バランスボードのおすすめ人気12選|効果や使い方も徹底解説!体幹を鍛えよう

おすすめのバランスボードアイテム

バランスボールと違って、省スペースで気軽にエクササイズができると人気を集めているバランスボード。
試してみたいけど、実際どんな効果があるの?使い方は?と疑問に思われている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、バランスボードの効果や使い方、選び方のポイントを徹底解説し、厳選したおすすめの商品をご紹介します。

スポンサーリンク

バランスボードとは?

バランスボード
出典:Amazon

バランスボードとは、主に直径約30cmほどの円盤の形状をしたボードで、ボード上でバランスとることで体幹やバランス感覚を鍛えることができるフィットネスグッズ。自宅で気軽に「ながら運動」ができると人気が高まっており、「バランスディスク」や「バランスクッション」などとも呼ばれます。

マルチな使い方ができる

基本的な使い方は、シンプルにバランスボードの上に座ったり、立ったりしてバランスをとります。バランスを崩さないよう体勢を保とうとすることで体幹を刺激することができます。

加えて、通常の腕立て伏せやスクワット、プランクと行った体幹トレーニングにバランスボードを併用することで、より負荷をかけたトレーニングが可能。さらには、ゴルフや野球のスイング練習をバランスボード上で行うことで、フォームの安定性を高めるのに効果的です。

シンプルなデザインですが、このように目的に応じてマルチに使えるのがバランスボードです。

省スペースで持ち運びも可能

バランスをとるフィットネスグッズの代表格としてバランスボールがありますが、バランスボールよりも大幅にコンパクトでスペースも取らないので、自宅での置き場所にも困らず、持ち運びにも便利なアイテムです。

価格も安くてコスパが高い

バランスボードは、Amazonや楽天などの通販市場で1,000円〜2,000円程度で購入することができます。安くて気軽に購入できる価格帯というのも人気を集める理由の一つ。さらに前述の通り様々な使い方ができるので、非常にコスパが高いアイテムと言えます。

スポンサーリンク

バランスボードの効果とは?

バランスボードを使ってトレーニングをすると、主に体幹やバランス機能を鍛えることができます。

体幹とは、全身から頭、両腕、両足を除いた「胴体」のすべての筋肉のことを指します。体幹には表層筋と深層筋があり、体の表面に近い部分にある筋肉が表層筋と言います。体の内側の深い部分にある筋肉を深層筋と言い、よく聞かれる言葉でインターマッスルとも呼ばれます。

体の軸となる腹直筋、脊柱起立筋といった体幹筋やインナーマッスルを鍛えることができるため、さまざまな効果が期待できます。
主にアスリートのパフォーマンス向上を目的として、取り入れられることが多いですが、健康、美容の観点からも多くのメリットがあり、近年女性のエクササイズとしても注目が集まっています。

主に期待できる効果は以下の通り。

  • スポーツパフォーマンスの向上
  • バランス感覚の向上
  • ダイエット効果
  • 姿勢・猫背の改善、スタイルが良くなる
  • 肩こり、腰痛の改善

体幹部分には大きい筋肉が多数存在するため、体幹を鍛えることで筋肉量が増え、基礎代謝が上がり、痩せやすい体質、ダイエットしやすい体質に改善していくことができます。

また、体幹を鍛えることで全体的な筋力強化、骨を支える役割を担うインナーマッスルの強化により、猫背などの姿勢改善、肩こりや腰痛の改善効果も期待できます。

バランスボードの使い方

ここでは、バランスボードのおすすめの使い方、トレーニング方法をご紹介します。バランスボードを併用することで、より効率的に負荷をかけてトレーニングすることができます。

プランク


腹筋広背筋、さらにはインナーマッスルと広範囲に体幹を鍛えることができる「プランク」。アスリートのトレーニングもよく取り入れられており、おすすめのトレーニングです。

トレーニング方法
  1. うつ伏せの状態で肘の下にバランスディスクを敷く
  2. つま先を地面につき体を浮かせる。肘とつま先の2点で体を支える
  3. 30秒〜50秒程度体を浮かせた状態をキープする
  • お尻が上がったり、腰を反ったりせず体のラインを真っ直ぐにする
  • 頭を下げたり、正面を向かず真っ直ぐにする

ダイアゴナル


ダイアゴナルもアスリートによく取り入れられている体幹トレーニング。主に腹直筋腹斜筋、肩の三角筋、お尻の大殿筋太もも裏と体幹全体を幅広く鍛えることができます。

トレーニング方法
  1. 四つん這いの状態で、片膝の下にバランスディスクを敷く
  2. 片手と逆の片足を上げ、それぞれ背中の高さまでゆっくり上げる
  3. ゆっくりと元の状態に戻す
  4. 2と3の動作を30秒〜50秒程度繰り返す
  5. 反対側の手足でも同様に行う
  • 手は肩の真下に置く
  • 膝は90度に曲げる
  • 手、腰、足が一直線になるよう真っ直ぐ伸ばす
  • 骨盤が傾かないよう水平に保つ

ニートゥチェスト


ニートゥチェストは、主に腹直筋下部腸腰筋を鍛えることができるトレーニング。バランスボードを併用することで効果的にインナーマッスルを刺激することができます。ぽっこりお腹の解消や腰痛の改善も期待できます。

トレーニング方法
  1. お尻の下にバランスディスクを敷く
  2. お尻の斜め後ろに手をつき、足を伸ばしかかとを浮かせる
  3. 膝を曲げて胸に引き寄せる
  4. 足を伸ばし元の状態に戻す
  5. 3と4の動作を10〜15回程度繰り返す
  • 足をつけずに浮かせた状態を保つ
  • 腹筋に負荷がかかっているのを意識する
  • 動作はゆっくり行う

バランスボードの選び方

バランスボードを選ぶ際のポイントを解説します。

種類で選ぶ

バランスボードには、主にクッションタイプボードタイプの2つがあります。

クッションタイプ



初心者の方におすすめなのが、空気を入れて使うクッションタイプ
。バランスディスクやバランスクッションとも言います。

材質は柔らかいポリ塩化ビニル(PVC)素材でできており、空気の量を調整することで、難易度も調整することができます。空気を少なめにすると、バランスが取りやすく、空気を多めに入れると、難易度が上がります。

片面にイボイボの突起物がついているものが多く、足裏を刺激する効果もあります。

体の健康や美容の向上を目的としたエクササイズに使用したい人におすすめのタイプです。

ボードタイプ

ボードタイプは、片面がボードで硬い素材になっているタイプ。
床との接地面積が少なくバランスが取りづらいため、上級者向けになります。

スポーツをしていてパフォーマンスの向上を目的としている方や、日頃からトレーニングをしており、負荷をかけてさらなる効果を期待している方におすすめのタイプ。

バランスボードの両端にグリップがあり、手でボードを握ることができるタイプもあり、バランスを取るだけでなく、プッシュアップなど他の筋トレにも使いやすい構造になっています。

また、バランスボードの中には、スケートボードの形をしたユニークのタイプのものもあります。欧米で人気なトレーニンググッズで、同様にバランス機能、体幹を鍛えられますが、特に下半身を鍛えるのにおすすめ。

目的で選ぶ

プランクやダイアゴナル、ランジといった体幹トレーニングに併用する場合は、クッションタイプのバランスディスクが使いやすくおすすめです。

また「ゴルフや野球のスイングのフォームを安定させたい」「腕立て伏せやスクワットなどの筋トレで使いたい」といった目的であれば、バランスボードは2つ必要になってきます。

通販でも2つ使いを想定して、2個セットでリーズナブルな価格で販売している商品もあります。まずは使用目的を明確にして、目的にあった種類や個数を選ぶようにしましょう。

サイズをチェック

バランスボードの大きさは、直径30cm〜40cm程度が一般的です。使用目的や体の大きさに合わせて選ぶのがポイントです。

主に座って行うトレーニングでの使用や2個使いを想定しているのであれば30cm程度の大きさで十分でしょう。立ちながらの使用が想定される場合や体格の良い男性の方は、なるべく大きめのサイズを選ぶことをおすすめします。

すべり止めの有無をチェック

バランスボード本体に滑り止めがついているかチェックしましょう。
大半の商品は、表面が滑り止め加工されていますが、バランスが崩れた際にすべったりしないよう滑り止めがついているものを選ぶようにしましょう。

滑り止めがついていれば、靴下をはいたままでも使うことができて利便性が高まります。

バランスボードのおすすめ12選

ここからは、厳選したおすすめのバランスボード、バランスディスクを紹介していきます。

sukudon バランスボード



筋力のアップやバランスの調整、関節の強化などそれ一つで様々な効果を期待できるsukudonのバランスボード。

この商品は重さ200KGまで耐えることができます。また表面には滑り止めも付いているので安全にフィットネスに取り組むことができます。持ち手も付いているので持ち運びも便利、置き場所にも困らないコンパクトサイズは、家においておきたい商品です。

EVERYMILE バランスボード



EVERYMILEのバランスボードは、アマゾンでベストセラーを獲得しているアイテム。

高低差が約10cmあり、バランスを保つには脚力、腹筋などが必要で体幹をしっかり鍛えることができのが特徴。
両サイドにグリップ用の穴があいており、腕立て伏せにも使え、持ち運びにも便利な機能です。

ダバダ バランスボード



多くのバランスボードがプラスチックで作られたものが多い中ダバダのバランスボードは木製。

プラスチックに比べると割れにくく、見た目にも高級感が漂います。表面には滑り止め効果も施しており、集中してフィットネスに打ち込めます。うれしいトレーニング方法の説明書も付いています。

鉄人倶楽部 バランスボード



体幹やインナーマッスルを鍛えるのに効果的な鉄人倶楽部のバランスボード。
この商品の特徴は高さを調整することができるジョイントがついていること。難易度やトレーニングの負荷に応じて高さを変えることができます。

お手頃価格で手に入るのでフィットネスをこれから始めようという方にもおすすめです。

フィールドフォース バランスボード



2枚がセットになっているフィールドフォースのバランスボード。

裏面が緩やかな円形状になっていて少しの体重移動で重心がずれる仕組みになっています。体幹を鍛えるにはもってこいの商品です。また使用中に床が傷つかないような形状に作られており、一定以上傾かず転倒防止にも配慮した使いやすい商品です。

エレコム バランスボード



乗るだけでいつでも体幹トレーニングができるエクリアのバランスボード。

体にフィットするソフトな素材を採用し、座った状態でもトレーニングしやすいのが特徴。底面にも安定してトレーニングができる滑り止めラバーが付いていて安心です。

程よい高さの6.8cm設計、初心者や女性の方にもおすすめのバランスボードです。

Tumaz バランスディスク



Tumazのバランスディスクは、耐荷重が450kgと高い耐久性と安全性を誇ります。滑り止め加工が施された表面は凸凹とフラットな表面の2タイプ。好みに合わせて使い分けることができます。

ポンプと針が付属しているのでレベルに合わせて自由に空気圧を調整することが可能。直径33cm、重さは1kgとコンパクトなサイズ感で初心者から上級者まで使いやすいアイテムです。

RGGD&RGGL バランスディスク



おしゃれなカラー5色展開「RGGD&RGGL」のバランスディスク。

環境に配慮したフタル酸不使用素材を採用、4.5cmと厚手で破裂の心配もなく、耐荷重も300kgと安心して使用できます。

トレーニングのみならず椅子やソファのクッションがわりに使用して姿勢矯正や腰痛の改善など、あらゆるシーンで活躍するバランスディスクです。

バランスディスク 2個セット



4色の豊富なカラーバリエーションから選べるベーシックタイプのバランスディスクです。

このアイテム一つで、ながらトレーニングや本格的なトレーニングまでできます。バランスディスクが2個入りなので、よりトレーニングの幅も広がります。クッションタイプなので、使いやすく初心者におすすめのアイテムです。

spooner PROバランスボード



現在ではアメリカの授業でも取り入れられ、あっという間に人気スポーツトイとなったspooner。

バランストレーニングはもちろん、ちょっとした傾斜のあるところで使えば遊び道具としても使えます。ボード系スポーツの基礎として、またはバランス感覚を養う、といった用途としても活躍してくれます。

クモボード ターボサーフデザイン



文字通り「雲」の上でトレーニングをしているかのような感覚の、空気注入式のバランスボードです。

ボードスポーツをする方にももちろん、自宅でフィットネス、ヨガをする方にもおすすめの商品です。セットのローラーを使用することでマッサージロールとしてや体幹トレーニングの強度も上げることも可能です。

INDO BOARD バランスボード



アメリカの多くのサーフスクールでも取り入れられているインドボード使ったトレーニング。バランス感覚を養うのには最適なトレーニングツールです。

世界を代表するサーファーも使用していることからその効果は証明済み。またお洒落なボードのグラフィックはトレーニングのモチベーションを上げてくれそうです。お気に入りの商品を見つけましょう。

他のトレーニンググッズも要チェック!

自宅で体幹を効率よく鍛えたいという方は、他にもツイストボードやウォーターバッグといったトレーニンググッズもおすすめです。

ツイストボード

腰回りを重点的にシェイプアップしたい、くびれを作りたいという方は、ツイストボードもおすすめです。

ウォーターバッグ

自重トレーニングと組み合わせて効率的に体幹を鍛えたい方は、トレーニング用ウォーターバッグも要チェックです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました