ウォーキングマシンのおすすめ人気8選|選び方や効果的な歩き方も解説!

おすすめの冬用コンプレッションインナーアイテム

ダイエットや健康のためにウォーキングをしたくても、外を歩くのは天候に左右されたり、モチベーション維持が難しかったりもしますよね。

そこでおすすめなのが手軽に自宅でウォーキングができるウォーキングマシン。今回は、そんなウォーキングマシンの効果や効果的な歩き方、おすすめのウォーキングマシンについてご紹介します!

スポンサーリンク

ウォーキングの効果

ウォーキング

ウォーキングは健康管理や体質改善、ダイエットのために行っている方が多いですが、実際にはどのような効果に期待が持てるのでしょうか。

ダイエット効果

ランニングに比べると発汗量が少なくダイエット効果が薄いと思われがちですが、ウォーキングでも効果がないわけではありません。

ウォーキングも有酸素運動の代表格とされているので、一定時間以上行うことでダイエット効果にも期待が持てます。ただし、1回の時間が短いと効果が薄れてしまうので、30分以上を目安にしましょう。

血流改善効果

ウォーキングを行うことで毛細血管が増加し、血流の改善にもつながります。血流が改善されると動脈硬化や老化の予防にもなります。

また、代謝が上がることで冷え性の改善などにも期待が持てます。

効果を上げるためには継続が大切

ウォーキングに良い効果があるといっても一定期間継続をしないとほとんど意味がありません。

そのため、ウォーキングが続けられる環境作りをすることが重要です。ウォーキングマシンを選ぶのであれば価格帯も重要ですが、継続するために必要な機能性もしっかり吟味しましょう。

スポンサーリンク

ウォーキングマシンの効果的な歩き方

ウォーキング

ウォーキングの効果を高めるための歩き方はいくつもポイントはありますが、重要なことは無理せずに続けられるかになるので、まずは無理なく意識できる範囲でポイントをおさえましょう。

フォームと姿勢

ウォーキング時のフォームや姿勢はダイエットや健康増進のためには非常に重要になります。

歩く際に頭が横揺れする方は少ないですが、縦揺れしないように意識しましょう。少し前に目線を向けることで頭の揺れは軽減できます。背筋を伸ばし、猫背にならないように意識しましょう。

腕は90度程度曲げて、大きめに振るように意識しましょう。この際に肩に力が入らないようにするのがポイントです。指は軽く握り拳を握る感覚で握るようにしましょう。

歩幅

歩幅は通常の歩行より少し大股になるような感覚を意識してください。膝下だけで動かすのではなく、腰の付け根あたりから歩く意識を持つと良いでしょう。

足の踏み方

足の着地はかかとから入り、地面を蹴り出すように足を出しましょう。

ウォーキングマシンの種類

ウォーキングマシーンは、主に自走式と電動式の2種類があります。

自走式ウォーキングマシン

自走式は自分の歩く力でベルトを動かすタイプです。電動式に比べて、安価で静音性に優れているため、気軽に始めることが可能です。

また、折りたたみ式が多く、収納スペースが十分にないご家庭でも使うことができます。

電動式ウォーキングマシン

電動ウォーカーなどとも呼ばれる電動式は、歩くペースを指定できるため、一定の強度でウォーキングをしたい方におすすめです。

商品によっては体力測定機能もあり時間・距離・速度・カロリー・心拍数などを計測してくれます。自走式に比べると2倍以上の価格帯になってきます。

ウォーキングマシンの選び方

ウォーキングマシンを選ぶ際に、押さえておきたいポイントをご紹介します。

安易に安さで選ばない

ウォーキングマシンは1万円台のものから10万円弱するものまで、さまざまな価格帯のマシンが販売されています。安価なウォーキングマシンなら購入しやすいので、すぐに買いたくなってしまいますが、その前に目的を整理して求める性能を決めましょう

健康のためにまずは歩ける機能だけで問題ないという方は、自走式の安価なウォーキングマシンで問題ありません。自走式は基本的に静かなタイプが多いので、部屋のスペースを考えてサイズ感と折りたたみ機能などに着目して選びましょう。

もし、ウォーキングだけでなく、少しペースを上げたジョギングなども行いたい方は。電動式から選びましょう。電動式になると価格は少し上がり、3万円〜10万円程度になってきます。一定のペースを維持できるため、毎日のウォーキングに一定の効果を求めることが可能です。また、走行距離や消費カロリーなどを数値で管理できるので、モチベーション維持にも効果的です。

静音性で選ぶ

最近のウォーキングマシンは静音性を追求しているマシンが多いですが、商品のおすすめポイントや口コミなどを確認し、極力静かなウォーキングマシンを選ぶようにしましょう。

傾斜調節機能で選ぶ

ウォーキングマシンの中には傾斜をつけられるマシンがあります。あらかじめ傾斜をつけることで、スピードを上げなくても体に負荷をかけることが可能になります。

早く走りたくないけど筋肉や脂肪に負荷を与えたい、短い時間で効果をあげたいという方は、傾斜をつけられるマシンを選びましょう。

小型タイプも続々登場

ウォーキングマシンというとスポーツジムなどに置いてあるランニングマシンを想像される方も多いと思いますが、自宅用のマシンは非常にコンパクトなタイプが増えています。

電動式でも折りたたみ可能で、壁際に邪魔にならずに収納できるタイプも増えています。機能性が高い=大きいではないので、小型タイプの中でも高機能なマシンがあることも覚えておきましょう。

短期間での利用ならレンタルも

ウォーキングマシンは数千円でレンタルすることも可能です。例えば、リハビリのために必要、夏の暑い期間だけ室内で利用したいなどの短期間利用を目的にする場合は、レンタルも検討してみると良いでしょう。

レンタルであれば、まとめて高額な支払いが必要なくなりますし、不要になった際の処分などの費用もかかりません。ただし、3ヶ月〜半年以上利用する場合には購入した方が安くなる場合もあるので、利用期間を事前にしっかり確認して決めましょう。

ウォーキングマシンのおすすめ人気8選

ここからは、自宅でも手軽に使えるおすすめのウォーキングマシンをご紹介します!

BARWING(バーウィング)| 電動ルームランナー MAX12km/h



各総合通販サイトで絶大な人気を誇るバーウィングの電動ルームランナーです。走行速度を1〜12km/hまで設定可能で、走行時間・走行距離・消化カロリーを自動で計測してくれます。

また、今日走りたい分を時間・距離・消費カロリーから設定できるため、目的に応じて今日のウォーキングランニング内容を決められます。走行板が非常に薄い設計になっており、乗り降りが楽で、収納にもスペースを取られないのも人気の理由です。

YouTen(ユーテン)|自走式ウォーキングマシン



自宅で気軽にエクササイズがしたい方へのおすすめのウォーキングマシンです。コンセントにさす必要がなく軽くてコンパクトなので簡単に置き場所を変えることができます。

また、自走式なので静かに作動しエクササイズ中も騒音がでないので、エクササイズの時間を問わず家庭用にピッタリの商品です。

ALINCO(アルインコ)|プログラム電動ウォーカー



ALINCOのウォーキングマシンは、コンパクトに一畳に収まるサイズで置き場所を選びません。速度が自動で変化する電動プログラムが内蔵で単調な運動に刺激を与えてくれます。

届いたその日からすぐに使えるウォーキングマシンで運動不足を解消しましょう。洗濯の合間などの合間に手軽に運動できる気軽さもよいですね。

RIORES(リオレス)|ルームランナー



RIORESのルームランナーは大きな操作パネルが特徴的です。大きくかつシンプルなパネルデザインは使いやすく、スマートフォンスタンドも付いているので音楽を聴きながら、動画を見ながらウォーキングが楽しめます。

付属の専用マットはクッション性に優れており、家の床を傷つける心配はありません。

Namala(ナマラ)|自走式ウォーカー



ナマラの自走式ウォーキングマシンは余計な機能をそぎ落としたシンプルな商品です。電源不要で使用可能、モーターの音も静かで時間帯や場所を問わずに使用することができます。

付属のメーターはシンプルなメーターにもかかわらず時間、距離、速度など必要なことはしっかりと確認できます。使用後は折りたたんで収納可能です。

ティゴラ|電動コンパクトウォーカー



ティゴラの電動ウォーカーは、歩行時に踏み外し防止となるサイドレールラインがあるので安心して使用できます。傾斜角度を3.5度にすることでエクササイズの効率が高まっています。

最高速度は5kmまでとウォーキング用としては十分な速度。お家でしっかり汗を流すことができます。

Comolife(コモライフ)|自走式ルームウォーカー Tan-330



電源いらずの経済的な家庭用ルームウォーカーです。運動不足の解消や、体力に自信のない方にも安心して使用することが可能です。

折りたたみも可能で使用後は折りたたんで立てておくことでコンパクトに収納可能です。これからエクササイズを始めたい方にもピッタリの商品です。

WalkingPad ウォーキングパッド



革新的なデザインが特徴的なウォーキングパッド。今までのウォーキングマシンとは一味違うデザインは家のインテリアにも馴染むほどスタイリッシュです。

地上からわずか57ミリの位置でのエクササイズが可能なため、万が一踏み外したときのリスクを最低限に。専用のアプリと連動させるだけで日々のエクササイズを記録することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました