ロードバイク用スタンドのおすすめ人気10選|携帯タイプや縦置きタイプも!

cycling-standアイテム

ロードバイクにはスタンドが付いていないことが多く、自宅で保管する場合や外出時に駐輪する場合に困ったことはありませんか?

そんな時におすすめなのが、ロードバイク用のスタンド。どこでも気軽に保管や駐輪をすることができます。

そこで今回は、そんなロードバイク用スタンドの種類を解説し、おすすめの商品をご紹介します。

スポンサーリンク

ロードバイクのスタンドはどんな時に必要?

ロードバイク用スタンドは、自宅でロードバイクを保管しておく時やメンテナンス時に使用したり、外出中にロードバイクを駐輪しておくために使用したりすることができ、様々な場面で使用することができます。

ロードバイク用スタンドには様々な種類があり、使用用途によって使用すべきスタンドが異なってきます。

スポンサーリンク

ロードバイク用スタンドの種類

ロードバイク用のスタンドは、主に自宅保管やメンテナンスに使えるディスプレイスタンドや外出時に使えるサイドスタンド、携帯式スタンドがあります。

ディスプレイスタンド

ディスプレイスタンドは、自宅での保管時やメンテナンス時に使用するスタンドで、省スペースで保管できる壁掛けタイプや縦置きタイプ、コンパクトで手軽に使える折りたたみ型などがあります。

インテリアとしてもお洒落な壁掛けタイプは壁に引っかけるようにしてロードバイクを保管できるため、床にスタンドを置く必要がなく、スペースを確保できます。

その他にも前輪を乗せるだけの挟み込み型は簡単に使用することができ、さまざまなタイプの車両に対応する汎用性の高さも特徴です。

サイドスタンド

ロードバイクに直接取り付けて使用するサイドスタンドは、外出時に駐輪をする際に使用することができるスタンドです。一度取り付けてしまえば、どこでも気軽に駐輪することができるようになるため、街乗りをする人や通勤で普段からロードバイクを使用する人におすすめです。

携帯式スタンド

コンパクトに折りたたむことができる携帯式スタンドは、外出時に使用することができるスタンドです。軽量で直接ロードバイクに取り付ける必要がないため、自転車本体の重量を増やさなくてすみます。スタンドも気軽に持ち運びできるため、ロングライド時におすすめです。

保管&メンテナンス|ロードバイク用スタンドおすすめ人気5選

ここからは、おすすめのロードバイク用スタンドをタイプ別にご紹介します。

MINOURA(ミノウラ)|ディスプレイスタンド DS-30BLT

挟み込み型で簡単固定

ロードバイクの後ろハブ軸を左右から挟み込むだけで簡単に自立させることができます。スタンドは折りたたみ式になっていて、使用しないときは折りたたんでコンパクトにすることができるため、邪魔になりません。本体の開く方向を変えることで、ワンタッチで2段階の高さに調節することができるため、BMXや折りたたみ自転車のような小さい自転車でも使用することができます。

WISDHM(ウィスドホーム)|自転車スタンド

安定性に優れた自転車スタンド

駅やお店の駐輪場でよく見るような形状をした自転車スタンドで、前輪をスタンドに乗せるだけで自立させることができます。本体の重量は6kgあり、安定性に優れているため、室内での保管だけでなく、風を受けたり地面が安定しなかったりする屋外での保管にも使用することができます。

MINOURA(ミノウラ)|ディスプレイスタンド DS-532-600L

インテリアにもなるディスプレイスタンド

インテリアとして見栄えが良いフックにロードバイクを引っ掛けるタイプです。本体の重量は約1kgと軽量な作りになっていますが、ロードバイクを引っ掛けてもしっかりと安定します。スタンドを使用しないときはコンパクトに折りたたむことができるため、保管する際に邪魔になりません。

GORIX(ゴリックス)|ディスプレイスタンド GX-518

縦置きと横置きを自由に選択

室内でロードバイクを保管する際に、スペースに余裕が無い場合は縦置きをすることができ、スペースに余裕があり、駐輪を楽にしたい場合は横置きをすることができます。本体の色は4種類あり、インテリアや自転車のデザインに合わせて好きな色を選ぶことができます。

MINOURA(ミノウラ)|ディスプレイスタンド 壁掛け式式

邪魔にならない壁掛けタイプ

壁掛けタイプのディスプレイスタンドは床にスタンドを置かなくてよいため、室内でロードバイクを保管する際にも生活の邪魔になりません。壁掛けタイプのスタンドは見た目が良く、インテリアとしてもお洒落です。とても丈夫な作りで、耐久性に優れているため、重量のある自転車でもしっかり支えることができます。

屋外用|ロードバイク用スタンドおすすめ人気5選

TOPEAK(トピーク)|フラッシュスタンド スリム X

どこでも使える携帯式スタンド

バッグやポケットに入れておけば、サイクリング中にいつでも取り出してスタンドとして使用することができます。本体はとても軽量で、折りたたむと小さくなるため、ロングライドをする人におすすめの商品です。また、スタンドとして使用したときの安定性もしっかりしているため、安心して使用することができます。

U-LIX(ユーリックス)|携帯 スタンド

簡単脱着できる携帯式スタンド

重量は13gと軽量で、小さなタブをロードバイク本体に装着しておくだけで、どこでもスタンドを使用することができます。タブは小さく目立たないため、自転車の外観を損なう心配がありません。スタンドは3つに折りたたむことができ、とてもコンパクトになるため、持ち運ぶ際に荷物になりません。

Hordlend|自転車 キックスタンド

一度取り付ければいつでも使用できるサイドスタンド

一度ロードバイク本体にスタンドを取り付けてしまえば、どこでも気軽に駐車できるようになるため、普段から頻繁にロードバイクに乗る人や街乗りをする人におすすめの商品です。スタンドに付いているボタンを押すだけで、簡単に高さを調節することができ、様々な自転車に取り付けることができます。

GORIX(ゴリックス)|自転車 キックスタンド

滑り止め付きでしっかり安定

ロードバイク本体に装着して使用するサイドスタンドです。スタンドの先が少し太くなっていて地面との接地面積が大きく、滑り止めが付いているため、不安定な地面でもしっかりと安定しています。スタンドは2箇所の長さを調節することができるため、様々な自転車に取り付けて使用することができます。

GORIX(ゴリックス)|センタースタンド GX-KC22AAJ-Z

カラーバリエーションが豊富なサイドスタンド

選べるデザインが7種類とカラーバリエーションが豊富にあり、常にロードバイクに装着しておくサイドスタンドのため、手軽にカスタマイズを楽しむことができます。スタンドの先には溝が付いていて、滑りづらい設計になっているため、しっかりと安定して自転車を支えることができます。

まとめ

今回は、ロードバイク用のスタンドを紹介しましたがいかがでしたか?スタンドがあれば出先で簡単に自転車を停めることができるので駐輪ポイントを探さなくてよくなります。取り外せるタイプなら、ロードバイクの見た目にこだわる方にもおすすめ。

また、自転車の洗車やメンテナンスの際には自転車スタンドは必須になりますので、用途や使用頻度にあわせて自身に合ったスタンドを見つけてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました