で長時間のランニングやレースで使われることが多いリュックタイプ。長時間着用すると身体と接する部分がムレてしまい、不快に感じてしまいます。

そこでランニングリュックを選ぶ場合は、通気性も重要なポイントです。特に身体と接する背面やショルダーベルト部分の素材に着目。通気性に優れたメッシュ素材を使用し、ムレを抑える商品が展開されています。

軽量性で選ぶ|軽快な走りをサポート

ランニングシーンで使うものなので、リュックが負担にならず軽快に走れるよう、軽量性に優れたモデルがおすすめです。

軽量化するために生地を薄くしてあるだけでは、すぐに破れてしまうなど耐久性に問題がある場合も。ただ単に軽いだけではなく、素材の強度もチェックしておきましょう。

その他の機能性で選ぶ|防水・リフレクター・お手入れ方法など

その他にチェックしておきたい機能性としては、防水機能、リフレクター機能、お手入れ方法などです。

汗や雨から荷物を守るためにもリュックの防水性は備えておきたい機能。リフレクターが付いていれば、夜間のランニングやトレイルラン、夜道を走る通勤ランでも安心です。

また、大量の汗で汚れるランニングリュックは毎回お手入れが必要になってくるので、手洗いか、洗濯機でも洗えるのかなどは意外と大切なポイント。洗濯表示等がない場合は素材から判断する必要がありますが、ランニングリュックにもよく使われるナイロンやポリエステルであれば、水洗いできる場合がほとんどです。

ランニングリュックのおすすめ人気ブランド

人気の高いランニングリュックを展開するおすすめブランドをご紹介します。

THE NORTH FACE|ノースフェイス

ノースフェイスは創業50年以上も経つ老舗アウトドアブランドです。ノースフェイスのアイテムはデザイン性が高いので、カジュアルシーンでも多く取り入れられており、多くの人がおしゃれに着こなしています。

また、ビジネスシーンでもノースフェイスのリュックやバッグを持ち歩いている方も多くいます。デザイン性と機能性の両立ができるブランドだからこそさまざまなシーンで活用されるのでしょう。

ランニング用としては、レース用バックパックとして高い人気がある「マーティンウィング」シリーズを展開。さまざまな容量のリュックがラインナップしているので、持ち運ぶ物やシーンに合わせて最適なタイプを選ぶことができます。

SALOMON|サロモン

フランスで1947年に誕生し、マウンテンスポーツをリードする人気ブランドがサロモン。冬はスノーボードといったウィンタースポーツ、夏はトレイルランやハイキングなど山に関わるギアを展開しており、ランニングギアも充実しています。

ランニングリュックは、定番人気モデルの「トレイル」シリーズを筆頭に、トレイルブレイザーなどさまざまなタイプのバックパックを販売し、機能性に優れたランニングポーチやハイドレーションアイテムにも人気があります。

NIKE|ナイキ

ヴェイパーフライの発売でランニングシューズ界でも一躍名を上げたナイキは、ランニングシューズ以外にもさまざまなランニングギアを販売しており、高い人気があります。

素材や機能のクオリティの高さに加え、洗練されたスタイリッシュなデザインも人気を集める理由の1つ。日々のランニングからレースや通勤ランなど幅広いシーンで活躍してくれるブランドです。

mont-bell|モンベル

1975年に日本で生まれたアウトドアブランドです。「Function is Beauty(機能美)」と「Light & Fast(軽量と迅速)」をコンセプトとしており、機能性が高くて軽いリュックを多く取り揃えています。

容量ごとに機能性の高いリュックが取り揃えられ、その数は数十種類にも及ぶため、モンベルだけで選んでも求めるリュックに出会えるブランドです。

ランニングリュックのおすすめ人気12選

ここからは、おすすめのランニング用リュックをご紹介します。ノースフェイスやサロモン、ナイキなどが手掛ける人気商品からコスパの高さに定評がある商品まで幅広く厳選しています。

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)|マーティンウィング10

高い人気を誇るマーティンウィングシリーズ中型モデル

レース用ランニングバックパックとして高い人気を誇るノースフェイス「マーティンウィング」シリーズです。両肩ひもには500mlのペットボトル収納が可能です。ウエスト両サイドにも豊富な収納力を備えています。

ポケットが豊富で、小分け収納ができ、整理整頓しやすい構造となっています。ヒップベルト裏側に滑り止めテープでランニング中もずれにくい仕様になっています。

素材ナイロン
容量10L
サイズタテ48cm×ヨコ21cm×マチ7.5cm
重量
機能ボトルポケット, リフレクター,
バンジーコード, ハイドレーション

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)|マーティンウィング6

日々のランにも使える利便性を追求したシリーズ小型モデル

ノースフェイスの人気シリーズ「マーティンウィング」の小型モデル。絶妙な6L容量かつシンプルな仕上がりでレースだけでなく、日々のロードラン、トレーニングにも使いやすいモデルです。

J型のメインコンパートメントはサイドからもアクセス可能で、本体下部にはランニング中も収納しやすいポケットを配置するなど、さらなる利便性を追求しています。日々のランに機能的な人気ブランドも求める方におすすめの人気商品です。

素材ナイロン
容量6L
サイズタテ44cm×ヨコ19.5cm×マチ6cm
重量
機能ボトルポケット, リフレクター,
バンジーコード, ハイドレーション

SALOMON(サロモン)|トレイル10

シンプルかつ軽量で幅広いシーンに使える

サロモンの人気の定番バックパック「トレイル」シリーズ。10Lと20L容量のラインナップで、シンプルで使い勝手の良いデザインは汎用性が高く、ランニングやハイキング、通勤ラン、タウンユースと幅広く使えます。

背面パネルとショルダーハーネスを一体成型することで生み出される高いフィット感が特徴。さらに細身のシルエットにすることで肩甲骨の動きを妨げず、ランニングでも快適に腕を振ることができます。シンプルで汎用性の高いリュックが欲しい方におすすめのモデルです。

素材ナイロン
容量10L / 20L
サイズタテ44.5cmxヨコ19cmxマチ15cm
重量290g
機能

SALOMON(サロモン)|トレイルブレイザー 20

人気トレイルシリーズ後継モデル!汎用性の高いバックパック

見た目がシンプルでスタイリッシュかつ軽量で着用が便利なサロモンのTRAILBLAZER 20です。背面にEVAフォームを使用し、快適なクッション性とフィット感が魅力です。

収納容量20Lとランニングリュックとしては大容量を誇ります。中のコンパートメントには吊り下げ用スリーブが入っており、PCやタブレットなどの電子機器を収納するのにもおすすめです。

素材ナイロン
容量20L
サイズ48 x 24 x 18cm
重量414g
機能ボトルポケット, ハイドレーション

NIKE(ナイキ)|ラン コミューターバックパック

スタイリッシュなデザインと収納力は通勤ランにも最適

ランニングシーンでも高い人気を誇るスポーツブランド「ナイキ」の15Lランニングリュック。走行時の揺れを軽減するデザインに、調節可能なショルダー&チェストベルトでフィット感を高めることができます。

背面とハーネスには通気性のあるメッシュ素材で涼しく、容量の大きいメイン収納には小物やウェアがしっかり入ります。街中にも映えるスタイリッシュなデザインは、通勤ラン用にもおすすめです。

素材ポリエステル
容量15L
サイズ約W33.5cm×H47cm×D16cm
重量約390g
機能リフレクター, ハイドレーション

asics(アシックス)|ランニングバックパック

トレイルランや長距離レースに最適なリュック

アシックスのコンパクトなランニング用バックパック。通気性の高いメッシュ素材をメインに軽量化を追求した作りで、ランニング時にも快適な付け心地を体感することができます。

前側にはペットボトルやジェル専用のポケットを配置し、利便性を向上。メインコンパートメントにはレインウェアなども楽に収納することができ、見た目以上に収納力にも優れたリュックです。

素材ナイロン, ポリエステル
容量
サイズW25×H40×D10cm
重量
機能リフレクター, ハイドレーション,
ボトルポケット, バンジーコード

GREGORY(グレゴリー)|ミウォック12

シリーズ最小モデルで激しいアクティビティにも

フロントのファスナーポケットは、サングラスや電子メディアをプロテクトするソフトタッチのパッド入りで安心の設計です。収納がたっぷりのヒップベルトは伸縮性に優れ、しなやかにバックパック全体を支えます。

シリーズ最小サイズのミウォック12は、ハイキングや長距離のトレランなど激しいアクティビティまで幅広く対応します。

素材外装:ナイロン100%
内装:ポリエステル100%
容量12L
サイズ
重量550g
機能ハイドレーション

MILLET(ミレー)|トレイルランニングバッグ インテンス15

効率的なコンプレッションシステムで揺れにくい

15リットル収納可能でランニングだけでなく、シティサイクル、デイバックとしても使える超軽量バックパックです。ウエスト部分のストラップを引くだけで身体にジャストフィットする「Speed Fit」で、簡単に自分の体型にカスタマイズ可能です。

速乾性の高いメッシュ素材で、運動時も快適。ショルダーハーネスにはペットボトル収納が可能で運動しながらの水分補給に便利です。2カラーの配色が目立ったおしゃれ感が際立ちます。

素材ナイロン
容量15L
サイズ
重量360g
機能ボトルポケット, コンプレッションシステム

TRIWONDER|ランニングリュック

軽量かつフィット性にも優れ、収納ポケットも多数あり

TRIWONDERのハイドレーション収納可能なランニング用リュック。わずか250gと軽量性が抜群で、サイドのベルトでフィット感も調整できるので、走りを邪魔しない快適な着用感を得ることができます。

また、小物収納に便利なポケットのバリエーションが豊富。ボトルポケットに加え、ジッパーポケットやカードポケット、スマホホルダーなど仕分けしてきれいに収納することができます。カラー展開も豊富で自分の好みで選べる人気商品です。

素材ナイロン
容量5.5L
サイズ対応バスト:80-120cm
重量250g
機能防水, リフレクター, ボトルポケット,
ハイドレーション

KEYNICE|ランニングリュック

収納性も良く、コンパクトで使い勝手抜群!

KEYNICEの8L容量のランニングリュック。使い勝手の良い程よい容量でランニングやマラソン、トレラン、サイクリングなど幅広く活用することができるアイテムです。メインポケットにはハイドレーションが収納でき、前後左右に計4つのボトル収納可能なポケットあり。もちろん他の小物入れにも使うことができ取り出しがスムーズです。

表面は防水性に優れ、背面やストラップ部分は通気性に優れた素材で長時間の使用でも蒸れにくく快適。価格がリーズナブルでコスパの高さが人気のおすすめ商品です。

素材
容量8L
サイズ高さ40×幅23×マチ12cm
重量350g
機能防水, リフレクター, ボトルポケット,
ハイドレーション

Sross|ランニングリュック

軽さや作りに定評がある高コスパリュックサック

コスパの高さに定評があるランニング用リュック。重さはわずか360gと軽量性に優れ、防水性、耐久性に優れた生地で急な雨などでも安心して使用することができます。

メッシュポケットやウエストポケットなど各種ポケットも取り揃え、必要なものを整理して収納でき、出し入れも簡単。さらにリュック自体もコンパクトに折りたたむことができます。価格の割りに軽さやしっかりした作りに定評がある高コスパリュックです。

素材ナイロン, ポリエステル
容量15L
サイズH60×D46cm
重量360g
機能防水, リフレクター

Karrimor(カリマー)|ランニングバックパック X Lite 15L

老舗アウトドアブランドの軽量ラン用バックパック

イギリスの老舗アウトドアブランド「カリマー」が提供するランニング用軽量バックパック。山岳用ギアだけでなく、ランニングギアにも注力しているランナー注目のブランドの1つです。

15Lの容量があるので必要なものを余裕を持って収納することが可能。メインコンパートメント以外にもジッパー式サイドポケットなど利便性も高く、大型ロゴがリフレクターになっているので夜間のランも安心です。海外ブランドでおしゃれにキメたい方にもおすすめです。

素材
容量15L
サイズ縦48.5cm×横30cm×幅11.5cm
重量約384g
機能ハイドレーション, リフレクター, バンジーコード

その他のランニングバッグも要チェック!

その他にも、必要な物を収納できてランニング時に使えるランニング用ウエストポーチやアームポーチなどもチェックしておきたいアイテムです。

まとめ

今回は、ランニング用リュックの人気ブランドやおすすめの人気商品をご紹介しましたが、いかがでしたか?

ランニング中に使うものなので、容量やフィット感、ポケット、通気性、軽量性など、より快適に使うためにはチェックしておくべきポイントが多くあるのがランニングリュックです。人気ブランドから選ぶも1つ、コスパに定評がある商品を選ぶも1つ。ご自身のランニングシーンに最適なリュックで、より快適なランニングライフを送ってください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました