ウォーターバッグおすすめ人気10選|効果やトレーニング方法も解説!

おすすめのウォーターバッグアイテム

ウォーターバッグというトレーニンググッズをご存知でしょうか?水の特性を利用して体幹を効率的に鍛えられると人気を集めている自宅で使える筋トレグッズです。

多くのトップアスリートがパフォーマンス向上のために体幹トレーニングを取り入れていますが、ウォーターバッグは、アスリートにも活用されているアイテムでもあります。

今回は、そんなウォーターバッグのおすすめ商品をご紹介します!効果や選び方、トレーニング方法まで解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ウォーターバッグとは?

ウォーターバッグとは、主に円柱型のバッグの中に空気と水を入れて使うトレーニンググッズで、水の動きを利用して、効率的に体幹を鍛えることができます。日本を代表するプロサッカー選手の長友佑都選手も体幹トレーニングにウォーターバッグを使用しており、トップアスリートも活用するアイテムです。

ウォーターバッグの効果

ウォーターバッグによる効果は、ウエイトトレーニングによる筋力向上もそうですが、最大のメリットは体幹の強化です。

ダンベルやバーベルなどのトレーニング器具の一定方向の負荷とは異なり、ウォーターバッグは体の動きに合わせてバッグ内の水も動くため、不安定な負荷を加えることができます。不規則に変化する重心に対して、体は傾いた姿勢を立て直そうと「反射運動」を起こし、無意識に体幹を刺激し、鍛えることができます。

どんな動作でも体幹を刺激しながらトレーニングができるため、効率的にインナーマッスルとアウターマッスルを鍛えることができます。

重さ調節が簡単にできる

ウォーターバッグのウエイトは水なので、水の量を調整することで簡単に重量調節をすることができます。

本格的なトレーニングやエクササイズ、コンディション調整など、目的や自分のレベルに合わせてバッグ1つで使い分けることができる使い勝手のいいアイテムです。

多彩なトレーニングメニュー

ウォーターバッグを活用することでトレーニングのバリエーションを増やすことができます。シンプルな動きであっても水の特性を活かして体幹を鍛えることができるので、ウォーターバッグを用いたオリジナルのトレーニング方法が多彩。

また、スクワットやアームカール、ランジトレーニングなどにも活用でき、バッグの持ち方を変えることでさらにバリエーションを増やすことができます。トレーニングメニューが付属している商品もあるので、初めての方でも安心して始めることができます。

スポンサーリンク

ウォーターバッグの選び方

ウォーターバッグ選びで失敗しないためにも、いくつかチェックしておきたいポイントがあります。

形状で選ぶ|円柱 or ボール型

ウォーターバッグには、主に「円柱型」「ボール型」の2タイプがあります。

円柱型

ウォーターバッグ出典:Amazon

ウォーターバッグの中で最もメジャーなタイプ。各メーカーからもほとんど円柱型のタイプが展開されているので、初めて購入される方は、このタイプを選んでおけば間違いはありません。

円柱型で水が左右に大きくぶれるので、効果的に負荷をかけ体幹を鍛えることができます。また、様々な使い方ができるので、トレーニングのバリエーションを増やすことができます。

ボール型

ウォーターバッグ出典:Amazon

メーカーは限られていますが、ボール型のウォーターバッグも展開されています。

ボール型であることで、トレーニング中に扱いやすいサイズ感であり、また馴染みのある形状なので、初めての方でもスムーズにウォーターバッグを使ったトレーニングに入ることができます。

重量で選ぶ|用途やレベルに合わせて

水の量で重さ調節はできますが、最大重量に応じてサイズも変わってくるので、自分のレベルに合わせたサイズを選ぶのがポイント。

最大重量が35kg前後のものがスタンダードですが、さらに負荷をかけたい方は、50kg程度のものも展開されています。逆にコンパクトなサイズで最大重量15kg未満のタイプもあるので、そういったタイプは初心者や女性も扱いやすく、子供のトレーニングにも最適です。

同じメーカーで3サイズ展開されているものもあるので、使用目的、レベルに応じたサイズを選ぶようにしましょう。

付属品をチェック|空気入れ・トレーニングガイド・着色剤など

付属品もウォーターバッグ選びの重要なポイントになります。ウォーターバッグは使用するにあたって、水と空気を入れる必要があります。「空気入れ」が付属しているものであれば、別で購入する必要もなく、到着したその日から使い始めることができます。

また、様々なトレーニング方法があるウォーターバッグなので、「トレーニングガイド」が付属しているアイテムであれば、初めての方でも安心です。

さらには、水の流れをわかりやすくするための「着色剤」が付属している商品もあります。ウォーターバッグをクリアタイプにする前提ですが、水の流れが見えることでトレーニングもしやすくなります。

ウォーターバッグのおすすめ人気10選

ここからは、厳選したおすすめのウォーターバッグを紹介していきます!主流の円柱型からボール型もピックアップ。トレーニンググッズを数多く手がける人気ブランドの商品もあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Soomloom|ウォーターバッグ

4つのハンドルで多彩なトレーニングを可能に

コスパに優れたSoomloomのウォーターバッグ。方向が異なる4つのハンドルが付いており、多彩な使い方、トレーニングが可能です。ハンドルは頑丈な作りで耐久性も安心。

バッグ本体は柔軟性に優れたPVC素材で柔らかく、注水口部分もしっかりした作りで水漏れや空気漏れなく使用することができます。フットポンプが付属しており、商品到着後すぐに使い始められるのも嬉しいポイントです。

素材PCV
容量36kg
サイズ直径25cm×長さ75cm
付属品フットポンプ

SPINTA|ウォーターバッグ

独自の長さ調整可能なハンドルを採用

SPINTAのウォーターバッグは、他社にはない独自のアジャスタブルハンドルで自分に合った長さで持つことができ、手首に負担をかけずに効率よくトレーニングを行うことができます。

また、サイズは扱いやすいよう小さめに設計されており、初心者や女性の方にもおすすめ。カラーも4色揃えており、自分の好みに合わせて選ぶことができます。独自性があって扱いやすいおすすめのウォーターバッグです。

素材本体:PVC
容量最大15L
サイズ直径19cm×長さ62cm
付属品ポンプ, アタッチメント, ハンドルカバー×4,
取扱説明書

GAViC(ガビック)|ウォーターバッグ

メモリ付きで水量調整がしやすい

5L・10L・15Lの目盛り付きウォーターバッグ。目盛りが付いているので水量調整がしやすく、自分のレベルに合わせて使うことができます。

サイズは80cm×20cm、満水時は35kgの重さになります。プッシュ&ロック式の注排水口、取扱説明書付きなので、安心して使い始めることができます。価格もリーズナブルでエントリーモデルとしておすすめのアイテムです。

素材
容量5~20L ※満水時35L
サイズ直径20cm×長さ80cm
付属品取扱説明書

PIVOT-GEAR|ウォーターバッグ

充実の付属品で初心者にもおすすめ

容量36Lの体幹トレーニング用ウォーターバッグ 。本体に加え、空気を入れるフットポンプ、トレーニング例付きの取扱説明書が付いているので、誰でも簡単にウォーターバッグを使った体幹トレーニングを開始することができます。

価格も安いモデルなので、初心者の方にもおすすめです。

素材PVC
容量36L
サイズ直径27cm×長さ75cm
付属品フットポンプ, 取扱説明書, トレーニングガイド

Muscle Works|ウォーターバッグ

幅広いトレーニングができる4つのグリップを搭載

Muscle Worksのウォーターバッグ。4つのグリップを搭載しており、幅広いトレーニングに活用することができます。本体の材質はPVC素材で柔軟性に優れ、床なども傷つけずに安全にトレーニングを行うことができます。

付属品はフットポンプを標準装備。価格も比較的リーズナブルなのでお求めやすい商品です。

素材PVC
容量最大35L
サイズ直径25cm×長さ75cm
付属品フットポンプ

GronG(グロング)|ウォータートレーニングバッグ

2サイズから選べる高コスパアイテム

さまざまなトレーニンググッズを手がけるブランド、GronGのウォータートレーニングバッグ。15Lと36Lの2サイズ展開なので、自分のレベルに合った大きさのものを選ぶことができます。

本体はメモリ付きで水量調整がしやすく、専用ノズル付きの空気入れ付属で、空気を入れるのも簡単。価格も安く、コスパに優れたおすすめのアイテムです。

素材本体:PVC, 持ち手:ナイロン
容量15L / 36L
サイズ15L: 直径16cm×長さ75cm
36L: 直径25cm×長さ75cm
付属品空気入れ, 専用ノズル

FIELDOOR(フィールドア)|コアトレーニングボール

プロトレーナー監修、ボール型ウォーターバッグ

フィットネスやアウトドア用品を手がけるフィールドアのボール型のコアトレーニングボール。多くのアスリートをサポートするプロトレーナー塙翔太監修モデル。ウォーターバッグには珍しいボール型で、トレーニングで取り扱いやすい大きさ、馴染みのある形状で、初めての方でもスムーズにトレーニングに入ることができます。

フットポンプ付き、目盛り付きで重量調節も簡単。最大14Lまで水を入れることができます。本体にプリントされたQRコードでトレーニングムービーも閲覧可能。初心者の方でも扱いやすいおすすめモデルです。

素材PVC, TPE, ABS
容量最大14L
サイズ直径30cm
付属品フットポンプ, トレーニングガイド

SIXPAD(シックスパッド)|ウォーターウェイト

人気ブランドSIXPADのおしゃれウォーターバッグ

トレーニングギアを手がける人気ブランドSIXPADのウォーターバッグ。予測不可能な水の動きを作り出し、トレーニングで鍛えにくい体幹を刺激、活性化してくれます。

見た目もクールでおしゃれなデザイン。価格はやや高くなりますが、人気ブランドものでモチベーションを上げたい方におすすめです。

素材本体:PVC, ハンドル:TPE
容量6L
サイズ直径16.6cm×長さ75cm
付属品

MTG(エムティージー)|TAIKAN STREAM(タイカン ストリーム)

レベルに合わせて2タイプから選べる

MTGのTAIKAN STREAMは、目的やレベルに合わせて、スタンダード・アドバンスの2サイズからも選ぶことができます。水の特性を活かしたチェイサートレーニングにより、効率的に体幹を鍛えることができます。

付属品も豊富で、トレーニングガイド、エアポンプ、着色剤などが付いているので、初心者の方でも安心してトレーニングを始められます。

素材本体:PVC, ハンドル:TPE
容量3~6L
サイズ直径16.6cm×長さ68cm/82cm
付属品取扱説明書, トレーニングガイド, エアポンプ,
すべり止めシート(2枚), 着色剤(各色)

EASY CHANGE|ウォーターバッグ

実用的で安い価格が魅力

フィットネスブランドEASY CHANGEのウォーターバッグ20kgタイプ。4つのハンドル付きでトレーニングの幅も広く、厚くて丈夫なPVC素材を使用しているので、耐久性のある仕上がりになっています。

付属品はありませんが、他商品と比べてもひとまわり安い価格帯が魅力。価格重視で選びたい方にもおすすめの商品です。

素材本体:PVC
容量20kg
サイズ
付属品

ウォーターバッグの使い方・トレーニング方法

初めてウォーターバッグを使う場合、使い方やトレーニングのイメージが湧かないという方も多いのではないでしょうか?ここでは、ウォーターバッグならではのトレーニング方法を中心におすすめの体幹トレーニングをご紹介します。いずれもシンプルな動作で効果があり、初心者、女性の方でも簡単にできますよ。

また、紹介するトレーニング以外にも、ランジ、クランチ、アームカール、トライセプスエクステンション、スクワット、ベントオーバーロウなど様々なトレーニングに活用することができます。

バンビーノ


主に大臀筋、脊柱起立筋といった背中からお尻まわりを効率的に鍛えることができるトレーニング。

脊柱起立筋は、複数の筋肉からなる筋肉群で、首から腰にかけて背骨の両側に付いている筋肉です。人間が直立するにあたって、背骨を支える働きがあり、体を安定させる重要な筋肉です。バーベル、ダンベルなどを使う場合は、主にデッドリフトで鍛えることができる部位です。

トレーニング手順

  1. 片足をあげてバランスをとる
  2. 上体を前に倒しながら、足を後方に伸ばす
  3. 地面に対して平行になる状態でキープする
  4. 左右10回ずつ行う
  • バッグ内の水が揺れないように意識する
  • 頭から足先までが一直線になるように意識する

ダイアゴナル


主に腹直筋、内・外腹斜筋を鍛えることができるトレーニング。ウエスト周りを中心に上半身を効率的に鍛えることができます。

トレーニング手順

  1. 肩の上に振り上げて、対角に振り下ろす
  2. 左右10回ずつ行う
  • 振り下ろした際にしっかり止める
  • 体がブレないようにお腹周りを意識する
  • 振り下ろすスピードを速くすると負荷をあげることができる

レッグレイズ


主に腹直筋、腸腰筋を鍛えることができるトレーニング。腸腰筋とは、上半身と下半身をつなぐ骨盤周りのインナーマッスルの部類に入る筋肉です。腿や膝を持ち上げる役割を担い、速く走るために重要な筋肉でもあります。

トレーニング手順

  1. 斜めハンドルに足の甲を通す
  2. 仰向けになって、足を垂直にあげる
  3. 足を少し前方に傾けてキープする
  4. 膝を曲げながらゆっくり下ろす
  5. 10回繰り返す
  • 腰が浮かないようにする
  • 体がブレないようお腹を意識する

他のトレーニンググッズも要チェック!

体幹を効率的に鍛えたいという方は、他にも「バランスボード」や「メディシンボール」といった筋トレグッズもおすすめです。おすすめの商品をまとめたこちらの記事もあわせてチェックしてみてください。

まとめ

今回は、ウォーターバッグの効果や選び方、おすすめの商品からトレーニング方法までご紹介しました。

不規則な水の動きを利用して効率的に体幹を鍛えることができるウォーターバッグは、アスリートも取り入れるトレーニンググッズで、ユーザーの満足度も高いアイテムです。自宅でのトレーニングに、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました