アームブラスターのおすすめ人気5選!効果や使い方まで徹底解説!

おすすめのアームブラスターアイテム

上腕二頭筋を効率よく鍛えられるというトレーニングギア「アームブラスター」をご存知でしょうか。そこまでメジャーな筋トレグッズではないのでどんな商品か気になりますよね。

そこで本記事では、アームブラスターの効果や使い方、選び方まで解説し、おすすめの人気商品を一挙ご紹介します。

スポンサーリンク

アームブラスターとは?

アームブラスター出典:Amazon

アームブラスターはあまり馴染みのないアイテムかもしれませんが、上腕二頭筋を効果的・効率的に鍛えるためのサポートギアです。「アームカールプレート」や「アームカールサポーター」などとも呼ばれます。

主にダンベルやバーベルを用いたアームカールやプリチャーカール、ハンマーカールなどのカール系種目に使える筋トレサポートグッズで、肘をしっかりと固定することで負荷を逃さずに正しいフォームで効率的に鍛えることができます。

自宅トレに最適なサポートギア

ジムではプリチャーカール台などを使用することで正しいフォームでトレーニングができますが、スペースを必要とし価格も高いので自宅向けにはハードルが高い器具です。

一方、アームブラスターはコンパクトで価格もリーズナブルなので、自宅で上腕二頭筋をしっかり鍛えたい方には非常におすすめなアイテムです。

スポンサーリンク

アームブラスターの効果

アームブラスター

アームブラスターを使う最大のメリットは、肘を固定することで正しいフォームでアームカールを行うことができ、上腕二頭筋のみに効率よく負荷をかけることができます。

アームカールはシンプルな種目ですが、実は正しい姿勢で行うのが難しいトレーニング。特に初心者は肩から持ち上げたり、下半身の反動を使ったりと反動を使ってウエイトを持ち上げ負荷が上腕二頭筋以外に逃げてしまいがちです。

アームブラスターに三頭筋の部分をあて肘を固定することで、肘が後方に逃げるのを防ぎ、体の反動を使わずに上腕二頭筋のみに効かせることができます

アームブラスターの使い方

アームブラスターの使い方のポイントをチェックしておきましょう。アームブラスターを使用する際は、プレートを使いやすい位置に調整するのがポイントです。

  • アジャスターでベルトの長さが調整できるので、ベルトを首にかけ、プレートが胸の下あたりの位置かつ肘がプレートの下から若干出るような位置に微調整
  • ベルト調整後、プレートのくぼみに三頭筋をあて肘を固定
  • 猫背にならないよう背筋を伸ばし、正しいフォームを取る
  • 上腕二頭筋の収縮を意識しながらカールし、ゆっくりと下ろす

アームブラスターで肘が固定されることで特にバーベルの場合はウエイトを地面に置きにくくなるので、ウエイトを置けるようなラックを用意しておくとより安全にトレーニングをすることができます。また、トレーニング中にプレートが胸に食い込み痛く感じる場合もあるので、その場合はタオルを間に挟むなどして調整してみましょう。

アームブラスターの選び方

アームブラスターを選ぶ際にチェックしておきたいポイントをみていきましょう。

プレートの素材をチェック

安全かつ快適にトレーニングを行うためにもプレートの強度や軽量性は確認しておきたいポイントです。

アームブラスターのプレートに採用されている素材は、アルミニウム合金が主流です。軽量かつ強度も高めた素材であり、ある程度の負荷のトレーニングであれば問題のない耐久性です。商品によっては耐荷重を表記しているので、高重量のウエイトを扱う方は、耐荷重の高い商品を選ぶのも1つです。

ネックパッドで首の負担を軽減

アームブラスターは首からかけるため、首に一定の負荷、圧力がかかります。そのため、ほとんどの商品に搭載されていますが、ベルト部分にネックパッドがあるタイプがおすすめです。

首への負荷を軽減するために、ネックパッドを厚く設計している商品をあるので、特に長時間トレーニングを行う方や高重量を扱う方は、ネックパッドの質にもこだわりたいですね。さらに、肘部分にもクッション性のある素材を配置し、腕の保護、滑り止め機能を施した商品もあるので、より快適にトレーニングをするためにもチェックしておきたいポイントです。

体型にフィットするサイズ感かどうか

アームブラスターのプレートは、身体のラインに沿うようデザインされていますが、サイズや形状は一定なので、体型によっては身体にジャストフィットしない可能性もあります。

特に体の小さい方、スリムな方は、商品によってはフィット性に欠ける場合もあるので、実際に購入した人の口コミやレビューも参考にするようにしましょう。

アームブラスターのおすすめ人気5選

ここからは、厳選したおすすめのアームブラスターをご紹介します。

W WAISFIT|アームブラスター

細部にこだわった設計で使いやすい

軽くて耐久性にも優れたアルミニウム合金をプレートに採用しており、耐荷重は約200kgと十分な強度を誇ります。

体のラインにフィットするプレート形状や、肘の当たる箇所には滑り止めと保護を目的としたゴムスポンジを配置するなど、快適にトレーニングが行えるよう細部にこだわったデザインが特徴です。

サイズ長さ58cm×幅10cm×厚み4mm
重量780g
耐荷重約200kg
プレート素材アルミニウム合金
ネックパッドあり(取り外し可能)

Gymmage|アームブラスター

軽量プレートと厚めのネックパッドで首への負担を軽減

ベルクロタイプでサイズ調整が容易な「Gymmage」のアームブラスター。厚めにデザインしたネックパッドに加え、高強度で軽量なアルミニウム合金をプレートに使用しているので、首への負担が少なく、長時間のトレーニングでも快適に行えます。

さらに肘部分にも肘パッドを配置し、快適な使用感と安定性を高めてくれます。

サイズ長さ60cm×幅10cm×厚み4mm
重量780g
耐荷重約200kg
プレート素材アルミニウム合金
ネックパッドあり

RAD(ラッド)|アームカールプレート

おしゃれなデザインでジムシーンにも馴染む

おしゃれなデザインが印象的な「RAD」のアームカールプレート。カラーバリエーションも豊富なので好みのカラーから選ぶことができます。クールに筋トレができるそのデザイン性からジム使いにもおすすめです。

首パッドがしっかりしており、ヒモの幅を広くすることで身体に食い込みにくい仕様。プレートとストラップの接続部分も2ヶ所留めで接続強度を高めています。

サイズ長さ60cm×幅9cm×厚み4mm
重量650g
耐荷重
プレート素材アルミニウム
ネックパッドあり

IPS Club|アームカールサポーター

ワンタッチアジャスターでサイズ調整が簡単

シンプルなデザインの「IPS Club」のアームブラスター。高重量でのウエイトトレーニングも可能にする厚めのネックパッドで首への負担を軽減し、快適なトレーニングをサポートします。

改良されたワンタッチアジャスターはベルトを固定しつつ、ワンタッチで簡単に調整が可能。両肘部分はEVA素材のクッション搭載で滑りにくく、腕の軸も固定されます。トレーニングに集中できる使い心地を考えたサポートギアです。

サイズ長さ59cm×幅10cm×厚み4mm
重量780g
耐荷重約150kg
プレート素材特殊アルミニウム
ネックパッドあり

&NE|アームブラスター

身体に沿った曲線で肘を強力に固定

人体構造に基づいた曲線設計で肘をしっかり固定してくれるアームブラスターです。厚めにしたネックパッドで首への圧力を軽減し、ベルトの長さはマジックテープ部分とアジャスターでベストサイズに調整可能です。

高強度のアルミ合金で軽量ながらも耐荷重は200kgを実現。耐久性や使い心地などバランスの取れた商品で、1500円相当のパワーグローブ付きのセットでも購入可能です。

サイズ長さ58cm×幅10cm×厚み3mm
重量1.3kg
耐荷重約200kg
プレート素材アルミニウム合金
ネックパッドあり

まとめ

アームブラスターがあるのとないのとでは、上腕二頭筋への負荷、トレーニング効果に大きな違いが生まれます。また、コンパクトな商品で置き場所にも困らないので、特に自宅トレのお供には最適なアイテムです。

普段のトレーニングで上腕二頭筋があまり効いていないと感じる方は、ぜひアームブラスターを試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました