自転車用ハンドルカバーのおすすめ人気10選|日除け・防寒対策に!

自転車用ハンドルカバーおすすめアイテム

雨の日は手が濡れてしまったり冷えてしまうことを防ぎ、暑い日は日差しで手が日焼けてしまうことを防いでくれる自転車用のハンドルカバー。様々な機能があり、何を基準に選べばいいか迷ってしまいますよね?

そこで今回は、自転車用ハンドルカバーの選び方やおすすめの商品を紹介します。

スポンサーリンク

自転車用ハンドルカバーのメリットとは?

自転車用ハンドルカバーは、様々な場面で役立ってくれます。夏は紫外線から手を守り、日焼けするのを防いでくれます。冬は冷たい風から手を守ってくれるため、防寒対策になります。雨の日は雨で手が濡れてしまうのを防いでくれます。

このように、季節や天候に合わせて使用できるのがハンドルカバーのメリットです。

スポンサーリンク

自転車用ハンドルカバーの選び方

自転車用のハンドルカバーを選ぶ際に、おさえておきたいポイントをご紹介します。

ハンドル形状をチェック

自転車によっては、ハンドルカバーを取り付けることができないハンドル形状のものがあります。

ロードバイクのように特殊な形をしているハンドルや、クロスバイクのようにフラット型ハンドルにはハンドルカバーを取り付けることができない場合があるため、自分の自転車のハンドルに対応した形状かどうかを確認するようにしましょう。

素材やデザインを選択

素材やデザインによって機能が変わってくるため、購入前に確認が必要です。

雨の日に使用する場合は、撥水性のある素材を選ぶ必要があります。日差しの強い日に使用する場合は、紫外線をカットできるUVカット加工された素材のものを選びましょう。

また、変速機が付いている自転車に着用する場合は、メーター部分が透明になっているものを選ぶようにしましょう。

季節に合わせて選択

夏に使用する場合は、通気性に優れていて内側が蒸れないものを選ぶようにしましょう。とくに、吸汗速乾性が備わっているものは暑い日でも快適な使い心地です。

冬に使用する場合は、保温性に優れていて暖かいものを選ぶようにしましょう。寒い日でも手がかじかむことなく、ハンドル操作がしやすくなります。

また、オールシーズン使用できるハンドルカバーもあるため、季節ごとに取り替えるのが面倒だという人はチェックしてみましょう。

自転車用ハンドルカバーのおすすめ人気10選

ここからは、おすすめの自転車用ハンドルカバーをご紹介します。

アストロ|ハンドルカバー 500-08

日焼けを防ぐ紫外線カット素材を使用

紫外線カット率90%以上の素材を使用している日焼け防止に最適な自転車用ハンドルカバーなので、日差しが強い日でも、手の日焼けを気にすることなくサイクリングをすることができます。メッシュ素材で通気性も抜群なため、内側が熱でこもることがなく、長時間使用しても快適です。

川住製作所|ハンドルカバー KW-784BR

着脱可能なインナー付きでオールシーズン使用可能なハンドルカバー

ボタン式で簡単に保温性に優れたインナーを着脱することができるため、夏はインナーを外して使用し、冬はインナーを装着して使用することで、オールシーズン使用することができます。また、外側は撥水性に優れた素材を使用しているため、雨の日でも問題なく使用することができます。

Panasonic(パナソニック)|ハンドルカバー SAR142

変速機が見える透明窓

ハンドルカバーを着用していても、ハンドルカバーの上から変速機を見ることができるように透明窓を採用しているため、変速機が付いている自転車でも使用することができます。内側は保温性に優れた暖かい素材を使用しているため、寒い日でも快適にサイクリングをすることができます。

AETONYX(アエトニクス)|ハンドルカバー AX-235

カラーバリエーションが豊富でオールシーズン使用可能

カラーバリエーションが豊富にあり、6種類のデザインから好きなものを選ぶことができるため、使用している自転車に合わせてデザインを選ぶことができます。内側は保温性に優れた素材を使用していて、ボタン式で簡単に着脱することができるため、オールシーズン使用することができます。

BRIDGESTONE(ブリヂストン)|冬用ハンドルカバー HCW17 A540105

保温性に優れた起毛素材を使用

ハンドルカバーの内側は、保温性に優れた起毛素材を使用しているため、寒い日でも暖かさが持続します。冬のサイクリングでは、手が寒さでかじかんでしまい、ハンドルの操作性が低下してしまいますが、その心配がありません。変速機が見える透明窓が付いているため、変速機付きの自転車でも使用することができます。

ROCKBROS(ロックブロス)|自転車 ハンドルカバー

フラット型対応のハンドルカバー

クロスバイクやマウンテンバイクなどのフラット型ハンドルにも装着することができます。内側は、厚手で保温性に優れた素材を使用しているため、寒い日でも安心して使用することができます。外側は、撥水性と防風性に優れた素材を使用しているため、天候が優れない日でも快適にサイクリングをすることができます。

MARUTO(マルト)|サマーハンドルカバー SHT1850

通気性に優れたメッシュ素材

通気性に優れたメッシュ素材を使用していて、手から発した熱を外へ逃がしてくれるため、暑い日でも快適にサイクリングをすることができます。ハンドルカバーの外側は、紫外線をカットすることができる素材を使用していて、日焼けを防止してくれるため、女性でも安心して使用することができます。

BNVB|自転車ハンドルカバー

操作性抜群なハンドルカバー

クロスバイクやマウンテンバイクなどのフラット型ハンドルにも対応していて、様々な自転車に装着することができます。ハンドルカバーの内側は、広くて、ゆとりのある形状をしているため、ハンドルカバーを装着していてもブレーキや変速などがしやすく、操作性が抜群な商品です。

ROCKBROS(ロックブロス)|自転車ハンドルカバー

寒い日でも安心な二重保温設計

保温性に優れたサーマルフリースの裏地と厚手のシルクのコットンが二重になって使用しているため、寒い日のサイクリングでも暖かさを保ってくれます。防風性・撥水性も備わっているため、サイクリング中の急な天候の変化にも対応することができ、不快感を与えません。

Aking|ハンドルカバー

ロードバイク対応のハンドルカバー

マウンテンバイク用とロードバイク用を選ぶことができ、フラット型のハンドルとロードバイクのハンドルのどちらにも装着することができます。防寒性・防風性・防水性のすべてが優れていて、寒い日や天候が優れない日でも快適にサイクリングをすることができます。

まとめ

今回は、自転車用ハンドルカバーのおすすめ商品をご紹介しました。日差しや雨・風から手を守ってくれるハンドルカバーは、日常的に自転車に乗る方におすすめのアイテムです。

ハンドルカバーを選ぶ時は、デザインや使用季節にあわせた素材、ハンドルの形状にあわせた固定の仕方などをしっかり確認することがポイントです。

この記事を参考に、ぜひお気に入りの商品を見つけてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました