トレーニングベルトのおすすめ人気10選!効果や選び方も解説!

おすすめのトレーニングベルトアイテム

トレーニングジムで腰にベルトを巻き、ウエイトを使いながらスクワットなどのトレーニングをしている人はよく見かけますよね。トレーニングベルトを巻いている人は筋トレ上級者のイメージがあるかもしれませんが、実は筋トレ初心者こそ着用することで効果を上げることができます。

そこで今回は、そのトレーニングベルトの効果や選び方を解説し、厳選したおすすめトレーニングベルトをタイプ別にご紹介します。

スポンサーリンク

トレーニングベルトの効果

トレーニングベルト
トレーニングベルトを着用することで、主にケガの予防パフォーマンスアップが期待できます。それぞれの効果について詳しくみていきましょう。

ケガの予防

トレーニングベルトを巻くときは主に重いものを持ち上げるとき。ウエイトを使用したスクワットやデッドリフトを行うときに使用します。重いものを支えるときや持ち上げるときに腰を痛めてしまうことはよくありますが、トレーニングベルトはこういった怪我を抑制します。

腹圧を高めることで体幹を安定させ、体の内側から身体を支えることができますが、トレーニングベルトを使用することで腹圧を高めるサポートができ、より安全にトレーニングに打ち込むことができます。

トレーニングベルトを使っている人の多くは重量のあるウエイトを使用しているイメージもありますが、筋トレ初心者は必要ないということはなく、初心者の時は腹圧の入れ方、ウェイトを持ち上げるときの体制が悪く、軽いウエイトでも怪我をしてしまうリスクがあります。筋トレ初心者から上級者までトレーニングベルトはおすすめのアイテムです。

パフォーマンスアップ

腹圧を高めることはパフォーマンスにも大きく影響を与えます。トレーニングベルトで腹圧を高めることで力を入れやすくなり、より高重量のウエイトを持ち上げやすくなります

高負荷のトレーニングにチャレンジできるようになるため、より効率的に筋力アップを図ることができ、腹圧を意識した正しいフォームを身に付けることにも役立ちます。

スポンサーリンク

トレーニングベルトの選び方

トレーニングベルトとはいえ、ベルトやバックルの素材や形状によって特徴が異なってきます。ここでは、トレーニングベルトを選ぶ際におさえておきたいポイントを解説します。

ベルトの形・幅で選ぶ

トレーニングベルトには幅が広い部分が腰のみで、脇腹から前面にかけて細くなっているものと、ベルト全体の幅が広いものがあります。

前者はしゃがんだり腰を曲げたりする時のベルトによる制限がなく動きやすくはなっていますが、ウェイトの重量が高くなると腹圧を逃がしてしまうことが考えられます。

一方後者は、トレーニングの動作によっては動きにくさを感じることもあるかもしれませんが、しっかりとしたサポート力で腹圧を高め、安定感を維持します。負荷の高いウエイトを使うトレーニングの時にはこちらのタイプがおすすめです。

バックルで選ぶ

バックルの形状の違いは、負荷への耐久性、着脱のしやすさに直結し、主に「ピンタイプ」「マジックテープ(ベルクロ)」「レバーアクション」などの種類があります。

「ピンタイプ」

トレーニングベルト出典:Amazon

ピンロックといわれるピンでとめるタイプは重いウエイトにも耐える耐久性が魅力ですが、着脱のしやすさは他のタイプに比べると少し手間に感じる方もいるかもしれません。また、穴の位置が決まっているため、引き締めの強さの微調整ができないタイプでもあります。

より安定性が増すようピンを2本したダブルピンタイプが主流です。

「マジックテープ」

トレーニングベルト出典:Amazon

主にナイロン製のトレーニングベルトにはマジックテープが採用されています。バックルにベルクロを通して固定するタイプがほとんど。マジックテープは着脱が容易で、引き締め強度も自在に調整できるところがメリットです。

身体にしっかりフィットさせたい方におすすめで、扱いやすく初心者の方にもおすすめです。

「レバーアクション」

トレーニングベルト出典:Amazon

バックル部分にレバー付いており、片方に倒すことで固定できるタイプがレバーアクションです。固定力も高く、ワンタッチで簡単に着脱できるのが特徴で、上級者のみならず初心者にもおすすめです。

サイズ調整の際に一度金具を取り外さないといけないという煩わしさはありますが、一度位置を決めしまえば好みの引き締め度合いで毎度簡単に着脱が可能。商品ラインナップは比較的少なく、価格はやや高い傾向にあります。また、バックルのクオリティも商品によって変わってくるので要チェックです。

素材で選ぶ

トレーニングベルトの素材は大きく分けて2つ「革製」と「ナイロン製」に分かれます。

本格派には「革製」

トレーニングベルト出典:Amazon

革製のトレーニングベルトは主流で商品のラインナップも豊富。固定力に優れ、しっかりとした締め付けで腹圧をサポートしてくれます。重量の重いものを扱う方には本革のトレーニングベルトがおすすめ。

ただ、伸縮性はあまりないので、動作によっては動きを妨げてしまう可能性もあります。また、持ち運び時にコンパクトにならない、お手入れに手間がかかるなどのデメリットが考えられます。

初心者でも扱いやすい「ナイロン製」

トレーニングベルト出典:Amazon

ナイロン製のベルトは軽量で持ち運びにも適しており、お手入れも簡単なので筋トレ初心者や女性の方にも最適です。

革製と比べるとホールド力はやや劣りますが、伸縮性があるのでトレーニングの邪魔になりにくく、身体への負担も少なくて済みます。マジックテープが主流で引き締めも微調整できるので、身体にしっかりとフィットさせることができます。また、ナイロン製は比較的安価で購入しやすい価格帯です。

ピンタイプ|トレーニングベルトおすすめ人気3選

ここからは、厳選したおすすめのトレーニングベルトを「ピンタイプ」「マジックテープ」「レバーアクション」のバックルのタイプ別にご紹介します。

ゴールドジム|ブラックレザーベルト

初心者におすすめな大手ジムの入門用ベルト

筋トレ上級者や、著名人も通うことで有名なゴールドジムのトレーニングベルトです。ゴールドジムのベルトは何種類もありますが、当モデルはリーズナブルな価格ということもあり入門用として初心者にもおすすめの人気アイテムです。

ピンロックタイプのバックルを使用し、しっかりとした締め付けが期待でき、背当てパッド付きで初心者でも使いやすい仕様。ゴールドジムのロゴが映えるトレーニングベルトです。

素材牛皮革
バックルタイプ2ピンタイプ
サイズS: 80~95cm
M: 85~100cm
L: 90~105cm
カラーブラック

EasyJoy|リフティングベルト

安くて高品質なハイコスパモデル!初心者から上級者までおすすめ

高品質な牛革を使用したピンタイプのトレーニングベルトです。ウエストサイズに合わせて10段階で調整できるようになっており、最適な強度で締め付けることができます。

腰パッド部分の幅は約10cmで厚めのクッションも搭載しており、ソフトなフィット感でありながらしっかりと腰をサポートしてくれます。耐久性もあり価格も安いので、そのコスパの高さに定評があります。初心者から上級者までカバーする高コスパモデルです。

素材牛皮革
バックルタイプ2ピンタイプ
サイズS: 70~95cm
M: 86~105cm
L: 100~115cm
カラーブラック/ブラウン/ライトブラウン/ブルー

ALLOUT|パワーリフトベルト

全面に高級牛革使用!使い始めから柔らかく身体に馴染む

筋トレ上級者に人気の高いブランド「ALL OUT」のトレーニングベルトです。現役フィジカーが監修したこともありクオリティはお墨付き。最高級牛革のCOWHIDEを全面に採用し、使い始めから柔らかく身体に馴染ませる必要もありません。

腰部分には極厚クッションも搭載しておりフィット感も抜群。質感、衛生面、耐久性いずれも優れた質の高いトレーニングベルト。価格は割高ですが、それでも納得のクオリティです。

素材牛皮革(COWHIDE)
バックルタイプ2ピンタイプ
サイズS: 65~82cm
M: 76~93cm
L: 80~100cm
カラーブラック

マジックテープ|トレーニングベルトおすすめ人気4選

Schiek(シーク)|リフティングベルト 4004

ベルクロタイプで最適な締め付けに調整可能

Schiekが特許を持つ特殊なマジックテープを使用したナイロン製のトレーニングベルトです。腰にぴったりとフィットするベルトは着け心地抜群、様々なワークアウトの動きに対応。ベルクロで締め付け度合いを調整できるため、自分に合った最適なコンディションを作ることができます。

またナイロン製なので手洗いが可能で、軽くて持ち運びにも便利。高い人気を集めるおすすめのトレーニングベルトです。

素材ナイロン
バックルタイプマジックテープ
サイズXS: 61~71cm
S: 69~81cm
M: 79~91cm
L: 89~104cm
XL: 101~114cm
カラーマルチカラー

Harbinger(ハービンジャー)|トレーニングベルト

人気トレーニングギアブランドでコスパも良好!強力ベルクロでしっかりサポート

ハービンジャーは、ウエイトリフティングやフィットネス用トレーニングギアを手掛けるリーディングブランド。背中側がワイド設計のトレーニング用ベルトで、軽量パッドを搭載したバックサポートで、ウエストをしっかりサポートしてくれます。

無段階に調整可能な強力ワンウェイベルクロは腹圧をしっかり受け止め、最適な強度で調整することができます。快適なフィット感で初心者から高重量トレーニングまで重宝できるアイテムです。

素材ナイロン
バックルタイプマジックテープ
サイズS: 61-73.7cm
M: 73.7-84cm
L: 84-94cm
XL: 94-106.7cm
カラーブラック

GronG(グロング)|トレーニングベルト

価格重視の方必見!低価格でも固定力や使いやすさに満足度の高いハイコスパ商品

多くのトレーニング用品を手掛ける「GronG」のトレーニングベルトです。しっかりと固定できるマジックテープを使用しており、トレーニング時のズレを防止します。さらにバックル部分はローラータイプでベルト通しもスムーズ。ストレスフリーな使用感にもこだわっています。

何よりも価格の安さが魅力。十分な固定力と耐久性でそのコスパの高さに満足度の高い商品。初心者の方のエントリーモデルや買い替えにもおすすめです。

素材ナイロン、EVA
バックルタイプマジックテープ
サイズS: 60~75cm
M: 75~90cm
カラーブラック

adidas(アディダス)|トレーニングベルト

幅広で強力なベルクロストラップ!通気性とクッション性も◎

有名スポーツブランドadidasのナイロン製のトレーニングベルトです。ベルト事態にメッシュを搭載することで熱いジムの中でも涼しく快適にワークアウトが可能。幅広でクッション性にも優れ、強力なマジックテープでしっかり腰をサポートしてくれます。

軽量でコンパクトになるため持ち運びにも適したベルトは、腰部分にadidasのロゴ、マジックテープ部分にはブランドを象徴するスリーストライプも入ったデザイン性の高さです。

素材ナイロン
バックルタイプマジックテープ
サイズXS/S/M/L/XL
カラーブラック

レバーアクション|トレーニングベルトおすすめ人気3選

Zawick|トレーニングベルト

レバーバックルのワンタッチ着脱でストレスフリー

全周幅広のベルトで高負荷のトレーニングも可能にするzawickのトレーニングベルトは、腹圧への確かなサポート力でウエイトの重量向上にも役立ちます。

レバーアクションを使用したバックルは一般的にサイズ変更が難点とされていますが、調整用の穴を数か所設けることで使いやすさを格段に向上。自分の限界重量に挑戦したい方におすすめのトレーニングベルトです。

素材本革
バックルタイプレバーアクション
サイズ65-85/80-105
カラーブラック/ブラックバックル
ブラック/マットシルバーバックル

Iron Bull|パワーリフティングレバーベルト

13mm厚の堅牢なベルトで腹圧を強力にサポート

Iron Bullのレバーアクションを使用した13mmの厚みのトレーニングベルトは、高負荷のスクワットやデッドリフトにおすすめです。

バックルがレバーアクションになっているためお腹周りへの締め付け、腹圧のサポートを強力に行えます。マックスパワーを支えてくれる耐久性、安定感に優れ、クールなデザインも好評なトレーニングベルトです。

素材スエードレザー
バックルタイプレバーアクション
サイズS/M/L/XL/XXL
カラーブラック、ブラック/レッド

IROTEC(アイロテック)|レバーバックルベルト

厚みしっかりでホールド力が高い!高品質・良心価格のハイコスパが嬉しい

さまざまなトレーニングギアを展開する人気ブランド「アイロテック」のレバーバックルタイプのトレーニングベルトです。しっかりと厚みがありホールド力があるので、腰への負担を軽減、腹圧も高めることができます。

ワンタッチで簡単に着脱が可能。トレーニング中の着脱の煩わしさから解放され、集中することができます。レバーバックルのクオリティも比較的好評で、価格も海外製に比べると良心的。レバーバックルが欲しい人におすすめの商品です。

素材本革
バックルタイプレバーアクション
サイズS: ウエスト約70~85cm
M: ウエスト約81~90cm
L: ウエスト約92~100cm
カラーマルチカラー

まとめ

今回はトレーニングベルトを使用する効果やおすすめの人気商品をご紹介しましたが、いかがでしたか?

トレーニングベルトを身に着けることで、効率良く筋力アップができ、ケガの予防にもなるので、上級者のみならず筋トレ初心者こそ活用したいアイテムです。素材やバックルのタイプなどで違いがあるので、ご自身のトレーニングシーンに最適なタイプをぜひ探してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました