会社帰りのジム通いに使えるおすすめバッグ12選!【メンズ・レディース別】

会社帰りのジム通いにおすすめのバッグアイテム

日常の限られた時間の中、会社帰りにジムに通っている方は多いのではないでしょうか。ジムに行く日は、ジムウェアやシューズ、タオルなど普段より荷物が多くなります。

そんな日には、収納力があって通勤スタイルにも合うバッグがあれば重宝したいところ。

そこで今回は、会社帰りのジム通いにおすすめのバッグを男性・女性別にご紹介します。ジムバッグの種類や選び方のポイントも合わせて解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ジムバッグのタイプ(種類)

ジムバッグ
ジムバッグには、主に3つのタイプがあります。

リュックタイプ

近年ビジネスバッグでも利用者が増えているのがこのリュックタイプ。そのため、ジムバッグとしてリュックタイプを選んだとしても、なんの違和感もなくご使用頂けます。

両手が空くので通勤中も快適で、多少荷物が重くても体への負担も少ないので、ビジネスバッグとジムバッグの2つ持ちではなく、1つにまとめたい方にはおすすめのタイプです。

トートバッグタイプ

長めの持ち手が2本あり、肩に掛けることができます。バッグの開口部は開いている状態のものが多く、物の出し入れがしやすいのが特徴です。

バッグ内部はシンプルなデザインのものが多く、ポケットも少ないため、収納力はやや劣ります。

トートタイプはオシャレにみえますが、カジュアルよりな印象もあるので、ご自身のビジネスシーンにあわせて選択しましょう。

ボストンバッグタイプ

通常、容量が大きく開口部にファスナーが付いている手持ちタイプ。中身が確認しやすく、こちらも物の出し入れがしやすいのが特徴です。

通常、サイズが大きいものが多く、ビジネスシーンでの使用には不向き、通勤時の持ち運びも大変になってしまいます。小さめの適切なサイズのもので検討するようにしましょう。

スポンサーリンク

ジムへの持ち物をチェック

まずは、ジムへ行く際の持ち物を整理してみましょう。

もちろん人によって異なりますが、一般的に最低限必要なマストアイテムは、トップス(Tシャツやタンクトップ)、ボトムス(ショートパンツ、ロングパンツなど)のトレーニングウェア、靴下、トレーニングシューズ、タオル、着替え(下着など)です。

また、人によってはコンプレッションウェアや飲み物(水筒)、シャンプー類、プロテインなどが挙げられます。

一度、ジムへ行く際の自分の中でのマストアイテムを整理し、必要とされるバッグの容量、サイズ感をイメージするようにしましょう。

会社帰りのジム通いに最適なジムバッグ選びのポイント

通勤時のスタイルを想定して、いくつかのポイントを抑えることが重要です。

1つにまとめるか、2つ持ちとするか

まずは、ビジネスバッグとジムバッグ兼用としてバッグを1つにするか、通常のビジネスバッグとは別にジムバッグを用意し、2つ持ちとするかを考えましょう。

最近は、ビジネスシーンでの使用も想定した機能、デザインを持つジムバッグも多くリリースされているので、兼用として1つにまとめることをおすすめします。

2つ持ちとするのであれば、どちらかのバッグをリュックタイプや肩に掛けられるトートタイプにするなどの工夫が必要です。いずれにしても、2つ持ちの場合は、コンパクトなものを選ぶようにしましょう。

サイズ・収納力で選ぶ

あまりにもサイズが大きいと、通勤電車の中で邪魔になったり、ビジネスシーンにもそぐわないため、適度にコンパクトなサイズのもので、収納力の高いものを選ぶようにしましょう。

特に女性の方は、通勤・ビジネスシーンにおいてバッグのサイズが大きいと違和感が出てしまうので、サイズ感を意識して選ぶことをおすすめします。

ジム用品の中で特にかさばるのがシューズ。ジムバッグの中には、シューズ専用の収納箇所を設けているモデルもあります。
仕切りやファスナーなどで収納箇所が多く分けられているタイプは、物を出し入れする際に中身がぐちゃぐちゃにならず、スマートに出し入れすることができるのでおすすめです。

素材に気を付ける

トレーニング後は、汗がしみたウェアやシューズ、濡れたタオルをバッグにしまうことになるので、汚れやにおいが蓄積していきます。

防水性のあるものや、掃除がしやすい素材のものなるべく選ぶようにしましょう。

バッグの内側がナイロン製であれば、汚れても拭き取りやすく、バッグを清潔に保つことができます。

デザインで選ぶ

通勤はスーツという方が大半を占めるかと思います。あまりにもデザイン性の高いものは、スーツとの相性は悪くバッグが浮いてしまいます。

基本的にはシンプルでシックなカラーのデザインがおすすめ。また、シンプルであれば仕事以外の普段使いにも、違和感なく使用することができるでしょう。

ご自身の通勤スタイルに合わせて選ぶようにしましょう。

【参考】プライベートロッカーの利用料ってどれくらい?

たいていのジムは、プライベートロッカーが設置されており、月額利用料を払えば、自分専用のロッカーとして使用することができます。シューズやシャンプー類など、かさばる荷物はロッカーに預けておいて、荷物の量を常時減らすというのも1つの手。

気になる利用料は、各大手ジムであればだいたい月額1000~1500円程度です。

会社帰りにジムに通う頻度頻度が高いという方は、プライベートロッカーの併用も選択肢の1つとしていいかもしれません。

【メンズ】会社帰りのジム通いにおすすめのジムバッグ9選

ここからは、ビジネスシーンにも合うおすすめのジムバッグをメンズ・レディース別にご紹介します。まずは、男性におすすめのバッグをご紹介します。

ブリーフィング(BRIEFING)TRANSITION WIRE GOLF



手持ちのトートバッグとして、または斜めがけとして2wayで使える人気ブランド「BRIEFING」のバッグです。

特徴はなんといってもその収納力で、シューズポケット、大小さまざまなサイズのポケットがバッグの内側、外側に完備されています。丈夫であり撥水性にも優れているため雨の日でも使用できます。
前面にあしらわれたブリーフィングの象徴ともいえるナイロンテープのレッドラインもポイントです。

ブリーフィング(BRIEFING) CLOUD GYM WIRE トートバッグ



たくさんの荷物を収容可能な「BRIEFING」の大容量縦型トートバッグです。

奥行とマチが広く設計されたメインポケットは出張などの着替えを収納したいとう状況にも対応。細部にもこだわり、本体裏面にはスーツケースと連結できるベルトも付いています。

ザ・ノースフェイス(THE NORTH FACE) マイルストーンバッグ



ザ・ノースフェイスのマイルストーンバッグは収容力抜群のバッグです。

バッグ上部にはシューズケットも内蔵されています。大きく開閉可能なファスナーなど使いやすさにも優れたバッグは、マットな質感にシンプルなデザインで、オフィス用としてももちろん活躍してくれるバッグです。

ザ・ノースフェイス(THE NORTH FACE)ボストーク



30リットルもの容量を誇る、ノースフェイスの大容量バッグです。

B4サイズにも対応しているためオフィス用としても問題なく使えます。通気性にも優れていて夏の暑い時期の使用にも対応。

背中のパッドにも従来よりもつぶれにくいものを使用したため重さの負担を楽に感じることができます。

アンダーアーマー(UNDER ARMOUR)3WAYブリーフケース



見た目にもカッコいい、コンパクトでスタイリッシュな「アンダーアーマー」の3wayバッグです。

悪天候の中でも快適に使用できる撥水加工を施したバッグはシーズン問わず1年中使えます。コンパクトながら、PCポケットやボトルポケットまでついた収納力抜群のバッグです。

VEROMAN スポーツリュック



大容量の「veroman」のスポーツバッグ。防水性にも優れ突然の雨にも対応しています。

PCポケットには、保護パットも入っており安心の設計。この機能性を備えたバッグがこの価格で手に入るのはお得です。カラーバリエーションはブラックとグレーの2色展開です。

AISFA リュック



AISFAのリュックは機能性にデザイン性も兼ね備えた使いやすいリュックです。

撥水性を高め、さりげない光沢感、また伸び縮みのないよう特殊な加工を施しています。また一部の内部ポケットは防水シートを使用しており、水筒や着替えなど濡れたものも一つのリュックで混ざることなく収納できるのはありがたいですね。

ディスパッチ(DSPTCH)バッグ



ディスパッチのバッグは仕事道具、ジムでのスポーツウェアを一緒に収納するのにぴったりのバッグです。

換気機能のついたシューズポケット、15インチまで対応のPCやタブレットポケットなど収納能力も抜群。カジュアルから、ビジネスシーンまで対応するハイブリッドなバッグです。

マムート(MAMMUT)セオン カーゴ



登山用品メーカー「マムート」のビジネス用としてはもちろんスポーツ、レジャーとしても使えるバッグです。

リュックとして、縦横の手提げとしても使用できます。背面から大きく開くファスナーも付いており使いやすさにもこだわりました。そのデザイン性からタウンユースとしても使えるあらゆる状況に適応する便利なバッグです。

【レディース】会社帰りのジム通いにおすすめのジムバッグ3選

つづいて、女性におすすめしたいビジネスシーンでも違和感なく使えるジムバッグをご紹介します。

ララゲン(lalagen) トートバッグ レディース



軽くて大容量、丈夫なナイロン素材を使用しているので、荷物が多いときのデイリー使いにおすすめのトートバッグです。

3層構造で小物ポケットもたくさんついているので収納力は抜群。巾着ポーチが付属しており本体を折りたたんで収納することも可能です。

カラーは豊富な4色展開で、サイズもS/M/Lから選択できるので好みや目的にぴったりのものを選ぶことができます。シンプルでビジネスシーンにもマッチするデザインです。

ブリーフィング(BRIEFING) URBAN GYM LIGHT PACK



「都会的なスポーツスタイル」をコンセプトに開発された「BRIEFING」のURBAN GYM COLLECTION。

ビジネスとスポーツシーンの両方に対応したアイテムで、仕事帰りのジム通いにも最適なバッグ。コンパクトなデザインで女性も使いやすいサイズ感になっています。ナイロン素材をメインで使用しており、生地表面のみならず全てのファスナーにも撥水加工が施されています。

女性のリュックスタイルにおすすめしたいデザイン、機能性ともに優れたバッグです。

legato largo(レガートラルゴ) トートバッグ



「毎日使いたくなる」をコンセプトに2004年に誕生したレディースバッグブランド「Legato Largo」のトートバッグです。

ベーシックでスモーキーな合成皮革を使用しており、シンプルなデザインはどんなスタイルにも合わせることができます。もちろんビジネスシーンでも使い勝手がよく、豊富なポケットと大きめの容量でジムの荷物も収納することができます。

価格も安いのでコスト重視の方におすすめの高コスパアイテムです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました