ピラティスボールのおすすめ人気10選|効果や使い方も解説!

おすすめのピラティスボールアイテム

ピラティスボールとは、20〜25㎝程度の小さなボールで、ピラティスを行う際に負荷をかける為に使用したり、バランスを強化したり、ポーズの補助としても使えます。その他腰痛を和らげるためのクッション代わりにもできるなど多用途に使用することができます。

今回は、そんなピラティスボールのおすすめ商品をご紹介します。ピラティスボールを使うメリットや使い方、選び方も紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい!

スポンサーリンク

ピラティスボールとは?

ピラティスボール出典:Amazon

ピラティスボールについて、特徴や使い方、メリットを紹介します。

ピラティスボールの特徴

ピラティスボールといわれると、何か特殊なボールなのかと思うかもしれませんが、ゴムボールに空気が入ったバランスボールの小さい版を想像すると、わかりやすいのではないでしょうか?サイズが大きいバランスボールに対し、ピラティスボールは片手で持てるほどの小さいサイズが特徴で、直径20〜25㎝ほどの大きさ。ヨガボールなどとも呼ばれます。

ピラティスボールの使い方

ピラティスボールを使い方は以下になります。

  • ボールの上に乗る
  • 両足・両手で挟む
  • ボールの上に背中を乗せてタイヤの原理で転がす
  • ポーズを楽に行うための補助として使う
  • クッションやまくらがわりとして使う

このように、ピラティスボールは、ピラティスだけではなく、さまざまな用途に使用することができます。

ピラティスボールを使う効果やメリット

ピラティスボールを使用する時にはピラティスボールの上に座ってバランスをとったり、片足を乗せて負荷をかけたりします。バランスをとるために必然的に姿勢が良くなり、その結果、体幹を鍛えることができるというメリットがあります。

また、ピラティスボールを両手で持つことにより、手元が固定されるので、左右や上下に動かした際にも両肩を並行に保つことができ、均等に筋力の負荷をかけることが可能です。長時間椅子に座っていると尾骨が痛くなったり姿勢が悪くなりますが、ピラティスボールをクッション代わりにして座ることで姿勢も良くなり、尾骨や腰にかかる負担も軽減されるというメリットもあります。

スポンサーリンク

ピラティスボールの選び方

ピラティスボールを選ぶ際に、おさえておきたいポイントをご紹介します。

大きさで選ぶ

ピラティスボールのサイズに明確な基準はありませんが、20〜25㎝ほどのサイズが一般的です。小さすぎるとバランスを取るのが難しかったり、使用したい箇所にアプローチできないこともありますし、反対に大きすぎると思うように負荷がかからなかったりします。

ピラティスボールは空気が入っていない状態で届き、ご自身で空気を入れてから使うタイプがほとんどです。空気を入れる量によってサイズを変更できるピラティスボールも販売されているので、ご自身に合うサイズが分からない方は、サイズ変更可能なボールで試してみるのもよいでしょう。

耐久性・耐重量で選ぶ

ピラティスボールは上に座ったり、体重をかけて使用することが多いので、耐久性や耐重量がしっかりしているかどうかは、選ぶときの重要な点になります。

体重や、強い負荷をかけても十分な安全性があるか確認することで、安心してピラティスを行うことができます。もしも金具などが引っかかってしまっても、ゆっくりと空気が抜けていくような仕様になっているアンチバースト設計もありますので、購入前に確認しておきたいポイントです。

素材で選ぶ

ピラティスボールはPVC素材を採用しているブランドが多くあります。PVCは丈夫で、スポーツ用品には多く使われています。グリップ力もあり、汚れても丸洗いができるなど、衛生面でも優れた素材です。

一方で、ゴムの匂いが苦手、触り心地が好きではない。という方もいるかもしれません。そのような方には、ゴムの匂いをおさえた環境に優しいボールがおすすめです。

ピラティスボールのおすすめ人気10選

ここからは、おすすめのピラティスボールをご紹介します。

RGGD&RGGL|ピラティスボール 25cm

バランスボール専門企業が作る本気のピラティスボール

累計8000万個以上のバランスボールを出荷しているRGGD&RGGLが作るピラティスボールは、出荷前に26回ものテストを行い、クリアした製品のみが販売されています。購入から1ヵ月は返金・1年間は保証が受けられる、品質に自信のピラティスボールです。

GronG(グロング)|ピラティスボール アンチバースト

アンチバースト仕様の安心ピラティスボール

ピラティスボールを使うのははじめて。どんなものか1個だけ試してみたい。という人におすすめな、GronGのピラティスボール。お手頃価格でありながら、空気用ストローなど、すべてセットでお届けなのですぐに使うことができます。万が一破損してしまった場合でも破裂するのではなく、ゆっくり空気が抜けるように計算された安全設計なのも特徴です。

Across(アクロース)|ピラティス ヨガ エクササイズボール 20-25cm

空気量でサイズ調整可能のピラティスボール

インテリアの邪魔にならないクリームホワイトが人気のAcrossのピラティスボール。 ご自身で空気量を調節でき、空気の量を変えることで20〜25㎝の間でボールのサイズを調整することが可能。6個入りなので、同時に2個使いたい方にもおすすめです。

ALINCO(アルインコ)|ヨガボール 15cm 空気入れ付き

空気入れ付きで便利なピラティスボール

ストローで空気を吹き込み膨らませるタイプの製品が多いなか、ALINCOのヨガボールは空気入れが付属になっているので、便利で助かると評判です。ライムグリーンにロゴが入ったさわやかなデザインも人気の秘密。インテリアに馴染むピラティスボールです。

URBNFit|ミニピラティスボール

理学療法士も推奨するピラティスボール

高品質のPVC素材を採用した、URBNFitのピラティスボール。272kgまでの耐重性があるのが特徴。思わぬ瞬間にボールが破裂することを防ぐ、アンチバーストコーティングも施されているので、安心してピラティスを行うことができます。

YUIOG|ピラティスボール 20cm

1年間のメンテナンス保証付き

滑り止め加工が施されており、使い勝手の良いYUIOGのピラティスボール。空気入れストロー付きで空気を簡単にボールに入れることができます。4色展開なので、お部屋のインテリアに合わせてピラティスボールを選んでも良いですね。

Sweet Plus|ピラティス ヨガボール

ヨガ・ピラティス用プロップスがすべてそろうセット

Sweet plusのピラティスセットは、20㎝のピラティスボール2個に加え、2種のトレーニングチューブ、足裏ボール、空気入れと大充実の6点が入ったセットです。さまざまなプロップスを使ってみたい、どのプロップスが効果的なのかわからない。という方にもおすすめのセットです。

La-VIE(ラヴィ)|みんなのボール 20cm

環境に優しい素材を使用したピラティスボール

商品名の通り家族みんなで使えるLa-VIEのみんなのボールは、明るいピンクカラーが特徴です。低年齢のボール遊びからご高齢の方のリハビリまで安心して使用できる、ノンフタル酸仕様PVC素材を採用しており、環境にも優しいピラティスボールです。

peaces |ミニ ヨガボール 3個セット 20cm

使えるサイズが3個セットになったピラティスボール

約20mのもっとも使いやすいサイズのpeacesのピラティスボールは、足に挟んだり、テレビを見るときに座って体幹を鍛えたりなど、さまざまな用途で使用することができます。ベーシックなピラティスボール3個がセットなので、各部屋に置いておけば目に付いたときにサッとエクササイズすることができます。

GYMNIC(ギムニク)|小さいバランスボール ソフト 23cm

特製小冊子付きが嬉しいピラティスボール

表面に凹凸があるタイプのGYMNICのピラティスボール。表面に凹凸があることで、グリップ力が高まり、効果的に負荷をかけることができます。どのようにボールを使用すればよいのか小冊子がついてくるのも嬉しいポイント。はじめてピラティスボールを使用する方にもおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました