グンゼスポーツの料金を徹底解説!入会金・年会費やプランごとの料金の違い

GUNZE-imgグンゼスポーツ

グンゼスポーツは西日本を中心に全国展開をしているスポーツクラブです。マシンジム・スタジオ・ホットヨガ・プール・ジュニアスクールなどのさまざまなプログラムを用意しており、ダイエットはもちろん、リラクゼーションやスクールまで目的に合った楽しみ方を実現することができます。

そんなグンゼスポーツへ通いたいけど、
・毎月の料金はいくらぐらいなの?
・入会金や年会費などは必要?
・プランごとの料金の違いが知りたい
・オプションやレンタル料金も知りたい
と気になることも絶えませんね。

そこで今回は、グンゼスポーツのプラン料金形態や入会金・登録金・年会費など初期費用、レンタル料金からオプション料金まで徹底解説します。

スポンサーリンク

グンゼスポーツの入会金や年会費などの料金

グンゼスポーツは会員登録料として5,500円(税込)がかかりますが、年会費はかかりません。

入会金0円
登録料5,500円(税込)
セキュリティーカード発行手数料0円
事務手数料0円
年会費0円
スポンサーリンク

グンゼスポーツの料金プラン

グンゼスポーツの料金プランは、月額制でライフスタイルに合わせた豊富な会員種別から選択することができます。

プラン料金は入会する店舗によって異なります。一部店舗の月会費を抜粋したので参考にしてください。

店舗名レギュラー会員デイタイム会員ビジネス会員
西宮店10,780円(税込)9,680円(税込)8,580円(税込)
吹田健都店10,670円(税込)8,470円(税込)8,470円(税込)
橿原店7,590円(税込)6,490円(税込)6,490円(税込)
京都八幡店10,670円(税込)8,470円(税込)8,470円(税込)
前橋店11,550円(税込)8,250円(税込)8,470円(税込)

不安な方は1日体験をすることが可能

グンゼスポーツは、ジムが初めてで不安な方向けに、目的別の体験コースを2,040円(税込)で用意しています。引き締めチャレンジ、燃焼チャレンジ、デットクスチャレンジの中から体験して自分に合うかを確認することができます。

グンゼスポーツのオプション料金

グンゼスポーツはオプションとして、契約ロッカー利用1,100円(税込)やレンタル用品(タオル、Tシャツ、短パンなど)2,200円(税込)などが月額制で利用できます。

オプション名料金/月
レンタルA(タオル、Tシャツ、短パン、シューズなど)2,200円(税込)/月
レンタルB(タオル)1,650円(税込)/月
契約ロッカー1,100円(税込)/月

グンゼスポーツの初期費用まとめ

グンゼスポーツの初期費用は、会員登録料5,500円(税込)と月会費2ヶ月分となります。

初月会費は日割計算

初月会費は、月途中入会(16日以降)の場合は会費割引があります。また頻繁に入会キャンペーンが実施されており、月会費2ヶ月分が割引になる場合があります。

入会時に必要なもの

  • 会員登録料5,500円(税込)
  • 月会費2ヶ月分
  • 金融機関の通帳(銀行またはゆうちょ銀行)とお届印
  • 本人確認書類 パスポートなど「氏名」「住所」「生年月日」のご本人確認ができる証明書
  • 印鑑(認め印)

入会資格

グンゼスポーツには以下のような入会資格が設けられています。

高校生を除く満18歳以上の方。尚、未成年者の場合は、保護者の承諾書を必要とします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました